全日本草刈り選手権関東ブロック大会(ウソ)出場可否の現地調査その2

事例発表の時のスライドをやってくれと言われて焦りました。まさかこんなことになるとは思わなかったので、事例発表が終った後に壊れてしまった巨大なファイルを「もう使わないからいいか」と放置していたからです。同じではないですが、何とか再構築できたのは当日の直前になってからでした。「いくぞー」と、Mさんが迎えに来た時にはまだできていなかったくらいです。

えーーー撮り忘れた写真を関係者にいただいたので昨日の続きです。農業機械関係でない記事にすると一気に見に来る方が減ってしまうのですが、これが本来の姿なのでここは曲げずに行きます。

農地なくして機械ナシ。その前に食べる人、買う人がいなければそもそもその農業もナシ・・・色々大事なこともありますんでね・・・

聞き取り調査の写真をもらったので載せておきます。
聞き取り調査の写真をもらったので載せておきます。
事例発表の時のスライドをやってくれと言われて焦りました。まさかこんなことになるとは思わなかったので、事例発表が終った後に壊れてしまった巨大なファイルを「もう使わないからいいか」と放置していたからです。同じではないですが、何とか再構築できたのは当日の直前になってからでした。「いくぞー」と、Mさんが迎えに来た時にはまだできていなかったくらいです。
事例発表の時のスライドをやってくれと言われて焦りました。
まさかこんなことになるとは思わなかったので、事例発表が終った後に壊れてしまった巨大なファイルを「もう使わないからいいか」と放置していたからです。
同じではないですが、何とか再構築できたのは当日の直前でした。「いくぞー」と、Mさんが迎えに来た時にはまだできていなかったくらいです。

こちらとしては、伝わったかどうかはわかりませんが、農地の維持という面(主に草刈り)で参加するハードルを下げ、より多くの人に集まってもらうため、人々が「ラク」になる機械の重要性を訴えたつもりです。

ただ農地をきれいに維持するだけなら、「ここやって」「あそこやって」と都度都度業者に丸投げすればいいだけです。

それなのに、行政の人も含めこんなに多くの人が関わるということは、費用をおさえるという意味もさることながら「自分事として多くの人に考えてもらう」という意味が大きいのだと思います。

であれば、「参加することに意義がある」わけで、仕事として効率良く少人数でちゃっちゃと済ませるというのは少し違います。

ということで、スライドモアのような機械で広い面積を刈りつつも、チョロチョロと残った少ない刈り残しを大勢でやっつけるというのは趣旨に合っていると思うんです。

という願いを込めてスライドモアを見てもらったわけです。しかし、こういったやり方は推奨されていないようで、マニュアルには書いてありません。
という願いを込めてスライドモアを見てもらったわけです。しかし、こういったやり方は推奨されていないようで、マニュアルには書いてありません。

島地区には特にハードルが高かった

5年前にこのスライドモアを導入したわけですが、簡単ではありませんでした。

念願のスライドモアがやってきた時の記事。「ムダだの贅沢だの文句言われても絶対突っぱねてやる!」という意気込みで購入理由/経緯書を用意したのを覚えています。
当時の記事です。実際に購入してみると、想定より多く使われました。

その他

後は大体の範囲を回って、前日砂利の補充を行なった所を見て終ったみたいです。「みたいです」というのは、僕は他にお客さんが来て中抜けしてしまって最後までいられなかったもので・・・ この写真を撮った場所、サギが凶暴な動物に惨殺されていた場所じゃないですかねぇ・・・ぼくはここでびっくりして飛び上がってしまいました。
後は大体の範囲を回って、前日砂利の補充を行なった所を見て終ったみたいです。「みたいです」というのは、僕は他にお客さんが来て中抜けしてしまって最後までいられなかったもので・・・

この写真を撮った場所、サギが凶暴な動物に惨殺されていた場所じゃないですかねぇ・・・ぼくはここでびっくりして飛び上がってしまいました。

全日本草刈り選手権

ところで、多面的の活動が僕の頭の中では草刈りがメインなので、その活動に優劣を付けるではないですけど、表彰だのなんだのやるのであれば、「全日本草刈り選手権関東ブロック大会」となるのではないか? とそう表現してみました。

自分で言っておいてなんですが、他の人に「やってみたい!」と言われて、これ、おもしろそうだと思いました。

大昔の映像ですが、例えばこれだったら競技としては法面はノーマルヒル、ラージヒルなどとクラス分けしたり、型の部とかを作ってもいいし・・・

篠だの、芦だの、セイタカアワダチソウクラスだの、対象ごとにクラス分けしてもいいし・・・

スピード、所作、何よりも刈りあとが美しいなどの審査で優劣を競う感じでどうでしょう?

もう10年も前の記事ですけど、カッコよく草が刈りたいと思いました。

もし、全日本草刈り選手権(農機具会社がスポンサーの賞金大会)が開催されれば、皆、練習しなくてはなりませんから、日本中がきれいになると思うんですがどうでしょう???

あ”〜〜〜〜時間がなくなってしまいました。きょうはここまでです。また明日!

昨日は関東農政局 多面的機能発揮促進事業 局長表彰の現地調査でした(これって関東ブロック大会みたいなものなの?)

制服組(作業着かな?)も・・・

どうしてお役所のタイトルって、ひらがなが入らない漢字ばかりでしかも長いの?

島地区、昨日は関東農政局 多面的機能発揮促進事業 局長表彰の現地調査でした。

何のことかと思って調べてみると趣旨が出てきます

関東農政局管内において取り組まれている「多面的機能発揮促進事業」のうち、多面的機能支払に係る取り組みを対象に優良な活動を表彰し、関係者の意欲の高揚を図るとともに、同事業による各種の取組の推進に資するものです。

関東農政局プレスリリース

普段活動していると全くそんなことには目がいきませんが、何かで表彰されると、どうも「その上」があるみたいなんです。市の大会、県大会、関東ブロック・・・などという感じ?

いやー・・・知らなかったなぁ。

知らなかったものだから、「関東農政局、局長表彰に推薦してもいいですか?」と聞かれて、「はあ、どおぞ」とピンとこない感じでした。

どうもわれわれ島地区の環境保全会は、その関東農政局 多面的機能発揮促進事業 局長表彰に応募したらしいのです。

というわけで、関東ブロック大会らしきその局長表彰の現地調査が昨日あった・・・というわけです。

昨日は久々にたくさんの人に会ったので、疲れてしまって爆睡した上に寝坊したので、もう既に時間がありません。飛ばしていきますね?

内容は聞き取り調査と現地調査。聞き取り調査の写真は撮り忘れちゃったので、現地調査から。

局長表彰の現地調査

島地区は平らな農地なので今の時期は本当に見るものがありません。あちらの方も苦労したのでしょう・・・スライドモアと、なぜかこの活動には全く関係ないボックスカートを見せることになりました。

急いでカートを引っぱりだしてきて洗車します。(カバーを洗うだけなのでラクですけど。)
急いでカートを引っぱりだしてきて洗車します。(カバーを洗うだけなのでラクですけど。)
ついでですけど、あまりに増えちゃったカートの収納状況も脱線して見せちゃいます。ジャマになってきたカートを収納するため、下屋を廃材で作ったのですが、どうもうまく納まらない・・・空中に注目。
ついでですけど、あまりに増えちゃったカートの収納状況も脱線して見せちゃいます。ジャマになってきたカートを収納するため、下屋を廃材で作ったのですが、どうもうまく納まらない・・・空中に注目。
そこで天井にウインチを取付け・・・
そこで天井にウインチを取付け・・・
吊り下げて省スペース!
吊り下げて省スペース!
これで「おにぎりも一緒に入りました」って感じです。
これで「おにぎりも一緒に入りました」って感じです。

多面的とは直接関係ないカート視察のようす

おもしろかったのは、制服やスーツの人達がカートに乗っている姿・・・以前、水戸芸術館の「こどもこらぼらぼ」に持っていった時の子供たちのようすと全く変わりません。

もちろん、「お米たべてー!」と、宣伝もしましたよ!
子供たち、家にはもっとステキなオモチャがあると思うのだけど、競って乗りたがりました。
子供たちがカートに乗るようすはこちら。なかなか楽しかったな。

遊園地のアトラクションみたいなものに感じたのでしょうか? 普段見慣れていないもの・・・経済的には全く役に立たない、バカバカしいものには子供も大人もワクワクさせる力があるのかもしれません。

うーーーーん・・・シュールだ。これ、実際このまま出場できるかも。農家スタイルじゃあたりまえですもんね。
うーーーーん・・・シュールだ。これ、実際このまま出場できるかも。農家スタイルじゃあたりまえですもんね。
おにぎりにも乗り込んでます。
おにぎりにも乗り込んでます。
エンジンが付いてないので、この状態ではぴくりとも動きません。ちょっと押してやれば良かったかなぁ・・・
エンジンが付いてないので、この状態ではぴくりとも動きません。ちょっと押してやれば良かったかなぁ・・・
制服組(作業着かな?)も・・・
制服組(作業着かな?)も・・・
おそらく、乗ったはいいが「はて?これからどうしよう」という感じだったのだと思います。本当は走るのがイチバンなんです。ちょっとでも興味を持ってくれた人達に、あの血が沸き立つような恐怖(ちょうどいい言葉が見つかりません。スリルとかスペクタクル?)を味わってもらいたいなぁ・・・と強く思うのでした。
おそらく、乗ったはいいが「はて?これからどうしよう」という感じだったのだと思います。本当は走るのがイチバンなんです。ちょっとでも興味を持ってくれた人達に、あの血が沸き立つような恐怖(ちょうどいい言葉が見つかりません。スリルとかスペクタクル?)を味わってもらいたいなぁ・・・と強く思うのでした。
その場におられた皆さん!これで走れば身にまとわりついた汚れが落ちて、「生きてる!」という実感を強く感じることができますよ!!
その場におられた皆さん!これで走れば野性が目覚め、身にまとわりついた汚れが落ちて、「生きてる!」という実感を強く感じることができますよ!! もし、本当に走りたければ試走可能ですので連絡ください。
この絵もなかなか間抜け絵面・・・いいですね!こういうバカバカしい感じ。
この絵もなかなか間抜け絵面・・・いいですね!こういうバカバカしい感じ。

本当はヒガンバナが見たかったらしいのですが、それが見たければ稲刈りの頃来てくださいね!!すごく短い時間しか咲いていないので、一発勝負です。

いつものように支離滅裂になってしまいました。それではまた明日!