Homeに戻る > 速報!クボタM7001シリーズ、M7151・・・「撮りトラ」

速報!クボタM7001シリーズ、M7151・・・「撮りトラ」

昨日はNさんに教えてもらって、宇都宮のろまんちっく村で開かれた「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」に行ってきました。Nさんありがとうございます!

今回の目玉はクボタの新しい大型トラクター、M7001シリーズです。とりあえず速報ということでM7151の撮りトラをお届けしますね。

なんだか細かいところばかりに目がいって、全体の写真が驚くほど少ないことにあとから気がついてしまいました。その点はご容赦ください。

このイベント、色々名を変えてサーカスみたいに各地を回っているみたいですが、よくもまあ会場を見つけてくるものだと感心します。栃木県の宇都宮、ろまんちっく村(www.romanticmura.com/)は、人と地域と豊かな里山にふれあう道の駅。46haという広大な面積の中に、農産物直売所や地物の食材が楽しめる飲食店、体験農場や森遊び、ドッグラン、温泉やプールに宿泊施設がある滞在体験型ファームパークだそうです。

このイベント、色々名を変えてサーカスみたいに各地を回っているみたいですが、よくもまあ会場を見つけてくるものだと感心します。栃木県の宇都宮、ろまんちっく村(www.romanticmura.com/)は、人と地域と豊かな里山にふれあう道の駅。46haという広大な面積の中に、農産物直売所や地物の食材が楽しめる飲食店、体験農場や森遊び、ドッグラン、温泉やプールに宿泊施設がある滞在体験型ファームパークだそうです。

入口を入って「どん」と控えるのはクボタの新大型トラクターM7001シリーズの大きなテント。どっかで見たことあるなあ・・・

入口を入って「どん」と控えるのはクボタの新大型トラクターM7001シリーズの大きなテント。どっかで見たことあるなあ・・・

去年の「 農業魂 JA&クボタ アグリンピック」で使われていたゲートやテントと同じじゃないですか!こんな機材を揃えてグルグル各地を回っているんですねえ・・・ロジスティックスや段取り、配置などを企画するだけで1年くらいかかってしまいそう・・・

「 農業魂 JA&クボタ アグリンピック」

2014年12月の「 農業魂 JA&クボタ アグリンピック」。ゲートもそうですが、奥に見える三角の大型テントも今回と同じ形。

この時は中にクボタグローブM135Gが入っていたんだっけ・・・

kubota_tractor_GLOBE クボタグローブ M135GFQBMSR4 価格¥13,876,920  ★135馬力 ★総排気量6.124L ★フル電子制御コモンレールエンジンを全形式に採用! ★ダブル液晶モニターで各種情報をリアルタイムに表示可能 ★新たにPTO作業時にも体操した(ママ。対応かなあ)NEW i-マチック

こちらはその2014年12月、中にメインで入っていたM135G。この時と同じテントじゃないかなあ・・・

今回はチラ見せということで露出抑えめティザー画像でお送りします。巨大なタイヤが印象的な150馬力のM7151

今回はチラ見せということで露出抑えめティザー画像でお送りします。巨大なタイヤが印象的な150馬力のM7151

プレミアムハイ KVT(無段変速)仕様とあります。HSTってのもありましたっけ? 無段変速にもいろいろあるんですね・・・(←よくわかってない)

プレミアムハイ KVT(無段変速)仕様とあります。HSTってのもありましたっけ? 無段変速にもいろいろあるんですね・・・(←よくわかってない)

拡大してみたらこれおもしろい! 「MAKE KUBO」は「メーカー:クボタ」ってことでしょうねえ・・・最終目的地は「JPOSA」これは「日本・大阪」かな?

拡大してみたらこれおもしろい! 「MAKE KUBO」は「メーカー:クボタ」ってことでしょうねえ・・・最終目的地は「JPOSA」これは「日本・大阪」かな?

船はK-LINEですね! その隣の札は・・・ラッシングスタンダード? 固定方法の指定でしょうか・・・IMOという固定の基準があるのかなあ・・・

軽く調べてみるとIMO標準マリンコミュニケーションフレーズというのがあるみたいですね。船員さんは皆知ってるって感じで・・・

それによれば重さはなんとM7151の重さは6.5トン! 15トンのチェーンで固定するなら4本、10トンのラッシングベルトの固定なら4本、5トンのラッシングベルトなら6本というようなことが書いてあるのでしょう。(多分・・・想像です)

M7151。キラキラとスポットライトを浴びてなかなか印象的です。

M7151。キラキラとスポットライトを浴びてなかなか印象的です。

全部で5台のM7001シリーズがありましたが、どの機体も黒山の人だかり・・・関心の大きさが伺い知れます。

全部で5台のM7001シリーズがありましたが、どの機体も黒山の人だかり・・・関心の大きさが伺い知れます。

でも、値段は書いていなかったような気がするなあ・・・聞いてみればよかった・・・

でも、値段は書いていなかったような気がするなあ・・・聞いてみればよかった・・・

プレミアムトラクターって良く聞きますけど、どういう意味なのかな。

プレミアムトラクターって良く聞きますけど、どういう意味なのかな。

タイヤはもちろんミシュラン。マルチビブ。「後輪1本いくらですか?」って聞いてる人がいました。耳をそばだてて聞いていたのですが、その答えは返ってきませんでした。

タイヤはもちろんミシュラン。マルチビブ。「後輪1本いくらですか?」って聞いてる人がいました。耳をそばだてて聞いていたのですが、その答えは返ってきていないようでした。

この下の馬力、M135とかをちょっといじった感じなのかな・・・と思っていましたが、そうではありませんでした。

この下の馬力、M135とかをちょっといじった感じなのかな・・・と思っていましたが、そうではありませんでした。

写真でもわかると思いますが、パーツそれぞれに立体感があります。うまく言えないですけど、たとえ平面のものでもパーツの隅々にRが行き渡っている感じ・・・それに比べるとMの3桁シリーズは「面は面、RはR」と割り切っている感じ。

結果、Mの3桁シリーズはこのM7001シリーズとは全く別物で、ちょっと残念になってしまっています。

M7001シリーズさえ見なければ、Mの3桁シリーズは十分カッコよくて大きなトラクターなんですけど、M7001シリーズを見てしまったあとでは・・・これが正直なキモチです。(どちらも全く買うつもりのない人間の印象です・・・ごめんなさい・・・宝くじ当たったら買います)

フラッグシップって子供が見てすぐに「これがいちばんいい!」というものなんですね。僕は子供なのですごく良く思えてしまいます。

ただ、これから経済性とか用意できる資金とか置き場所など・・・そういう大人の考えがもう一巡加わってそれぞれのトラクターが決まってくるわけです。二巡回っても「一番いいのください」って言えるようになりたいなあ・・・

各部に開いたスリットやダクトがオレンジの部分を減らして変化がつき、好印象をもたらしているのかもしれません。

各部に開いたスリットやダクトがオレンジの部分を減らして変化がつき、好印象をもたらしているのかもしれません。

上部のダブルのヘッドランプはHELLA製。

上部のダブルのヘッドランプはHELLA製。

下部のシングルのランプもHELLA製でした。

下部のシングルのランプもHELLA製でした。

顔長ーい! 正面がこんなに長いのはなかなかないです。

顔長ーい! 正面がこんなに長いのは最近ではなかなかないです。

M7001シリーズはこれからどんどん続くのでわざわざカテゴリーを作ってしまいました。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/02/18/kubota_tractor_m7151/trackback/