BASELIERカルチベーター+ポテトプランターFA310W@第34回国際農業機械展in帯広

拡大してみます。 見てください!透明な(多分アクリル)培土の中に種芋が植わっているようすがよくわかります。その種芋、テグスで吊り下がっているんです。よく考えたなぁ。それに、こう見えて結構お金がかかっていると思うんです。必ずしもなくても良いこのような展示に、お金や手間や様々な障壁をはねのけてここにこれがある恐tに感動します。

今日も昔の写真の整理・・・。第34回国際農業機械展in帯広のイセキブースで見た、ベーゼリー カルチベーター・ポテトプランター・オールインワン、FA310Wです。

初めは「大きな機械だなあ」くらいにしか思わなかったのですが、ちょっと後ろに回ると少し興味が湧きました。
ベーゼリー カルチベーター・ポテトプランター・オールインワン、FA310Wです。
僕は稲作しか見たことがなく、それ以外に使う作業機はイメージが湧かないので上っ面だけ写真を撮る感じです。初めは「大きな機械だなあ」くらいにしか思わなかったのですが、ちょっと後ろに回ると少し興味が湧きました。
「ジャガイモを植える機械なんだ!」一目瞭然の展示です。興味がなく、キャプションも読まず通り過ぎようとしていた人物を少なくとも一人振り向かせた工作物。
「ジャガイモを植える機械なんだ!」一目瞭然の展示です。興味がなく、キャプションも読まず通り過ぎようとしていた人物を少なくとも一人振り向かせた工作物。これはすばらしい!
拡大してみます。 見てください!透明な(多分アクリル)培土の中に種芋が植わっているようすがよくわかります。その種芋、テグスで吊り下がっているんです。よく考えたなぁ。それに、こう見えて結構お金がかかっていると思うんです。必ずしもなくても良いこのような展示に、お金や手間や様々な障壁をはねのけてここにこれがある恐tに感動します。
拡大してみます。
見てください!透明な(多分アクリルでできている)培土の中に種芋が植わっているようすがよくわかります。その種芋、テグスで吊り下がっているんです。

よく考えたなぁ。

それに、こう見えて結構お金がかかっていると思うんです。必ずしもなくても良いこのような展示に、お金や手間や様々な障壁をはねのけ、これがここにあることに感動します。

展示を考えた方、少なくとも僕が一人引っかかりました。ありがとうございます!

動画も見つけました。タンクに貯められた種芋がどんどん流れて行き畝に仕込まれるようすはなかなか楽しいです。まるっきりの平らな畑に4列の畝ができるようす・・・おもしろい機械だなぁ・・・

作業のようすの写真をネットで探しました。かなり長いです。
作業のようすの写真をネットで探しました。かなり長いです。

以前ポテトハーベスターを紹介しましたが、考えてみるとあんな機械で収穫するんですから、それを手で植えるわけがないですよね・・・あの機械を使うためには植える機械も必要です。

それとこれだけ場所を取るのだから広い枕地も必要・・・ジャガイモ生産工場ですね。これは。

すみません。今日はこんなところです。それではまた明日!

NEW HOLLAND CX/FR CRUISER コンバイン/飼料ハーベスター@第34回国際農業機械展in帯広

調べてみるとAWS AIRBARという、コンバインの刈取り口に付ける社外の部品でした。PTOから取り出した回転でファンを回し、太いパイプから下に伸びているノズルから空気を送り込み、作物のフローを整えるアタッチメントでした。

今日も昔の写真の整理・・・。第34回国際農業機械展in帯広で見た、NEW HOLLANDのコンバイン&飼料ハーベスターです。といっても大して興味がなかったのか写真は3枚しかありません。

まずはこの写真からです。CX FLAG SHIP COMBINEと窓ガラスにあります。
まずはこの写真からです。CX FLAG SHIP COMBINEと窓ガラスにあります。
ニューホーランドノコンバインにはCH、CR、CX、TCとあるみたいですが、フラッグシップと言うからにはCXが「いちばんいいヤツ」なのでしょう。CXにはCX5/CX6/CX7/CX8とあるようですが、この機体がどれにあたるのかはわかりません。
大して興味がなかったと言っても、写真をよく見れば気になるところがいくつかあるものです。上の写真でまず気になったのは少々残念なLEDの装飾のついた銀色のパイプ。「これはなんだ?」と一番先に思いました。AWS AIRナントカ・・・と書いてあります。
大して興味がなかったと言っても、写真をよく見れば気になるところがいくつかあるものです。上の写真でまず気になったのは少々残念なLEDの装飾のついた銀色のパイプ。「これはなんだ?」と一番先に思いました。AWS AIRナントカ・・・と書いてあります。
調べてみるとAWS AIRBARという、コンバインの刈取り口に付ける社外の部品でした。PTOから取り出した回転でファンを回し、太いパイプから下に伸びているノズルから空気を送り込み、作物のフローを整えるアタッチメントでした。
調べてみるとAWS AIRBARという、コンバインの刈取り口に付ける社外の部品でした。PTOから取り出した回転でファンを回し、太いパイプから下に伸びているノズルから空気を送り込み、作物のフローを整えるアタッチメントでした。

確かに入口での作物の滞りがありません。スムースに流れているように見えます。畑からより多くの収穫を得るという商品の謳い文句が踊っています。

これを使えば収穫のスピードが速くなって効率は良くなると思うのですが、(もしかしたら少々歩留まりも良くなるかもしれません)実っている絶対量は変わらないので、収量も大きくは変わらないと思うのですけど・・・

もう1つ気になったのは、このPRECISION LAND MANAGEMENT (PLM)というもの。
もう1つ気になったのは、このPRECISION LAND MANAGEMENT (PLM)というもの。
最後はここです。バリカン部分が地面に沿ってうねっているように見えます。もしかしたらこいつのバリカンは地面の形に添うようにフレキシブルなものなのかもしれません。どんな作りになっているのでしょう・・・おもしろいなぁ。
最後はここです。バリカン部分が地面に沿ってうねっているように見えます。もしかしたらこいつのバリカンは地面の形に添うようにフレキシブルなものなのかもしれません。どんな作りになっているのでしょう・・・おもしろいなぁ。
2枚目の写真に行きます。こちらは窓ガラスにFR FORAGE CRUISERと書いてあります。飼料収穫機のようですね。見慣れない刈取り部がついています。
2枚目の写真に行きます。(ぶれちゃってます)こちらは窓ガラスにFR FORAGE CRUISERと書いてあります。飼料収穫機のようですね。見たことのない刈取り部がついています。
ギャラリーに作業している写真がありました。あ!これは牧草を裁断しているのかも。ロールベーラーの取込み口に少し似ています。
ギャラリーに作業している写真がありました。あ!これは牧草を裁断しているのかも。ロールベーラーの取込み口に少し似ています。
最後の写真です。気になったのはひとつ。タラップに書いてあるINTELLIFILL™と言うロゴ。
最後の写真です。気になったのはひとつ。タラップに書いてあるINTELLIFILL™と言うロゴ。
調べてみると、収穫した飼料をトレーラーにこぼさずに入れるためのカメラベースの収穫物排出口の制御システムみたいです。映像などで見てもトレーラーとコンバイン、息がぴったりで「よくこぼさないなぁ」と思っていました。やっぱり高い集中と熟練の必要な作業だったみたいです。刈取りながら運転しながら排出口の操作もしなくちゃいけないのは負担が大きいですから、このようなお任せシステムがあったらそれはそれはラクですよねぇ。
調べてみると、収穫した飼料をトレーラーにこぼさずに入れるためのカメラベースの収穫物排出口の制御システムみたいです。

映像などで見てもトレーラーとコンバイン、息がぴったりで「よくこぼさないなぁ」と思っていました。やっぱり高い集中と熟練の必要な作業だったみたいです。

刈取りながら運転しながら排出口の操作もしなくちゃいけないのは負担が大きいですから、このようなお任せシステムがあったらそれはそれはラクですよねぇ。

あ!こんな時間になってしまった・・・今日はここまでです。また明日!