ほぼ瞬間芸。今日の小ネタはホーロー看板

昔の写真を眺めていて一瞬でも引っかかりのあったもの。今日の超小ネタはホーロー看板です。

ホーロー看板です。昔のものは長持ちしますから、「おっ」というものが残っていますよね。世界長の会社正式名は世界長ユニオンというのだそうです。引っかかりその1は地下タビなのに「じかたび」と皆呼んでるよなぁ。ということです。もしかしたら僕の聞き間違いかもしれないと、調べてみました。
ホーロー看板です。昔のものは長持ちしますから、「おっ」というものが残っていますよね。世界長の会社正式名は世界長ユニオンというのだそうです。引っかかりその1は地下タビなのに「じかたび」と皆呼んでるよなぁ。ということです。もしかしたら僕の聞き間違いかもしれないと、調べてみました。

Wikipediaによれば地下足袋は「じかたび」で、「地下」は当て字である・・・と言い切っています。注釈には、地下足袋メーカーの力王のサイトでは「地下の炭鉱でも使えることから」という起源説を紹介している・・・とあるのでハッキリとしたきっかけがあったわけではないようです。

つちや、丸五、世界長・・・Wikipediaには

現在日本国内販売は、そのシェアの6~7割を占める株式会社力王(1948年設立 本社東京都)と約3割を占める株式会社丸五(1919年創業 本社岡山県倉敷市)による寡占市場である。

とありますが、きっと昔はミシンや発動機のようにたくさんんおメーカーがあったのでしょう。それが今やたったの2社まで減ってしまったわけです。お気に入りの足袋会社がなくなって不便をした消費者もいるとは思いますが、概ね足袋を必要としている方々には行き渡っている感じ・・・
かつて多くの足袋製造会社があり、それが2つになってしまっても普通に世の中が回っているということがちょっと悲しいです。(足袋会社の数が減ったことによって僕が何か不利益をこうむったわけではありませんし、今までそんなことを考えたこともなかったのですけどね。)
つちや、丸五、世界長・・・Wikipediaには

現在日本国内販売は、そのシェアの6~7割を占める株式会社力王(1948年設立 本社東京都)と約3割を占める株式会社丸五(1919年創業 本社岡山県倉敷市)による寡占市場である。

とありますが、きっと昔はミシンや発動機のようにたくさんんおメーカーがあったのでしょう。それが今やたったの2社まで減ってしまったわけです。お気に入りの足袋会社がなくなって不便をした消費者もいるとは思いますが、概ね足袋を必要としている方々には行き渡っている感じ・・・
かつて多くの足袋製造会社があり、それが2つになってしまっても普通に世の中が回っているということがちょっと悲しいです。(足袋会社の数が減ったことによって僕が何か不利益をこうむったわけではありませんし、今までそんなことを考えたこともなかったのですけどね。)
こちらも最近見ることのないもの・・・(何という名前ですか?牛乳ポスト?牛乳受け?)このメーカーも減ったよなあ・・・と思って調べてみると、乳製品を作っている会社こそ、ここにもあるように明治と森永と雪印メグミルクの3社ですが、牛乳を生産しているメーカーとしては404社もあるみたいです。(もしかしたらこれでかなり減っていて、404社も・・・ではなくて404社しか・・・なのかもしれませんけど)
こちらも最近見ることのないもの・・・(何という名前ですか?牛乳ポスト?牛乳受け?)このメーカーも減ったよなあ・・・と思って調べてみると、乳製品を作っている会社こそ、ここにもあるように明治と森永と雪印メグミルクの3社ですが、牛乳を生産しているメーカーとしては404社もあるみたいです。(もしかしたらこれでかなり減っていて、404社も・・・ではなくて404社しか・・・なのかもしれませんけど)
ホーロー看板・・・ずいぶんいっぱいあるものです。サイズも大きいものから小さいものまで様々。今日の引っかかりその2はこの中にあります。

ホーロー看板・・・ずいぶんいっぱいあるものです。サイズも大きいものから小さいものまで様々。今日の引っかかりその2はこの中にあります。
拡大したものがこれ。地下足袋も近所の年長者のMさんやSさんが使っているのを見たことがあるので農業になじみが深いでしょうが、これらはそのもの。コンコー発動機とスピー助成号耕耘機の看板です。
拡大したものがこれ。地下足袋も近所の年長者のMさんやSさんが使っているのを見たことがあるので農業になじみが深いでしょうが、これらはそのもの。コンコー発動機スピー助成号耕耘機の看板です。

強烈なインパクト スピー助成号耕耘機

僕にとって一番のインパクトはやはり『スピー』です。スピードに引っ掛けているのでしょうか? 最後に伸ばし棒で終る商標は数々あれど、こんな風船の空気が抜けるような、力の抜けた商標はそうそうないのではないでしょうか?

おまけにサブタイトルが「助成号」です。いや、メーカーがスピーで、耕耘機が商品カテゴリなのだから「助成号」は商品名です。クルマだったらアルファードとか、トラクターだったらスラッガーという部分ですよね?

国から何か助成があるから助成号?だとしたらものすごく直裁でやらしい表現・・・「耕耘機があなたを助けて成功させますよ」という意味だと思いたいです。

スピーという看板、先のホーロ看板集合写真の拡大に見えていたとおもいます。有名メーカーなのでしょうが、現物はネットで探してもいくらもありませんでした。国立科学博物館の産業技術史データベースです。製造年は1954年とありますので、かなり古いものです。
スピーという看板、先のホーロ看板集合写真の拡大に見えていたとおもいます。有名メーカーなのでしょうが、現物はネットで探してもいくらもありませんでした。国立科学博物館の産業技術史データベースです。製造年は1954年とありますので、かなり古いものです。

「スピー」という会社、今はどうしているのでしょう・・・きっとどこかにDNAが残っているはずだと思うのですが・・・

もう一つはコンコー発動機

コンコー発動機のほうはすぐに見つかりました。合資会社金光鉄工所が製造し、金光発動機販売株式会社が販売していたというのが看板から読み取れます。その道の人にはよく知られた発動機なのでしょう。結構な数の写真がネットに上がっています。

たくさんあった発動機メーカーも、今では僕の知っているような有名大メーカーの数社になってしまって、こちらもきっとそんなに困っている人はいな・・・(います?)

まあ、とにかく自分に限っていえば、かつていろいろなものにたくさんのメーカーがあって、きっとそれぞれ個性があって楽しかったろうに、僕が知っているのは現在の数社だけ。

やむを得ない事情があったのでしょうけど、選択肢が少なくて悲しいなあ・・・と思う次第です。おしまい。

それではまた明日!

昔の人は力持ち。ヤマサ・クランク式&クローラ耕うん機

上の写真のカマボコ状のクランクカバー部分を拡大しています。『許式サマヤ特』とあります。なんと右書きです。これは一体どういうことでしょう。かなり古い機械だということは間違いなさそうです。

今日は千葉県の伊藤産業機械さんに連れて行っていただいた、私設の農機具歴史資料館で見た、見るからにヘビーなヤマサという会社のクランク式&クローラ耕うん機です。

僕の耕うん機のイメージをひっくり返す大きさと形・・・まずクローラタイプというのに驚かされます。きっとすごく重いので履帯じゃないと持たないのでしょう。昔は道路も舗装されていなかったでしょうから、鉄のキャタピラでも問題なかったでしょうが、圃場間の移動には時間ががかかったでしょうね・・・
僕の耕うん機のイメージをひっくり返す大きさと形・・・まずクローラタイプというのに驚かされます。きっとすごく重いので履帯じゃないと持たなかったのでしょう。昔は道路も舗装されていなかったでしょうから、鉄のキャタピラでも問題なかったと思います。しかし、圃場間の移動には時間ががかかったでしょうね・・・
一応キャプションがあって、ヤマサ式クランク型耕耘機 昭和26年頃 とあります。
一応キャプションがあって、ヤマサ式クランク型耕耘機 昭和26年頃 とあります。
上の写真のカマボコ状のクランクカバー部分を拡大しています。『許式サマヤ特』とあります。なんと右書きです。これは一体どういうことでしょう。かなり古い機械だということは間違いなさそうです。
上の写真のカマボコ状のクランクカバー部分を拡大しています。『許式サマヤ特』とあります。なんと右書きです。これは一体どういうことでしょう。かなり古い機械だということは間違いなさそうです。
この機体の最大の特長はこのクランク式の耕耘部。2本が対になった爪が6セット、互い違いに土を引っ掻いて土を起こす仕組みのようです。実際に現場で測ったわけではありませんが、思い返すと幅1000mmくらいあったのではないかと思います。つまりかなり幅が広いです。この機械をコントロールするのはかなりの腕力が必要だったのではないでしょうか?
この機体の最大の特長はこのクランク式の耕耘部。2本が対になった爪が6セット、互い違いに土を引っ掻いて土を起こす仕組みのようです。二本の爪は後ろに見える櫛のような篩のような回転する部品をくぐって、土を砕くようにできているみたいです。実際に現場で測ったわけではありませんが、思い返すと幅1000mmくらいあったのではないかと思います。つまりかなり幅が広いです。すごく重い機械でしょうし、動力があるとはいえ、この機械をコントロールするのはかなりの腕力が必要だったのではないでしょうか?昔の人は相当腕っ節が強かったとしか思えません。
色々な部分がチェーンでつながれています。これが動くとあちこちガチャガチャ動いて賑やかだったでしょうね。
色々な部分がチェーンでつながれています。これが働く時はあちこちガチャガチャピョコピョコ動いて賑やかだったでしょうね。
履帯部分です。
履帯部分です。
エンジンはクボタ製みたいでした。
エンジンはクボタ製みたいでした。

耕耘機、今はこのようなタイプは見ることがありません。どういう理由かわかりませんが、当時だって意欲的な機械だったのでしょうね。

ここには「スクリュー」と書かれたロゴが浮き出ています。フルカーにスクリュー・・・きっと一世を風靡したに違いない。スクリューは良かったのではないでしょうか? 何かの理由で現在は主流になっていませんけど。
そういえば以前スクリュー式の耕耘機を見ました。ロータリーに落ち着くまでは色々な方式が試されたのかもしれません。
ホーローの看板が・・・「古川式スクリュー耕耘機」 古川式→ふるかわ→フルカー だったんです!愛称ですね!
ホーローの看板・・・「古川式スクリュー耕耘機」 古川式→ふるかわ→フルカー だったんです!愛称ですね!

変わった機械を見るとテンション上がります。今日はこんなところです。また明日!