やはりパルシード顔はこちら。三菱MT2201よお前もか「おうちで撮りトラ」

今日はクボタ教のNさんに送ってもらった、三菱パルシードMT2201「おうちで撮りトラ」です。僕の好きだった初代(と便宜的にそう呼びましょう)MT2201は、サクッと顔をすげ替えられていたことがわかりました。

少しおさらいをします。僕の中ではMT2201と言えば、フラットデッキとこの顔でした。
昭和58年(1983年)2月発行、22馬力の2201/2201D、25馬力の2501/2501Dのカタログです。末尾にDの付かないものが2駆、末尾にDの付いたものが四駆です。
昭和58年(1983年)2月発行、22馬力の2201/2201D、25馬力の2501/2501Dのカタログです。末尾にDの付かないものが2駆、末尾にDの付いたものが四駆です。
ところが、こちらがNさんが送ってくれた写真なのですが、MT2201に違う顔がありました。先日のMT2801と全く同じ顔です。
こちらがNさんが送ってくれた写真なのですが、同じMT2201でも違う顔がありました。先日のMT2801と全く同じ顔です。
薄々はそう思っていましたが、30年近く引き継がれたロボット顔とも言える三菱の顔。その顔に初代パルシードもすげ替えられていたのです。

少し比べてみます

こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。MT2201と4WDの文字。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。MT2201と4WDの文字。
1983年のカタログによれば、三菱トラクタMT2201Dは三菱K4D水冷4気筒ディーゼル1305cc、22馬力/2400rpm。
こちらが僕の見たMT2201D。横から見た形は全く一緒。顔だけ違います。サイドのラインの色の順番も違います。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。 四駆には4WDの文字。サイドのラインの順番は上から黒/黄/赤です。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。 四駆には4WDの文字。

サイドのラインの順番は上から黒/黄/赤です。
引き揚げてきてそのまま並べていると思われる中古屋さんのヤードの中で結構その姿は光ってました。ドイツカラーのサイドのラインも効いています。
こちらが僕の見たMT2201D。四駆には「D」という記号が割り当てられています。

サイドのラインの順番は上から黄/赤/黒です。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。  うまいこと初代パルシードの顔をラインナップ全体に通底するロボット顔に変えました。
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。

うまいこと初代パルシードの顔をラインナップ全体に通底するロボット顔に変えました。
1983年のカタログによれば、三菱トラクタMT2201Dは三菱K4D水冷4気筒ディーゼル1305cc、22馬力/2400rpm。カタログの写真に比べてすごく水色っぽいですが、このほうが似合ってますね!
こちらが僕の見たMT2201D。

ライトの納まっていた張り出したライトケースは、ロボット顔ではただのグリルに変更されていますね。
お面のすげ替えアニメーション。 これを見たらgifアニメを作りたくなってしまいました。寄り道ばかりしているからなかなか話が進まないです。
お面のすげ替えは何も今に始まったことではなく、ずいぶん昔からやっていたということが判明しました。

初代パルシードはイーグルチェンジのようにチェンジされてしまっていた・・・どういうことでしょう。

根拠なく想像させてもらうと・・・

なかなかカッコいいです。(カタログより)MT2201二輪駆動。カタログは1983年のものですが、農研機構のサイトによると同じ仲間と思われるMT1401やMT1601などの登録が1980年です。もしかしたらMT2201も1983年よりは前に発売されたものかもしれませんね。エンジンは三菱4KD型水冷4気筒1305cc、22馬力/2400rpmとなっています。
当初、大きいトラクターのラインナップは初代パルシード顔(あくまで想像)
農研機構の登録は1980年。この前のモデル「マイサン」の生産は1978年〜1980年ですから、ちょうど引き継いだ感じになります。(このカタログは1983年のもの)
そして小さなトラクターのラインナップはnewマイサン顔で行く予定だった(あくまで想像)
三菱トラクター MTE2000D
ところがnewマイサン顔のほうの評判がことのほか良かった・・・(あくまで想像)
こちらがNさんが送ってくれた三菱パルシード、MT2201の写真。 うまいこと初代パルシードの顔をラインナップ全体に通底するロボット顔に変えました。
そこでわざわざ重厚に力強く作り上げていた初代パルシードの顔をnewマイサン顔に変えてしまい、パルシードのラインナップをすべてnewマイサン顔で統一してしまった。(あくまで想像)

こんな想像はどうでしょう?そう考えなければその後のパルシード顔の広がりと、初代パルシードの顔の変化の説明がつかないような気がするんです。

今日はこんなところです。また明日!

一言いえば100万円(償還期間は最長二年)オイルショック下のヤンマーローン。

1974年10月に勃発した第四次中東戦争が原因で70%高に引き揚げられた原油価格は、1974年には日本の消費者物価指数を23%押し上げたそうです。

今日はShioikaさんに送ってもらった1974(昭和49)年1月のものと思われる、ヤンマー昔のカタログです。

1974年10月に勃発した第四次中東戦争が原因で70%高に引き揚げられた原油価格は、1974年には日本の消費者物価指数を23%押し上げたそうです。
1974年10月に勃発した第四次中東戦争が原因で70%高に引き揚げられた原油価格は、1974年には日本の消費者物価指数を23%押し上げたそうです。

そして、そのわずか2ヶ月後のヤンマーのカタログに『一滴の油を大切に!燃料報国で食料事情に奉仕するヤンマー』とカタログに入れさせる、まさにショックとなっています。

すっかり暗いスローガンなのかと思ったらそうじゃなかった

ヤンマーの社史である「豊穣無限」(ヤンマー農機20年のあゆみ)という本に何かオイルショックに関する記述がないか探したら、なかなか興味深いことが書いてありました。

第一次オイルショックと狂乱物価

中略

前年の47年には、ソ連、中国、インドをはじめ世界各国が異常気象による干ばつと水害で、農産物は世界的な凶作に見舞われていた。農産物の国際価格は急騰し、主要輸出国が輸出制限や輸出禁止をするなどの事態がはじまっていた。このため世界各国で食料への関心が急激に高まると同時に、将来展望として、世界の食料需給が危うい状況を迎えるかもしれないという議論が、やかましくもちあがった。これ以来、石油と食料は国家戦略、世界戦略物資として、政治色の強い商品となった。

「豊穣無限」(ヤンマー農機20年のあゆみ)P41

う〜ん・・・戦略物資である石油を使い、戦略物資である食料をつくる・・・

まさにその認識にぴったりのスローガンが『一滴の油を大切に!燃料報国で食料事情に奉仕するヤンマー』です。

唐突なように感じたスローガン、実はとてもリーズナブルなものだったというわけです。

そして最初のページです。 僕はこのヤンマーローンというのに引っかかりました。
そしてそのカタログ最初のページです。 僕はこのヤンマーローンというのに引っかかりました。これがなかなかおもしろいシステム。

見にくいかもしれないので書き出します。

全国の農家のみなさまに、一日も早く生産性の高い(ヤンマー製品)を、ご利用いただこうと〈ヤンマーローン〉を実施しています。〈ヤンマーローン〉は〈ヤンマー製品〉をご購入の際、ヤンマーが保証人となって、今すぐヤンマー農業機械が使用でき、お支払は下表の通り、ご都合の良い時期にお支払いください。

●無担保です
ヤンマーが保証人となっていますから、土地や債券などの担保は不要です。

●ご融資は〈4万円から50万円まで〉
4万円以上、50万円までを千円単位でご融資します

●お申し込みは
ヤンマーの特約店で、一言〈ヤンマーローン〉でと、お声をおかけください。一切の手続きはヤンマー特約店が行ないます。


これで最長2年の間にお金を返せばよいということでした。これって、毎月いくら・・・とかではなく、ある時に払えばいいんですよね?

おもしろいなあ

調べてみると1974年の大卒初任給は78,700円。今の価値に変換すると165,570円だそう。つまり、だいたい倍ということですから、借りられる最高50万円は今でいうと100万円。

100万円、あるとき払いの無担保で借りられるというわけです。

ある意味土地に縛られている農家の人たち対象だから、取りっぱぐれはないのかもしれませんがオイルショックなのに太っ腹だなあ・・・と思っていたら、先ほどの「豊穣無限」にこんな記述がありました。

業界、活況を呈す

世界中を一夜で駆け抜けたオイルショックで、国内のほとんどの産業はたちまち減速経営に突き落とされたが、ひとり農業だけは食料自給の責任を担う意気込みで活力を取り戻していた。ちょうど高性能農業機械がさながら百花繚乱といえる状況で普及しだしていた矢先のことであった。新形農業機械の大量需要が一度に噴き出してきたような感であった。

「豊穣無限」(ヤンマー農機20年のあゆみ)P42

「百花繚乱」「大量需要が一度に噴き出し」ガッポガポのウハウハな感じがものすごく出ています。

心はニヤニヤ、しかし表向きには「国のためにやっていますよ」というテイストで『一滴の油を大切に!燃料報国で食料事情に奉仕するヤンマー』となる・・・まさに必然ですね!

戦略物資を効率良く作ってもらうために、農業機械をたくさん売る。

そのためには手元資金が怪しくてもあるとき払いで買ってもらう・・・〈ヤンマーローン〉

売り時とローンはセットですねぇ

すっかりヤンマーのスローガンが胸に落ちました。今日はこんなところです。また明日!