キャビンがタイヤの間にあるのでは?問題!「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日もhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、クラース・トラクター ARION 550「撮りトラ」続きです。

 

それから「面白いな」と思ったのは、タイヤとタイヤの中心にキャビンがあるように見えること。後ろのタイヤがやけに飛び出しているように見えます。トラクターってこんなものでしたっけ?シルバーのヒートガードのマフラーも素敵!

まずはこのクラース・トラクター ARION 550のタイヤとタイヤの中心にキャビンがあるような気がする検証の続きから・・・

 

Mercedes-Benz メルセデス・ベンツ MB Trac 1500

色といい、キャビンがタイヤとタイヤの中心にあるところといい、イメージはベンツのMB trac 1500です。タイヤは四輪同形で前進も後進もスピードレンジは0.20km〜40kmだそうです。緑の機体が牧場に似合いそう。

 

8300Tの「T」はクローラタイプを表しています。 tractordata.comによれば、エンジンはジョンディア6気筒、8.1Lターボインタークーラー・ディーゼル222馬力/2200rpm 重量は10トンを優に越えるバケモノです。ただ、運転席に乗せてもらい、動かしてもらったのですが、運転はほとんど指先でやっているように見え、ちっともマッチョな感じはしないのでした。(助手席から手を伸ばしてちょいちょいと・・・)建機と違って油圧で車輪を動かしているというわけではなく、ごく普通のDCTを使った言ってみればオートクラッチマニュアルみたいなもので、変速をするタイミングで少しギッコンバッタンする乗り心地でした。

ジョンディア8300Tの場合はキャビンが後ろというより前がすごく長い感じ・・・
tractordata.comによれば、エンジンはジョンディア6気筒、8.1Lターボインタークーラー・ディーゼル222馬力/2200rpm 重量は10トンを優に越えるバケモノです。

 

この機体、シュノーケル付なんですね。最新のヴァルトラで驚いていたのですが、この頃からこういう方式を採用していた機体もあったのですか・・・

1999年〜2003年ニューホランドTS100。これはこれで異形です。タイヤの中心はキャビンの奥深く喰い込んでいて、運転席の背中くらいにあるのではないでしょうか?

 

乗ろうと思えば乗れそうな気もしますが、かなりキツそうです。

VALTRA T234D。こちらもキャビンは後ろ寄り。それとも大型トラックのようにベットが付いているとか、荷物スペースがあってキャビンが後ろに長いとか・・・

 

そういえばこの機体もマフラーは右側で、給油口は左側。もちろん、右側にもドアやステップは付いています。

CASE IH、PUMA200です。これ、ARION 550にかなり近い感じがします。運転席のすぐ後ろがもうリヤウインドウという感じで、キャビンが狭いのかも。

 

ここのところの展示会の目玉という位置づけでずいぶん見てるので見慣れましたが、いつ見てもシルエットがいいですよねえ・・・

クボタM7001シリーズです。これもキャビンは狭めですが「タイヤとタイヤの間にある」という程ではありません。

 

やたっ!偶然無人状態で撮れました。

ランボルギーニSPARK165VRTです。キャビンはかなり後ろ寄り。

 

この型だって、展示会で新品が売っていたのを見たことがあるような気がしていました。でも、よくよく調べてみるとSMZとかMZにしても三桁のものでした。

クボタトラクターSynerZ MZ50です。後ろの窓1枚分を取ったとしてもタイヤの真ん中に入らない・・・

 

ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm

こちらはニューホランドT6.160です。キャビンは広めで、かなり後ろ寄り。

 

クボタトラクター・ワールド M1060W Neo Dreamです。名前が新たにNeo Dreamが追加されていますが、外観にはとりたてて違いを見つけることはできません。 カタログによれば、V3800-TIEF4 水冷4気筒ディーゼル  3789cc 106馬力/2600rpm となっています。

クボタトラクター・ワールド M1060W Neo Dreamです。名前が新たにNeo Dreamが追加されていますが、外観にはとりたてて違いを見つけることはできません。
カタログによれば、V3800-TIEF4 水冷4気筒ディーゼル 3789cc 106馬力/2600rpm となっています。これもシルエットは変わらず。

 

で、少し違うところです。このステップ部分、よく見ておいてください。

三菱GR110Fです。同じシルエット。

 

 

オレンジと一緒に並ぶと色の違いを表しにくい・・・赤いレクシアは少し大人っぽく見えます。

三菱GVK65。これだと後ろ寄りというより、もう後がありません。

 

CASE IH 4230は、tractordata.comによると、イギリスドンカスター工場で1994年〜1997年にかけて製造され、4200ユーティリティ・シリーズ、CASE D2694気筒4.4Lディーゼルエンジン 84馬力/2400rpm、1997年当時の価格は30,000ドル、 となっています。

CASE IH 4230です。tractordata.comによると、イギリスドンカスター工場で1994年〜1997年にかけて製造され、4200ユーティリティ・シリーズ、CASE D2694気筒4.4Lディーゼルエンジン 84馬力/2400rpm、1997年当時の価格は30,000ドル、 となっています。馬力が小さくなるにつれ、キャビンは後退して行くような気がします。

 

マフラーも燃料タンクも直線を基調として、ボディとは切り離されてデザインされているように感じます。

イセキの一番大きいヤツ(AGCO製を除く)TJW1233でもキャビンはオーソドックスな位置。

 

エンジンもパーキンスエンジンでしょうから、旧車を新車で買える感覚?(何だかややこしい表現)

トルコの会社HATTATのMFトラクター。やっぱりキャビンは後輪の軸にかぶるような位置です。

 

長々と比較してしまいました・・・馬力の小さなトラクターだと、エンジンを避けてキャビンをかぶせると後輪一杯くらいにかぶってしまうようです。馬力の大きなトラクターでも比較的キャビンは後ろ寄り・・・ARION550のように、後輪の軸よりキャビンが前にあるように見えるトラクターはあまりない感じがします。

長々と比較してしまいました・・・馬力の小さなトラクターだと、エンジンを避けてキャビンをかぶせると後輪一杯くらいにかぶってしまうようです。馬力の大きなトラクターでも比較的キャビンは後ろ寄り・・・ARION550のように、後輪の軸よりキャビンが前にあるように見えるトラクターはあまりない感じがします。

 

座席の後ろ側、荷室的なものがなく、すぐリヤガラスです。そのせいでキャビンが中央寄りに見えるみたいです。

座席の後ろ側、荷室的なものがなく、すぐリヤガラスです。その上ノーズが短く、前輪も大きめなためキャビンが中央寄りに見えるみたいです。逆に座席後ろにスペースがあるトラクターはそこに何があるのでしょうか。補助席とかあるのかな? リヤフェンダーも後ろにすごく飛び出して見えます。

 

フェンダーの後端は黒に切り替えてあまり長く見えないように工夫しています。後ろもなかなかカッコいいです。

フェンダーの後端は黒に切り替えてあまり長く見えないように工夫しています。後ろもなかなかカッコいいです。

 

大型みたいに後ろにベッド部分がなく、トラックの3トン車みたいにすぐリヤガラスのキャビンということもあるのかもしれませんが、それを差し引いても他に比べてキャビンが「前寄り」なのではないでしょうか? これだけ比べてもかなりユニークな機体だと思います。

 

Wiking ヴィーキング 7324 Claas Arion 640 トラクター 1/32 [並行輸入品]

関係ないですけど、アマゾンでこんなの売っているのを見つけちゃいました。 Claas Arion 640 トラクター 1/32 [並行輸入品] なんとお値段¥ 44,800

 

Rcee GMBH Rcee GMBH10064 Radio Control Claas Arion 430 Tractor

これはラジコンって書いてあります。すごくユニーク!Claas Arion 430 ¥ 9,985

 

このARION550、まだ続きますが今日はこんなところです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2019/01/08/claas_arion_550-2/trackback/