トラクターというよりロボット!DEUTZ FAHR WARRIOR 9340TTV「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日は先日の続き、hokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、DEUTZ-FAHRのWARRIOR 9340TTV T4F「撮りトラ」です。

 

DEUTZ FAHR WARRIOR 9340TTVです。

DEUTZ FAHR WARRIOR 9340TTVです。

 

一部を切り取ったものではありますが、顔と足の間にぎっしりとメカが詰まった体のロボット・・・

一部を切り取ったものではありますが、顔と足の間にぎっしりとメカが詰まった体のロボット・・・

 

巨大なトラクターは、前後のタイヤの直径が同じくらいという特長があるように思います。そのようなトラクターはなぜかカニがタマゴをみっちり抱えているように、お腹にメカをみっちり抱えているように見えます。

巨大なトラクターは、前後のタイヤの直径が同じくらいという特長があるように思います。そのようなトラクターはなぜかカニがタマゴをみっちり抱えているように、お腹にメカをみっちり抱えているように見えます。

 

イメージ通りの写真を探したのだけどありませんでした。

イメージ通りの写真を探したのだけどありませんでした。

 

DEUTZ_FAHR_WARRIOR_9340TTV

エンジン形式             |Deutz TCD 7.8L 06 Tier 4Final
シリンダー数/排気量/バルブ数     |6/7,775cc/4
インジェクション方式         |コモンレール2,000bar
排気ガス浄化システム         |クールドEGR(排気ガス還流)
                    SCR(選択式触媒還元)
                    パッシブDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)
定格回転数              |2,100rpm
定格出力ECE R120          |232kW / 316PS
最大出力ECE R120          |247kW / 336PS
燃料タンク/AdBlue®容量(L)    |600/55
リヤPTO(rpm )            |540ECO/1,000/1,000ECO
フロントPTO(rpm )          |1,000(オプション)
油圧システム             |クローズドセンター・ロードセンシング
最大流量(L/分)           |210
外部油圧バルブ数           |6系統(オプション最大8系統)
リヤリフト/フロントリフト最大揚力(kg)|12,000/5,000
リヤリフト装着方式          |クローエンド3点リンク3型
牽引装置               |スイングドローバー CAT4
変速方式               |CVTパワーシャトル
変速段数               |無段階
クラッチ方式             |ZFテラマチックTMT32 湿式多板油圧式
かじ取り方式             |ハイドロスタティック 最大50°
フロントアクスル制御         |電子制御デフロック・サスペンション・ASM自動制御
ブレーキ形式             |ブースターブレーキ・EPB電子パーキングブレーキ

なんと最大336馬力!

 

奇跡的に誰も近くにいない瞬間を撮った写真です。乗り込むための台がついていますが、この高さ、ほぼ大人の身長くらいあります。タイヤ径がそれくらいあるということなんですね!

奇跡的に誰も近くにいない瞬間を撮った写真です。乗り込むための台がついていますが、この高さ、ほぼ大人の身長くらいあります。タイヤ径がそれくらいあるということなんですね!

 

そのタイヤ(後輪)。710/70R 42

そのタイヤ(後輪)。710/70R 42

 

前輪。650/60R 34

前輪。650/60R 34

 

前後タイヤの間には600Lの燃料タンクと、55Lのアドブルーのタンクが挟まっています。ここのボリューム、以前見たDEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTVとかなり違います。400L燃料タンクと50Lアドブルータンクの違いでしょうか・・・

前後タイヤの間には600Lの燃料タンクと、55Lのアドブルーのタンクが挟まっています。ここのボリューム、以前見たDEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTVとかなり違います。400L燃料タンクと50Lアドブルータンクの違いでしょうか・・・下には輪留めが収納されているのでしょうか???

あっ!このステップ、引っぱると手前斜めに出てくるのではないでしょうか?これじゃ登りにくいですものね。すごいなあ・・・

 

お祭りみたいにTrelleborgのロゴが踊っているのと、青い尿素タンクが目につきます。黒もカッコいいですね!

DEUTZ-FAHRのWARRIOR 7250TTV T4Fです。燃料タンクのサイズ、やっぱりかなり小さく見えます。

 

話は戻ってDEUTZ FAHR WARRIOR 9340TTVの600L燃料タンクには見やすいゲージもついてます。これはいいなあ・・・透明のパイプで油量を見るタイプをトラックの燃料タンクなどで見かけることがありますが、背景がたいてい暗いので見にくいです。これなら背景が白で見やすいですね!

話は戻ってDEUTZ FAHR WARRIOR 9340TTVの600L燃料タンクには見やすいゲージもついてます。これはいいなあ・・・透明のパイプで油量を見るタイプをトラックの燃料タンクなどで見かけることがありますが、背景がたいてい暗いので見にくいです。これなら背景が白で見やすいですね!

 

フロントタイヤ、太いなあ。ワイドも相当広いです。

フロントタイヤ、太いなあ。ワイドも相当広いです。

 

 

どうせ消えちゃうけど、リブにはいちいち650/60 R 34 と書いてあります。後ろにはランボルギーニもクボタもそれからジョンディア、ニューホランドも採用している、ロディちゃんのピボットフェンダーが見えますね!

どうせ消えちゃうけど、リブにはいちいち650/60 R 34 と書いてあります。後ろにはランボルギーニもクボタもそれからジョンディア、ニューホランドも採用している、ロディちゃんのピボットフェンダーが見えますね!

動くフロントフェンダーはLODI

 

やっぱりLODIでした。ロゴも全然違います。見つからないわけです。

このメーカーです。

 

ロディという1958年創業のイタリアはファッブリコというところにあるmechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryというのを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃうんですが、想像するに、木工ではなく、形になった製品というより、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな・・・と思います。

ロディは、1958年創業のイタリアはファッブリコというところにある、mechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃいます。想像するに形になった製品ではなく、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな(もちろん木工などではなく)・・・と思います。

 

↑どのように動くのか動画。動きがもっさりしているので、時間のあるとき、おおらかな気分で見てください。

 

両サイドのマーカーにはこのようにおもりが積み上がっています。

話はまたDEUTZ FAHR WARRIOR 9340TTVに戻ります。両サイドのマーカーにはこのようにおもりが積み上がっています。

 

GPSかなんかもついているみたい。

GPSかなんかもついているみたい。

 

カメさんといったところでしょうか。

カメさんといったところでしょうか。

 

この日の収穫。会長さんが見つけたミシシッピアカミミガメ。道路端の畑にうずくまっていたそうです。かなり大きいです。

どうもこんな気がしてしかたがない。

 

あとは何かに注目したというより全体を感じる写真が残っています。

あとは何かに注目したというより全体を感じる写真が残っています。

 

後も凄いボリューム。オーバーフェンダーもそもそものフェンダーの数倍あります。

後も凄いボリューム。オーバーフェンダーもそもそものフェンダーの数倍あります。

 

後は謎のメカ部分。奥に見やすいオイルレベル窓がありますね!

後は僕には謎のメカ部分。奥に見やすいオイルレベル窓がありますね!

 

僕はこういうカラフルなキャップやボタンに弱い。

僕はこういうカラフルなキャップやボタンに弱い。

 

DEUTZ FAHR WARRIOR 9340TTVはこれでおわりです。それではごきげんよう。

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2018/08/31/deutz_fahr_warrior_9340ttv-2-2/trackback/