白いトラクター・サトーS-560と本家比較(よくできてる!)「おうちで撮りトラ」

今日は以前からの続き、Tさんに送っていただいた写真で白いトラクター佐藤造機のS-560と本家イギリスのデヴィッドブラウンの比較「おうちで撮りトラ」です。

こういうコピーは往々にして「どうしてそうなった?」となりがちですけど、上手にテイストを引き継いだ作りになっています。(少なくとも姿かたちだけは)

前回はこのS-560の運輸省型式認定番号が判明して、運輸省型式認定番号的にソートすると1969年〜1970年の間に誕生したことになる・・・というお話でした。
デビットブラウン・セレクタマチック770。なかなかきれいな機体です。tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
にたような角度からの全体写真がなかなか見つかりませんでした。こちら本家デビットブラウン・セレクタマチック770。なかなかきれいな機体です。tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。

細かく見ると全然違うのに、シルエットや雰囲気がすごく似ています。(あたりまえですけど)コピーというより、DBがこのクラスのトラクターを作ったらこうなるだろうな・・・という感じです。

どこから見ていこうかな・・・エンジンフード

これだけで外車っぽい雰囲気があるのはフォントのせいなのかなぁ・・・
これだけで外車っぽい雰囲気があるのはフォントのせいなのかなぁ・・・

デビッドブラウントラクター david brown tractor 770 selectamatic ステッカーの赤フチはさすがにあせてきています。
本家デビッドブラウントラクター david brown tractor 770 selectamatic ステッカーの赤フチはさすがにあせてきています。
なんでこんなことになっちゃったのか・・・エビの抜け殻みたいに落ちてます。きっと中身はするっと抜け出して、どこかのトラクターの中に納まっちゃっているのでしょう。
なんでこんなことになっちゃったのか・・・エビの抜け殻みたいに落ちてます。きっと中身はするっと抜け出して、どこかのトラクターの中に納まっちゃっているのでしょう。

本家と比べてみると黒地に白文字位の共通点で、同じフォントを使っている訳ではありません。強いていえば太めでギュッと詰まっている雰囲気くらい・・・

エンジンフードも同じ形というわけでもなく、共通しているのはフード上部のラウンド形状と、逆スラントの全面とエンジン部分の切り欠きで作る前方側面の逆台形形状くらい。

精神というか、思想を上手に自社(佐藤造機)のトラクターに落とし込んでいることがわかります。

コンパクトにレイアウトされたS-560のエンジンと補機類。燃料タンクがカッコいいです。クラッチとミッションの繋がり部分、ボルトの逃げががすごくカッコいい!ただ、このボルトを回すのは大変そうです。
コンパクトにレイアウトされたS-560のエンジンと補機類。燃料タンクがカッコいいです。クラッチとミッションの繋がり部分、ボルトの逃げががすごくカッコいい!ただ、このボルトを回すのは大変そうです。
同じようなエンジンのショットを持っていなかったのでネットで探してきました。デヴィッドブラウン880セレクタマチックのエンジン部分です。バッテリーは一番前のようですので、そこだけS-560と違いますね。
同じようなエンジンのショットを持っていなかったのでネットで探してきました。本家デヴィッドブラウン880セレクタマチックのエンジン部分です。バッテリーは一番前のようですので、そこだけS-560と違いますね。
S-560のエンジンは2気筒992cc21馬力/2800rpmでした。
S-560のエンジンは2気筒992cc21馬力/2800rpmでした。

正面ヘッドマーク

サトーS-560の正面ヘッドマークです。
サトーS-560の正面ヘッドマークです。本家
tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
本家DB770の正面ヘッドマーク
DBはDAVID BROWNの略だと思いますが、薔薇は?・・・・
ヘッドマークの形と置く位置は本家と一緒みたいです。

ここでもどこが同じかと言えばヘッドマークの形と位置だけなのですが、すごく統一感があります。このトラクターをデザインした人はセンスがいいのでしょうね。

今日は北海道でhokkaidoujinの案内でandoさんと見た私設博物館所蔵、サトー(佐藤造機?)の赤いトラクター、(トラクターというよりは乗用耕耘機に近いかもしれません)MY CAR140「撮りトラ」です。
そのヘッドマークの中に入っている「S」の文字は以前から使われていたもの・・・写真は佐藤造機MYCAR140です。◎の中にSが入っていますよね!
佐藤造機MYCAR140の記事はこちら。

・・・と、ここまで書いてきたのですが、今日も寝坊で時間がなく、ここでぶつ切りです。申し訳ない・・・明日で必ずやっつけます。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。