施肥機つきのコマツナの播種機クボタTA700N+コンビシーダ「撮りトラ?」

全体のレイアウトはこんな感じ。6条まきなんですね。

今日は友人のところで見た、施肥機つきのコマツナの播種機クボタTA700N+コンビシーダ「撮りトラ?」です。

「最新式だぞー」と自慢していましたが、僕としては施肥機も付いた豪華な機能もそうですが、その使い方が(バックで使う)おもしろいと思いました。

これからコマツナを始める友人が機械を買ったというので見てきました。コマツナの種を播く播種機です。施肥も同時にやってくれる機械だそうです。
これからコマツナを始める友人が機械を買ったというので見てきました。コマツナの種を播く播種機です。施肥も同時にやってくれる機械だそうです。
クボタのサイトに見に行ったら、僕の見たのと形が違います。アタッチメントが付いていないとこんなにシンプルなんですね。
クボタのサイトに見に行ったら、僕の見たのと形が違います。アタッチメントが付いていないとこんなに形がシンプルなんですね。
クボタのTA700Nに小松菜用の播種機の付いたもので、おもしろいのはこれをバックで使うこと。
クボタのTA700Nに小松菜用の播種機の付いたもので、おもしろいのはこれをバックで使うこと。
機械を見ただけで、使っているところを見たわけではないため、そのようすをクボタのWEBサイトで探してみました。静止写真で前に進んでいるように見えるかもしれません。でもバックで使うんです。自分の足跡が残らず、調子がいいそうです。
機械を見ただけで、使っているところを見たわけではないため、そのようすをクボタのWEBサイトで探してみました。静止写真で前に進んでいるように見えるかもしれません。でもバックで使うんです。自分の足跡が残らず、調子がいいそうです。

「バックで使うのはやりにくくないの?」と聞くと、「あたりのラインを見ながらだから気にならない」そうです。

前進で播く機械もあるのだそうですが、足跡にタネが入ってしまうと生育にバラツキが出るので、このようにバックで播くほうが仕上がりもきれいでバラツキも少ないみたいです。

施肥機はこれ。ピンポイントでタネの場所に肥料を入れる能力に持ち主さんは驚いていました。
施肥機はこれ。ピンポイントでタネの場所に肥料を入れる能力に持ち主さんは驚いていました。
ここから・・・
ここから・・・
このベルトで駆動されて肥料が落ちる感じ
このベルトで駆動されて肥料が落ちる感じ
タネはここ
タネはここ
中にこのように入っています。タネ同士くっつかないように、粉をまぶすのだそうです。
中にこのように入っています。タネ同士くっつかないように、粉をまぶすのだそうです。
全体のレイアウトはこんな感じ。6条まきなんですね。
全体のレイアウトはこんな感じ。6条まきなんですね。
コンビ
コンビ
シーダ
シーダ

今日はこんなところです。また明日!