やはりパルシード顔はこちら。三菱MT2201よお前もか「おうちで撮りトラ」

今日はクボタ教のNさんに送ってもらった、三菱パルシードMT2201「おうちで撮りトラ」です。僕の好きだった初代(と便宜的にそう呼びましょう)MT2201は、サクッと顔をすげ替えられていたことがわかりました。

少しおさらいをします。僕の中ではMT2201と言えば、フラットデッキとこの顔でした。
昭和58年(1983年)2月発行、22馬力の2201/2201D、25馬力の2501/2501Dのカタログです。末尾にDの付かないものが2駆、末尾にDの付いたものが四駆です。
昭和58年(1983年)2月発行、22馬力の2201/2201D、25馬力の2501/2501Dのカタログです。末尾にDの付かないものが2駆、末尾にDの付いたものが四駆です。
ところが、こちらがNさんが送ってくれた写真なのですが、MT2201に違う顔がありました。先日のMT2801と全く同じ顔です。
こちらがNさんが送ってくれた写真なのですが、同じMT2201でも違う顔がありました。先日のMT2801と全く同じ顔です。
薄々はそう思っていましたが、30年近く引き継がれたロボット顔とも言える三菱の顔。その顔に初代パルシードもすげ替えられていたのです。

少し比べてみます

こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。MT2201と4WDの文字。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。MT2201と4WDの文字。
1983年のカタログによれば、三菱トラクタMT2201Dは三菱K4D水冷4気筒ディーゼル1305cc、22馬力/2400rpm。
こちらが僕の見たMT2201D。横から見た形は全く一緒。顔だけ違います。サイドのラインの色の順番も違います。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。 四駆には4WDの文字。サイドのラインの順番は上から黒/黄/赤です。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。 四駆には4WDの文字。

サイドのラインの順番は上から黒/黄/赤です。
引き揚げてきてそのまま並べていると思われる中古屋さんのヤードの中で結構その姿は光ってました。ドイツカラーのサイドのラインも効いています。
こちらが僕の見たMT2201D。四駆には「D」という記号が割り当てられています。

サイドのラインの順番は上から黄/赤/黒です。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。  うまいこと初代パルシードの顔をラインナップ全体に通底するロボット顔に変えました。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。

うまいこと初代パルシードの顔をラインナップ全体に通底するロボット顔に変えました。
1983年のカタログによれば、三菱トラクタMT2201Dは三菱K4D水冷4気筒ディーゼル1305cc、22馬力/2400rpm。カタログの写真に比べてすごく水色っぽいですが、このほうが似合ってますね!
こちらが僕の見たMT2201D。

ライトの納まっていた張り出したライトケースは、ロボット顔ではただのグリルに変更されていますね。
お面のすげ替えアニメーション。 これを見たらgifアニメを作りたくなってしまいました。寄り道ばかりしているからなかなか話が進まないです。
お面のすげ替えは何も今に始まったことではなく、ずいぶん昔からやっていたということが判明しました。

初代パルシードはイーグルチェンジのようにチェンジされてしまっていた・・・どういうことでしょう。

根拠なく想像させてもらうと・・・

なかなかカッコいいです。(カタログより)MT2201二輪駆動。カタログは1983年のものですが、農研機構のサイトによると同じ仲間と思われるMT1401やMT1601などの登録が1980年です。もしかしたらMT2201も1983年よりは前に発売されたものかもしれませんね。エンジンは三菱4KD型水冷4気筒1305cc、22馬力/2400rpmとなっています。
当初、大きいトラクターのラインナップは初代パルシード顔(あくまで想像)
農研機構の登録は1980年。この前のモデル「マイサン」の生産は1978年〜1980年ですから、ちょうど引き継いだ感じになります。(このカタログは1983年のもの)
そして小さなトラクターのラインナップはnewマイサン顔で行く予定だった(あくまで想像)
三菱トラクター MTE2000D
ところがnewマイサン顔のほうの評判がことのほか良かった・・・(あくまで想像)
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。 うまいこと初代パルシードの顔をラインナップ全体に通底するロボット顔に変えました。
そこでわざわざ重厚に力強く作り上げていた初代パルシードの顔をnewマイサン顔に変えてしまい、パルシードのラインナップをすべてnewマイサン顔で統一してしまった。(あくまで想像)

こんな想像はどうでしょう?そう考えなければその後のパルシード顔の広がりと、初代パルシードの顔の変化の説明がつかないような気がするんです。

今日はこんなところです。また明日!

長い間三菱の主流となった記念すべき最初の顔。パルシードMT2801「おうちで撮りトラ」

MT2201のほうの写真を拡大したら検査合格証票の番号がわかりました。このように比べると、MT2201のほうがちょっとだけ古いです。つまり、MT2801はマイナーチェンジ版?なのでしょう。

今日も昨日の続き、ビリーさんに送ってもらった、パルシード顔ではなくマイサン顔の三菱パルシードMT2801「おうちで撮りトラ」です。寄り道ばかりしていましたが、今日で最後です。

とはいえ語り尽くしちゃった感があります。ですので、写真を並べて見たいところだけピックアップします。

実は一番気になったのはこの工具箱。縦置きです。もちろん、蝶ネジを2本緩めて取り出せるようになっていますけど、もし、ただの箱だとしたら、めんどくさいからと、そのまま開くと工具がザラザラと出てきてしまいますよね・・・
実は一番気になったのはこの工具箱。縦置きです。もちろん、蝶ネジを2本緩めて取り出せるようになっていますけど、もし、ただの箱だとしたら、めんどくさいからと、そのまま開くと工具がザラザラと出てきてしまいますよね・・・

しかし、スペースを取らず、しかも手の届く範囲に大きな工具箱を収納するステキなアイディアです。
メーター廻り
メーター廻り
同じく運転席。同時期のMT2201bとはレイアウトは一緒なのに各部が微妙に違います。
同じく運転席。同時期のMT2201bとはレイアウトは一緒なのに各部が微妙に違います。
すごく興味深い写真。変速レバーがフロアをフラットにするため、こんなところに追いやられています。
MT2201bの同じような写真です。フロアをフラットにするため、変速レバーをここに追い込んでいるのは一緒です。しかし、ホーンボタンの位置が違ったり、メーターのベゼルの形状が違ったり、各部がちょっとずつ違います。
ジャストマチック装備はMT2201bと一緒。
ジャストマチック装備はMT2201bと一緒。
同じ末尾01ラインですが、顔のテイストが違うだけに両者で覇を競ったのか、それとも開発する部署が違ったのか、枝葉の部分でチリが合いません。
例えばこのMT2801のドイツ国旗とかベルギー国旗を想起させるようなライン。
例えばこのMT2801のドイツ国旗とかベルギー国旗を想起させるようなライン。
引き揚げてきてそのまま並べていると思われる中古屋さんのヤードの中で結構その姿は光ってました。ドイツカラーのサイドのラインも効いています。
MT2201bでは上下逆さまでもなく、まるっきし色の順番が入れ替わっています。同じパルシードなのに、まるで違うモデルを主張しているかのよう。
やっとスッキリしました。僕は一番左の顔が典型的なパルシード顔だと思っていたのですが、どうもそうではなかったみたいです。
一番右は別として、こう並べてみると三菱を置いたグリルも格子とスクリーンで違いますし、どちらが三菱の顔になるか競った感があります。

ということで、ぼくの勝手な想像として、パルシードの範囲の中で左と中央が戦って中央が勝って三菱の顔になった・・・ということにします。
MT2201のほうの写真を拡大したら検査合格証票の番号がわかりました。このように比べると、MT2201のほうがちょっとだけ古いです。つまり、MT2801はマイナーチェンジ版?なのでしょう。
MT2201のほうの写真を拡大したら検査合格証票の番号がわかりました。このように比べると、MT2201のほうがちょっとだけ古いです。つまり、MT2801はマイナーチェンジ版?なのでしょう。

最後あっさりしちゃっていつものように竜頭蛇尾。長い間三菱の主流となった記念すべき最初の顔はパルシードMT2801ではないだろうか?というのが今日の結論となりました。

それではまた明日!