父さんの超特急の末裔ほか@「O特派員と行くバーチャルツアーその19」

(写真はWikipediaより)若干暗く沈んだ青とクリーム色・・・太郎と同じ色です。現在のコンバインの青はだいぶ明るい、水色に近い青に変わっていますが、当時はずいぶん暗めだったのですね。

所用があり行けなかった、ダイナミックフェア2019(JAグループ茨城の第45回農機・生産資材大展示会)。毎年行っていたのに抜けてしまうのは悔しいので、Oさんに特派員をお願いしていました。

 

いろいろ展示会も中止になってしまっていますし、今日はO特派員と行くバーチャルツアーその19、主にイセキのブース続きです。

 

コンバインが並んでいます。右HX463GRLW 税8% ¥8,208,000 税10% ¥8,360,000
コンバインが並んでいます。右HX463GRLW
税8% ¥8,208,000
税10% ¥8,360,000

 

左はHFR450GZARLW 税8% ¥7,711,200 税10% ¥7,854,000
左はHFR450GZARLW
税8% ¥7,711,200
税10% ¥7,854,000

 

このロボットが埋まっているようなところ、Oさんも気になったようです。
このロボットが埋まっているようなところ、Oさんも気になったようです。これ、たいてい黒いですけど、ヰセキのブルーのヤツもありましたよね。

 

イセキコンバインHFG447 中古価格¥2,600,000
青いのはめったにないですが、イセキコンバインHFG447 中古価格¥2,600,000

 

拡大してみます。今と顔が違いますね・・・目が繋がっています。
拡大してみます。今と顔が違いますね・・・目が繋がっています。

 

「上と同じ」イセキコンバインHF323GZVDW 中古価格¥1,650,000 使用時間124時間 グレンコンテナUR-11付、成約時バッテリ交換
それからこれも青だと思います。イセキコンバインHF323GZVDW 中古価格¥1,650,000 使用時間124時間 グレンコンテナUR-11付、成約時バッテリ交換

 

お!拡大してみるとこちらはひとつ目。顔ですらないです。でも、青くは塗られています。新しくなるにつれ、2つ目になるにつれ、顔っぽくなり、黒く分離して塗られるようになったのでしょうか?
お!拡大してみるとこちらはひとつ目。顔ですらないです。でも、青くは塗られています。新しくなるにつれ、2つ目になるにつれ、顔っぽくなり、眉間にマークを入れられると黒く分離して塗られるようになったのでしょうか?

 

Oさん、こういう複雑なところに興味を持ったのか、たくさん撮っています。コンバインのチェーンの森はちょっと付いていけない感じです。しかし、ずいぶん細かいところまで青く塗られているんですね・・・
Oさん、こういう複雑なところに興味を持ったのか、たくさん撮っています。コンバインのチェーンの森はちょっと付いていけない感じです。しかし、ずいぶん細かいところまで青く塗られているんですね・・・

 

ここも青。
ここも青。

 

あ!こんなところにカバーが付けられている!(大雑把に)
あ!こんなところにカバーが付けられている!(大雑把に)

 

そういえばヰセキのコンバインの型番は大抵Hから始まっていますよね?何を表しているのでしょうか・・・
そういえばヰセキのコンバインの型番は大抵Hから始まっていますよね?何を表しているのでしょうか・・・

 

で、なぜかそこにあったのが日本で最初の自脱式コンバイン(と、当人が称している)井関農機のHD50型。『井関農機60年史』によると、1967(昭和42)年7月、国産自脱型コンバインの尖兵として生産・販売を開始した。とあります。
日本で最初の自脱式コンバイン(と、当人が称している)井関農機のHD50型。『井関農機60年史』によると、1967(昭和42)年7月、国産自脱型コンバインの尖兵として生産・販売を開始した。とあります。やっぱりハーベスターのHが有力かなぁ・・・
こちらは同じく機械化農業、昭和47年(1972年)のヰセキコンバイン、HD700R「太郎」広告です。
機械化農業、昭和47年(1972年)のヰセキコンバイン、HD700R「太郎」広告です。これも最初のコンバインのHDからの流れ。

 

ヰセキ複胴コンバイン 太郎1800 スペシャルオート3条刈
ヰセキ複胴コンバイン太郎1800のカタログです。この『太郎』も型番はHL1800です。1983年、昭和58年のものだそうです。
太郎は父さんの超特急・・・いかにも農家、というお宅の玄関先にヰセキHL1800「太郎」がいっぱいに写っていますが、背景です。手前に新幹線のおもちゃで遊ぶ子供2人・・初めて見たときは「稲刈りが超特急に速い」ということで超特急になぞらえているのかと思いましたが、今気がつきました。彼らが遊んでいる特急ひかりと色あいが同じじゃないですか!2つの意味が込められた「太郎は父さんの超特急」だったのでした!

 

(写真はWikipediaより)若干暗く沈んだ青とクリーム色・・・太郎と同じ色です。現在のコンバインの青はだいぶ明るい、水色に近い青に変わっていますが、当時はずいぶん暗めだったのですね。
(写真はWikipediaより)若干暗く沈んだ青とクリーム色・・・太郎より暗めですが似ています。

 

今日はトラクター狂さんに送ってもらったイセキコンバイン「太郎」のカタログです。田植機の「早苗」、トラクターの「耕太」「耕二」、そしてコンバインの「太郎」・・・なぜ太郎?の「太郎」HL2200です。
こちらは太郎2200のカタログです。型番はやはりHで始まるHL2200。 表紙 農家の庭先、なんてことはない日常の一コマにコンバインを配置しています。ものすごく自然な雰囲気・・・作った人の意図が強く伝わってくる感じです。
すっかり脱線してしまいました。その超特急の青を捨てた黄色のヰセキ。
すっかり脱線してしまいました。その超特急の青を捨てた黄色のヰセキ。

 

しかし黒い顔は健在です。
しかし黒い顔は健在です。

 

HJ6130ZCALW 税8% ¥18,036,000 税10% ¥18,370,000
HJ6130ZCALW
税8% ¥18,036,000
税10% ¥18,370,000

 

今日はここまでで時間がなくなりました。それではまた明日!

 

 

 

オリジナルエンジン(多分)の神農工社チェリートラクタ「撮りトラ」とユニバーサルジョイント

チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化して費用をおさえた工夫の跡が見られます。

今日は某所で見た、三輪、最小構成のチェリートラクタCT52「撮りトラ」です。

 

僕の想像でしかありませんが、地方都市弘前の農機メーカーが付けた「チェリー」の名はこのクラスのトラクターの名前として浸透してしまったのでしょうか? なぜかビクターオート、ヰセキと受け継がれたのでした。

 

チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化して費用をおさえた工夫の跡が見られます。
チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化し、部品点数も少なく、費用をおさえた工夫の跡が見られます。

 

「神農工社」と、僕は続けて書いてしまいましたが、銘板を見ると、「神 農工社」と、神と農の間にスペースがあります。実は「神」農工社だったのですね。
「神農工社」と、僕は続けて書いてしまいましたが、銘板を見ると、「神 農工社」と、神と農の間にスペースがあります。実は「神」農工社だったのですね。

 

エンジンはシバウラ製。かろうじて「シバウラ石油機関」という文字が見えます。全体の古くさい形からオリジナルのエンジンではないかと推測されます。
エンジンはシバウラ製。かろうじて「シバウラ石油機関」という文字が見えます。全体の古くさい形からオリジナルのエンジンではないかと推測されます。

 

乗用最小構成! 三輪のチェリートラクタ
なぜそんなことに注目するかと言うと、以前見たチェリートラクタと違うエンジンが載っているからです。これは以前土の館で見たチェリートラクタCT52型です。

 

機種名: チェリートラクタ 形式・仕様:CT-52 7馬力 製造社・国:神農工社 日本 導入年度:1956年(昭和31)年
これのエンジンはヤンマー製のものが載っていました。しかし、ちょっとエンジンだけあか抜けた感じがしますし、全体に小さく、オリジナルではなさそうな感じです。

 

チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化して費用をおさえた工夫の跡が見られます。
それからするとこのエンジンの大きさはしっくり来ます。ステアリングシャフトもそのエンジンを避ける感じでちょうどいいですよね? いろいろ書きましたが、今回注目しているのはちょうどオーナーが指差しているユニバーサルジョイントなのでした。ステアリングシャフトを90度近く曲げ、高価なギアボックスを使えないとなると、こうなりそうです。

 

エンジンはシバウラ製。かろうじて「シバウラ石油機関」という文字が見えます。全体の古くさい形からオリジナルのエンジンではないかと推測されます。
そこでもう一度この写真に戻ります。ユニバーサルジョイントは3コマです。アウターチューブ付でジョイント部分は鋳物部品でしっかりホールドしています。操作感はどうなのでしょう。すごく気になります。

 

なぜそんなに気になるのかと言うと、同じく費用を抑えたかったボックスカートレースのおむすびころりん号、同じような構造なんです。しかし、操作感はガクガクしていてイマイチでした。
なぜそんなに気になるのかと言うと、同じく費用を抑えたかった「お米たべてー!」TEAMのレッドブルボックスカートレースのおむすびころりん号、同じような構造なんです。しかし、操作感はガクガクしていてイマイチでした。

 

ユニバーサルジョイントはラチェットのコマを使用。ガス管をガイドにステアリングシャフトを手元に持っていきます。
ステアリングシャフトがチェリートラクタと同じく曲げの角度がきつかったので、ユニバーサルジョイントを使っています。ビンボー人なのでそれも比較的安いラチェットのコマを使用。ガス管をガイドにステアリングシャフトを手元に持ってきています。

 

これに3Dプリンターで作ったガイドをはめて・・・
しかも、万が一必要になったときのために取り外せるよう、オス/メスの受けでつないでいるんです。

 

ちょっと角度がきついしハンドルにかなりガタが出てしまうけど、これも費用の面でガマン。
仕様書によればこれでほぼ使用限界の角度。ハンドルもガタが大きく、操作感がよくありません。チェリートラクタのように3コマのユニバーサルジョイントならもっと操作感が良くなるのかな? と、思った次第です。

 

色を塗って組み付けたあとの写真。
色を塗って組み付けたあとの写真。

 

拡大してみます。お気づきのかたもいるかもしれませんが、試走中にハンドルが抜けてすごくビックリしました。本番では少しでもガタを減らそうと、ここをビニールテープでぐるぐる巻きにし、ステアリングが抜けないよう、ストッパーを噛まして望みました。ここ、3コマのユニバーサルジョイントにしたら操作感が良くなるかなぁ・・・やってみようかと気持が動いています。
拡大してみます。お気づきのかたもいるかもしれませんが、試走中にハンドルが抜けてすごくビックリしました。本番では少しでもガタを減らそうと、ここをビニールテープでぐるぐる巻きにし、ステアリングが抜けないよう、ストッパーを噛まして望みました。ここ、3コマのユニバーサルジョイントにしたら操作感が良くなるかなぁ・・・やってみようかと気持が動いています。

 

チェリートラクタ 1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力
チェリーの名がどう伝わったかの想像は、時間がなくなってしまったので、『チェリートラクタCT101、みんなで作ってたの?・・・「撮りトラ」』の記事を確かめてください。

 

今日はここまでです。また明日!