一言いえば100万円(償還期間は最長二年)オイルショック下のヤンマーローン。

1974年10月に勃発した第四次中東戦争が原因で70%高に引き揚げられた原油価格は、1974年には日本の消費者物価指数を23%押し上げたそうです。

今日はShioikaさんに送ってもらった1974(昭和49)年1月のものと思われる、ヤンマー昔のカタログです。

1974年10月に勃発した第四次中東戦争が原因で70%高に引き揚げられた原油価格は、1974年には日本の消費者物価指数を23%押し上げたそうです。
1974年10月に勃発した第四次中東戦争が原因で70%高に引き揚げられた原油価格は、1974年には日本の消費者物価指数を23%押し上げたそうです。

そして、そのわずか2ヶ月後のヤンマーのカタログに『一滴の油を大切に!燃料報国で食料事情に奉仕するヤンマー』とカタログに入れさせる、まさにショックとなっています。

すっかり暗いスローガンなのかと思ったらそうじゃなかった

ヤンマーの社史である「豊穣無限」(ヤンマー農機20年のあゆみ)という本に何かオイルショックに関する記述がないか探したら、なかなか興味深いことが書いてありました。

第一次オイルショックと狂乱物価

中略

前年の47年には、ソ連、中国、インドをはじめ世界各国が異常気象による干ばつと水害で、農産物は世界的な凶作に見舞われていた。農産物の国際価格は急騰し、主要輸出国が輸出制限や輸出禁止をするなどの事態がはじまっていた。このため世界各国で食料への関心が急激に高まると同時に、将来展望として、世界の食料需給が危うい状況を迎えるかもしれないという議論が、やかましくもちあがった。これ以来、石油と食料は国家戦略、世界戦略物資として、政治色の強い商品となった。

「豊穣無限」(ヤンマー農機20年のあゆみ)P41

う〜ん・・・戦略物資である石油を使い、戦略物資である食料をつくる・・・

まさにその認識にぴったりのスローガンが『一滴の油を大切に!燃料報国で食料事情に奉仕するヤンマー』です。

唐突なように感じたスローガン、実はとてもリーズナブルなものだったというわけです。

そして最初のページです。 僕はこのヤンマーローンというのに引っかかりました。
そしてそのカタログ最初のページです。 僕はこのヤンマーローンというのに引っかかりました。これがなかなかおもしろいシステム。

見にくいかもしれないので書き出します。

全国の農家のみなさまに、一日も早く生産性の高い(ヤンマー製品)を、ご利用いただこうと〈ヤンマーローン〉を実施しています。〈ヤンマーローン〉は〈ヤンマー製品〉をご購入の際、ヤンマーが保証人となって、今すぐヤンマー農業機械が使用でき、お支払は下表の通り、ご都合の良い時期にお支払いください。

●無担保です
ヤンマーが保証人となっていますから、土地や債券などの担保は不要です。

●ご融資は〈4万円から50万円まで〉
4万円以上、50万円までを千円単位でご融資します

●お申し込みは
ヤンマーの特約店で、一言〈ヤンマーローン〉でと、お声をおかけください。一切の手続きはヤンマー特約店が行ないます。


これで最長2年の間にお金を返せばよいということでした。これって、毎月いくら・・・とかではなく、ある時に払えばいいんですよね?

おもしろいなあ

調べてみると1974年の大卒初任給は78,700円。今の価値に変換すると165,570円だそう。つまり、だいたい倍ということですから、借りられる最高50万円は今でいうと100万円。

100万円、あるとき払いの無担保で借りられるというわけです。

ある意味土地に縛られている農家の人たち対象だから、取りっぱぐれはないのかもしれませんがオイルショックなのに太っ腹だなあ・・・と思っていたら、先ほどの「豊穣無限」にこんな記述がありました。

業界、活況を呈す

世界中を一夜で駆け抜けたオイルショックで、国内のほとんどの産業はたちまち減速経営に突き落とされたが、ひとり農業だけは食料自給の責任を担う意気込みで活力を取り戻していた。ちょうど高性能農業機械がさながら百花繚乱といえる状況で普及しだしていた矢先のことであった。新形農業機械の大量需要が一度に噴き出してきたような感であった。

「豊穣無限」(ヤンマー農機20年のあゆみ)P42

「百花繚乱」「大量需要が一度に噴き出し」ガッポガポのウハウハな感じがものすごく出ています。

心はニヤニヤ、しかし表向きには「国のためにやっていますよ」というテイストで『一滴の油を大切に!燃料報国で食料事情に奉仕するヤンマー』となる・・・まさに必然ですね!

戦略物資を効率良く作ってもらうために、農業機械をたくさん売る。

そのためには手元資金が怪しくてもあるとき払いで買ってもらう・・・〈ヤンマーローン〉

売り時とローンはセットですねぇ

すっかりヤンマーのスローガンが胸に落ちました。今日はこんなところです。また明日!

田植機の決定版は他社とほぼ同じ仕様。ヤンマー田植機YP2伊吹カタログ裏面

カタログには突然ツバメが登場します。

今日はShioikaさんからいただいた昔のヤンマー田植機、YP2伊吹カタログ裏面写真です。

伊吹YP2は1972年12月発売。この時点でヤンマーは、当時行なわれていた育苗方式のかなりの部分をカバーできる田植機を揃えていたということになります。「どのお宅でも田植えをすぐに機械化できた」ということですよね!
そのカタログの裏面です。カラーの部分で♡をつかんで、裏面でしっかり説明というごくあたりまえの作りのカタログです。
そのカタログの裏面です。カラーの部分で♡をつかんで、裏面でしっかり説明というごくあたりまえの作りのカタログです。

条件としては稚苗〜中苗の箱育苗。中苗〜成苗(木枠育苗)の露地育苗まで対応できると謳っています。

また、左右独立の自動スウィング装置で耕盤の浅い深いや、畔際などで左右の深さが違う時にも安定して植付けできると謳っています。

カタログには突然ツバメが登場します。
カタログには突然ツバメが登場します。それほどスペースが余っているわけでもないのに、おもしろいですね。でもかわいい!

しっかり説明部分、もう少し確認します。

以前いただいたYP2単独のカタログでこのあたりをさらに確認してみます。
1Pよりは2P・・・情報量が多いだけに、こちらの説明のほうが繊細です。
1Pよりは2P・・・情報量が多いだけに、こちらの説明のほうが繊細でより詳しく説明されています。突然出てくるシリーズ、こちらは田んぼにチョウチョです。ツバメは実際に見たことがありますが、チョウチョはありません・・・

4.の部分、畔際の処理装置の部分で「他社との違い」が出ています。YP2が発売される前年に先行して販売されたイセキのPF20のことなのでしょうね・・・せっかくなので両者を比べてみます。

イセキPF20のスペックはこの記事の時に大体わかっています。

ヰセキ田植機PF20
●エンジン 4サイクルヰセキKF344・出力2.5ps
●機体寸法 全長1940mm・全巾900mm・全高810mm
●重量 65kg
●走行方法 2輪フロート式、サイドクラッチ付
●能率 60分/10アールあたり
●育苗方式 ばらまき苗 苗令2.0〜2.5葉、10cm〜18cm
●栽植密度 2条並木植え、条間30(PF20Aのみ33)

『伊吹』 YP2

全長:1900〜2000mm
全高:7980〜890mm
全幅:880mm
重量:70kg
植付け条数:2
植付け感覚:30cm
植付け株間:10、12、14、16、18、20cm
植付け株数:3.3㎡あたり100、90、80、70、60、50株
植付け深さ:2〜5(3段)cm
作業速度:0.3〜0.6m/sec
空冷4サイクルガソリンエンジン1.6PS/1800rpm〜2.4PS/2100rpm

伊吹のほうが重さで5キロ重いですが、苗は20cmの大きさまで植えられます。しかし、ほとんど違いは見られません。「他社との違い」で書かれていた自動スウィング装置の部分はどうでしょう・・・

{特長} ①ばらまきマット苗を使用。 ②走行部は2輪駆動の自動スイング式を採用、耕深にあわせ適宜自動スイングすることにより、常時、適正な牽引力を保つ。 ③フロートが大きく、しかも自動スイングするため植付ける地面への接地圧が一定で、安定した植付け性能が得られる。
{特長} ①ばらまきマット苗を使用。 ②走行部は2輪駆動の自動スイング式を採用、耕深にあわせ適宜自動スイングすることにより、常時、適正な牽引力を保つ。 ③フロートが大きく、しかも自動スイングするため植付ける地面への接地圧が一定で、安定した植付け性能が得られる。

自動スイング式は同じで、その動作範囲も深さ5cm〜30cmととりたてて違いが見られません。

しかし、左右の違いについては記載がないので、伊吹のカタログにあったように畔際では耕盤深さの左右差を吸収できなくて田植機が傾いてしまうのかもしれません。

両者は畔ぎわの振る舞いぐらいしか違いのない、大変よく似た機構と性能だったということなのかもしれません。

軽くて田んぼの上を滑り、特別な育苗方式が要らず、価格も先行他社に決められているとなると、できることは限られてきますよね。

ひも苗式というユニークな育苗方式で機械化の先鞭をつけ、さらに普及しつつあったマット苗式田植機ができたので、結果すべての苗タイプをカバーする田植機ラインナップが完成・・・

ということで僕がひも苗式(田植機の王者として)とマット苗式が両方載った田植機カタログを見ることができたわけです。

今日はこんなところです。また明日!