おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、クラース・トラクター ARION 650「撮りトラ」です。

 

CLAAS ARION 650はデータシートによると、DPS 6気筒 ターボ・インタークーラー・ディーゼル6788cc 定格129馬力 最大135馬力とあります。このDPS、以前Arion 540/620/640を見た時に、DEUTZ Power Systemsの略なのか、John Deere Power Systems' (JDPS)なのか、わからなくて、一旦DEUTZエンジンなのではないか・・・という結論になったのです。ただ、今日調べてみたらDEUTZのエンジンには6気筒6.8Lのラインナップはなく、6気筒6.1Lになってしまうのです。エンジンを見れば一目瞭然なのでしょうが、今日のところは一番スペックに近いJDPSの PowerTech PVX ということにしておきましょう。
CLAAS ARION 650はデータシートによると、DPS 6気筒 ターボ・インタークーラー・ディーゼル6788cc 定格175馬力 最大184馬力とあります。このDPS、以前Arion 540/620/640を見た時に、DEUTZ Power Systemsの略なのか、John Deere Power Systems’ (JDPS)なのか、わからなくて、一旦DEUTZエンジンなのではないか・・・という結論になったのです。ただ、今日調べてみたらDEUTZのエンジンには6気筒6.8Lのラインナップはなく、6気筒6.1Lになってしまうのです。エンジンを見れば一目瞭然なのでしょうが、今日のところは一番スペックに近いJDPSの PowerTech PVX ということにしておきましょう。

取付けられている作業機は、McHale pro GLIDE ディスクモアコンディショナー F3100フロントモア、R3100リアモアだそうです。

 

これがそのジョンディア6.8L PowerTech™ PVX 185馬力から250馬力までをカバー(馬力帯が合わないなあ・・・)
これがそのジョンディア6.8L PowerTech™ PVX
185馬力から250馬力までをカバー

 

Claas Arion 640 2007 - 2011 これもロークロップトラクターなんだ・・・
以前見たClaas Arion 640です。尿素タンクが見当たらないので、最新のエミッションに対応するのにきっと650が作られたのだと思います。

 

Claas Arion 640 タイヤはこの子だけミシュランマルチビブ
Claas Arion 640のエミッションはTier3で650のそれはTier4でした。

 

ユニークな顔。ヘッドランプはHELLAです。
ユニークな顔。ヘッドランプはHELLAです。

 

フロントリンケージはCLAASの銘があるので、CLAAS製なのでしょう。隅々まで滑らかなRで繋がれていて、この機体にピッタリのデザインです。
フロントリンケージはCLAASの銘があるので、CLAAS製なのでしょう。隅々まで滑らかなRで繋がれていて、この機体にピッタリのデザインです。

 

ピボットフェンダーはJDやNH、クボタM7シリーズ・・・etcに採用されているLODIちゃん!
ピボットフェンダーはJDやNH、クボタM7シリーズ・・・etcに採用されているLODIちゃん!寡占状態じゃないですか!!

 

LODIと書いてあるのが見えますか?
LODIと書いてあるのが見えますか?

LODIフェンダーの動き動画

 

 

ついでに・・・クボタM7001シリーズ。車高調整が動くようすとフロントフェンダーが動くようす

 

 

LODIフェンダー、本当に色々なところで見かけます。他のメーカーのものを見たことは数例(当社比)しかありません。

 

そうそう、モアに付いていた説明書です。中に説明書が入っていることがイラストだけで示されていてすごく好きです。中から取り出して・・・→フムフムと読んで・・・→またしまっておく・・・そんな流れでしょうか。今気がついたのですが、「フムフム」という文字、「これで一々理解して読んでいる」という絵が大体の日本人に浮かぶ・・・というの、面白いですよねぇ・・・外国人には全く理解できないのではないでしょうか?
そうそう、モアに付いていた説明書です。中に説明書が入っていることがイラストだけで示されていてすごく好きです。中から取り出して・・・→フムフムと読んで・・・→またしまっておく・・・そんな流れでしょうか。

今気がついたのですが、「フムフム」という文字、これで「一々理解して読んでいる」という絵が大体の日本人に浮かぶ・・・というの、面白いですよねぇ・・・外国人には全く理解できないのではないでしょうか?

 

キャップにも絵が書いてあります。指でなぞって「フムフム」してますね!
キャップにも絵が書いてあります。指でなぞって「フムフム」してますね!

 

タイヤはミシュラン。以前見たときはコンチネンタルがほとんどでした。
タイヤはミシュラン。以前見たときはコンチネンタルがほとんどでした。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」” への2件の返信

  1. クラースのトラクターは現在アリオン400シリーズと200馬力オーバーのアクシオン800シリーズにはニューホと同じフィアット製のエンジンがアリオン500-600シリーズにはJDのエンジンが載ってます。一昔前だとDUNLOPのフェンダーも良く見かけましたね!

    1. 象印さん こんにちは
      トラクターブランドはもはやエンジンはヨソで買う・・・という流れになっているんですね
      なんだか航空機みたいですね
      「心臓部とも言えるエンジンを作らないのか!」などと思ってしまいますが
      もはやそんな時代ではないのでしょう

      一昔前だとDUNLOPのフェンダーも良く見かけましたね!

      DUNLOPがフェンダーを作っていたんですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。