1 2 3 4 5 6 1,581

スライドモアの草刈りも4年目

週末の保全会活動に向け、スライドモアでの草刈りをするというので見てきました。保全会でスライドモアを使うようになって4年目。だんだん使用法が確立してきたというか、納まるところに納まってきた感じです。

週末の保全会活動に向け、スライドモアでの草刈りをするというので見てきました。保全会でスライドモアを使うようになって4年目。だんだん使用法が確立してきたというか、納まるところに納まってきた感じです。

 

最近は活動日に合わせて全体を機械で刈り、「機械で刈り残した部分を人数をかけて手で刈る」ような形になってきました。

手刈りだけだと一日で全体を回ることができず、大体3活動回で全体を回るような形になり、一通り回った頃には初めに刈ったところの草が伸びる・・・というような残念な結果になっていました。しかし、このやり方だと全体が一度に綺麗になります。

 

ニプロ スライドモア TDC1200

スライドモアがやってきたのは2015年の3月でした。色々リサーチしたり、書類を残したり、交渉したりで何とか導入できました。

 

これは翌々日火曜日。報告書は最近若干簡素化されて、写真をたくさん提出することはないのですが、突っ込まれたときを考えるとやはり写真はあったほうがいい・・・ただ、同じ用な天気の日の場合は代り映えがせず、ちょっと残念。

当初はGL300で何とかこなしていたのでしたっけ・・・

 

クボタGL300+Niplo Slide Mower TDC1200

↑以前の映像ですがスライドモア草刈り

 

機種もGL300がSL54に変わり、オペレーターもMさんからHさんに変わりました。

あれから4年・・・機種もGL300がSL54に変わり、オペレーターもMさんからHさんに変わりました。

 

ニプロスライドモアTDC1200 Kubota SL54 / Niplo Segadora TDC1200

↑SL54になると安定感があります

 

当初、年5回稼働すれば借りるより購入したほうが安いと見積をしたのですが、現在は年12〜3回ほどと2倍以上の稼働です。まわりは一度に綺麗になり、もちろん皆で活動する時の危険度や大変さがグッと減りました。これは高齢者の多い保全会にとっては朗報です。

 

活動日の前にある程度キレイになってしまうので、「当日の参加者が減るのではないか」と思われた部分についても、かえって機械導入時よりも参加者は多いくらいで、いい循環で回っているように思います。

 

これから考えると、どうしたって人が少なく高齢者の多いこの活動には、広報や他地域との連携などに加え、機械の導入が必須のように思えてきます。

 

今日はこんなところで・・・また明日!

 

 

トリコロールのMassey Ferguson 7726 Dyna-VT「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日もhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広エム・エス・ケー農機株式会社のブースで見た、フランス国旗色に塗り分けられたマッセイファーガソン7726 Dyna-VT 「撮りトラ」です。

 

フランス国籍だのトリコロールだの言ってしまいましたが、青?紺?の部分はどちらかといえば紫に見えます。(これももしかしたら天井が白い所為かもしれませんけど)

フランス国籍だのトリコロールだの言ってしまいましたが、青?紺?の部分はどちらかといえば紫に見えます。(これももしかしたら天井が白い所為かもしれませんけど)

 

Wikipediaによるとフランス国旗の使用色は 青(パントーン282/CMYK=100-94-18-0) 白 赤(パントーン186/CMYK=0-88-77-0) となっているので、どちらかといえば青というよりは紺ですかね・・・

Wikipediaによるとフランス国旗の使用色は

青(パントーン282/CMYK=100-94-18-0)

赤(パントーン186/CMYK=0-88-77-0)

となっているので、どちらかといえば青というよりは紺ですかね・・・マッセイ・ファーガソンの本部はアメリカ合衆国 ジョージア州 ダルースだそうですし、マッセイ・ファーガソンの親会社、AGCOの本部もアメリカ合衆国 ジョージア州 ダルースで同じです。それなのにトリコロールということはあれですね!MF25を作っていたフランスの工場だ!

 

機種名:マッセイファガソントラクタ 型式・仕様:MF-25 27馬力 製造社・国:マッセイファガソン社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年 使用経過:国産トラクタが普及し始めた、その中でも大型であった。 個人所有は町内でも何台もなく、近所から頼まれ賃作業で忙しかった頃のもの。 40年後の今も現役で使用しているものも多い。 中古で取得、経歴不明。

北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、マッセイファーガソントラクター、MF-25 タイプ 27馬力・・・これを調べた時にフランスはパリの北、ボーベという町で作っていたということがわかったのでした。

 

 

リンク切れしてしまった時のために、キャプチャ画像も貼っておきます。それにしても、トラクターの前輪に直接歩み板を乗せて、その上に乗り上げちゃってます。すごい積みかた!

調べた時は上の道をズンズン行くとMFをタコ積み下トレーラーに出会えたんですけど、さっき行ってみたらストリートビューが更新されていて、この車は走っていませんでした。

 

FENDTもチャレンジャーもVALTRAも作っているのかっ!!

ここではFENDTもチャレンジャーもVALTRAも作っているのかっ!! 僕の見たトリコロールのMF7226はきっとここで作られたに違いありません。

 

博物館的私設もあるのでしょうか・・・グーグルマップにはこんな画像もありました。スーペリオールDNAとあります。DNAっていう感覚、向こうの人にもあるんですね。

博物館的私設もあるのでしょうか・・・グーグルマップにはこんな画像もありました。スーペリオールDNAとあります。DNAっていう感覚、向こうの人にもあるんですね。

 

MF7726EXDV マッセイ・ファーガソントラクター Massey Ferguson Tractor 型式名/Engine・・・AGCO POWER 74AWF-T4F 総排気量/capacity・・・7.4ℓ『7,400cc』 EPM作動時最大出力/Max.power with EPM・・・206kW/280PS(1,980rpm) 最大出力/Max.power・・・188kW/255PS(1,980rpm) 定格出力/Rated power・・・177kW/240PS(1,980rpm) 走行速度/Drive・・・前進/Forward0.03〜50.0km/h、更新/Reverse0.03〜40.0km/h 外部油圧/Hydrauric・・・CCLS油圧システム110ℓ/分/Load sensing 110ℓ/min 外部油圧系統数/Valves・・・電気式4系統/8 electrical 最大揚力/Lift capacity・・・フロント/Front 4,000kg、リア/Rear 9,950kg 最小旋回半径/Turning radius・・・5.2m 機体重量/Weight・・・7800kg 全長、全高、全幅/Length,Height,Width・・・5,099mm、2,907mm、2,700mm 最低地上高/Ground clearance・・・417mm PTO回転数/PTO speed・・・564/702/1,025/1,276(540/540E/1,000/1,000E)rpm 標準仕様/Standard Specification ●フロントアクスルサスペンション/Front axle susupension ●油圧電気式4系統/8 electrical spool valves ●エアサスペンションシート/Air suspension seat ●機械式アクティブキャブサスペンション/Active mechanical cab suspension ●ISOBUS付きデータと露ニック4/Datatronic 4 with ISOBUS ●タイヤサイズ/Wheels and gyres F600/60R30,R710/60R42 オプション/Option ●4,000kgフロントリンケージ/4,000kg Front linkage ●フロントPTO/Front PTO ●オートガイドレディ/ Auto-Guide ready

MF7726EXDV
マッセイ・ファーガソントラクター
Massey Ferguson Tractor

型式名/Engine・・・AGCO POWER 74AWF-T4F
総排気量/capacity・・・7.4ℓ『7,400cc』
EPM作動時最大出力/Max.power with EPM・・・206kW/280PS(1,980rpm)
最大出力/Max.power・・・188kW/255PS(1,980rpm)
定格出力/Rated power・・・177kW/240PS(1,980rpm)
走行速度/Drive・・・前進/Forward0.03〜50.0km/h、更新/Reverse0.03〜40.0km/h
外部油圧/Hydrauric・・・CCLS油圧システム110ℓ/分/Load sensing 110ℓ/min
外部油圧系統数/Valves・・・電気式4系統/8 electrical
最大揚力/Lift capacity・・・フロント/Front 4,000kg、リア/Rear 9,950kg
最小旋回半径/Turning radius・・・5.2m
機体重量/Weight・・・7800kg
全長、全高、全幅/Length,Height,Width・・・5,099mm、2,907mm、2,700mm
最低地上高/Ground clearance・・・417mm
PTO回転数/PTO speed・・・564/702/1,025/1,276(540/540E/1,000/1,000E)rpm

標準仕様/Standard Specification
●フロントアクスルサスペンション/Front axle susupension
●油圧電気式4系統/8 electrical spool valves
●エアサスペンションシート/Air suspension seat
●機械式アクティブキャブサスペンション/Active mechanical cab suspension
●ISOBUS付きデータと露ニック4/Datatronic 4 with ISOBUS
●タイヤサイズ/Wheels and gyres F600/60R30,R710/60R42

オプション/Option
●4,000kgフロントリンケージ/4,000kg Front linkage
●フロントPTO/Front PTO
●オートガイドレディ/ Auto-Guide ready

 

Facebookのほうで教えてもらいました。このダイナVTは無断変速で

Facebookのほうで教えてもらいました。このダイナVTは無断変速で

 

ダイナ4が4×4段セミオートマ16段変速

ダイナ4が4×4段セミオートマ16段変速

 

ダイナ6は4×6段オートマチックモード搭載24段変速 だそうです。

ダイナ6は4×6段オートマチックモード搭載24段変速
だそうです。

 

多分これは付けられるもの全部付きなのでしょう。

多分これは付けられるもの全部付きなのでしょう。

 

いくつか気づいたことのうちの一つがこれ。タイヤに「1」って書いてあります。ミシュランXeoBibの特長なのかなんなのか、初めて気がつきました。

いくつか気づいたことのうちの一つがこれ。タイヤに「1」って書いてあります。ミシュランXeoBibの特長なのかなんなのか、初めて気がつきました。

 

タイヤのサイド全周にわたって「1」「1」「1」「1」「1」と並んでいます。なんだろう。「2」とか「3」も存在するのでしょうか?

タイヤのサイド全周にわたって「1」「1」「1」「1」「1」と並んでいます。なんだろう。「2」とか「3」も存在するのでしょうか?

 

最近のマイブームはこれ。ステップ廻りにある燃料タンクです。トラクターのデザインはどちらかといえば概ね一緒で個性のないものになりつつあります。しかし、燃料タンクにプラスチックが採用されて、さらに重心位置をコントロールするためか、キャビン下に置かれるようになってから各社それはそれは個性的でユニークなものになっています。

最近のマイブームはこれ。ステップ廻りにある燃料タンクです。トラクターのデザインはどちらかといえば概ね一緒で個性のないものになりつつあります。しかし、燃料タンクにプラスチックが採用されて設計の自由度が上がり、さらに重心位置をコントロールするためか、キャビン下に置かれるようになってから、外に見えるものとなり、各社それはそれは個性的でユニークなものになっています。誤解を恐れずにいえば、今や燃料タンクはトラクターそのもの。「燃料タンクはトラクターの顔だ!」と言えるのではないか?と、思っています。もちろん、この7226の燃料タンクもユニーク。アドブルーと燃料タンクの位置取りなども、タンデム、インライン・・・各社違っておもしろいです。そして工具箱もこのようにタンクに仕込むやり方も色々で、車種ごと、メーカーごとに違います。

 

勝手に飛び出さないようにロック付きなんですね。

勝手に飛び出さないようにロック付きなんですね。

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械