Homeに戻る > ついにピボットフェンダーのメーカーを発見!!ニューホランドT6.160+Auto Command CVT「撮りトラ」

ついにピボットフェンダーのメーカーを発見!!ニューホランドT6.160+Auto Command CVT「撮りトラ」

今日は去年Nさんに連れて行ってもらった、常総市の展示会で見たメタリックブルーのニューホランドT6.160・オートコマンド&Dondiスピードプラウ+サブソイラ「撮りトラ」だらだらとその4です。

まずは動画から。

主に走っているところ

YouTube Preview Image

↑40秒ほど

主に運転席から撮ったもの

YouTube Preview Image

作業機の幅とか重なりとかも考えてくれるみたいです。↑1分50秒ほど

先日はステップ狭いなあ・・・と感じました。

というわけで他の大きなトラクターと比較してみます。以下は参考リンク。

マッセイファーガソン
『25から7615まで・・・フランス製(多分)のマッセイファーガソンMF7615・・・「撮り虎」』

クボタM7001シリーズ
『クボタM7151の車高調整とフェンダーの動き(←おもしろい!)・・・「撮りトラ」』

ジョンディア
『JD6130Rフェンダーステーとプラキャップ・・・「撮り虎@ダイナミックフェア2016」』

並べて比べてみます

レンズが違うのでぴったり比べられないし、いろいろトラクターには種類があり、こういう比べ方は暴挙なのかもしれませんが、僕にとってはみな「大きなトラクター」。

レンズが違うのでぴったり比べられないし、いろいろトラクターには種類があり、こういう比べ方は暴挙なのかもしれませんが、僕にとってはみな「大きなトラクター」。小さくて見にくいと思います。パソコンで見ている方はクリックすると拡大します。

こうやって見ると、MFがホイールベースが長く、クボタM7シリーズ、ニューホランドT6の順に短くなる感じです。その中でもステップの幅が圧倒的に狭く窮屈に見えるのがニューホランドT6。

やっぱり、フロントのホーシングごと曲がる「スーパーステア」ってヤツのせいでステップが追い込まれちゃってるのでしょうか・・・

やっぱり、フロントのホーシングごと曲がる「スーパーステア」ってヤツのせいでステップが追い込まれちゃってるのでしょうか・・・

T4シリーズなどは76°も切れてしまうそうです。

T4シリーズなどは76°も切れてしまうそうです。

個々に並べます

Massey Ferguson MF7615 2013 - 2014   7600 Series  Sisu 6.6L turbocharged air-to-air aftercooled diesel 6-cylinder 24-valve 140 hp

マフラーこっちかわもRがついてる! 3次元曲げだ!いいなあ

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

この機体とは違うので参考になります。ダイナミックフェア2016で見たクボタM7151は 、M7151HC-MSPHM1-JP 価格¥21,168,000 ★展示機は欧州向け仕様(M7シリーズ)の参考商品であり販売機とは一部仕様が異なります。 ★記載の型式名は暫定型式名です(2016年5月31日時点) ★仕様や価格の詳細につきましては、担当者にお問い合わせください。・・・と書いてありました。

これのフロントフェンダーは不思議な動きをしていました。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。  クボタM7001 M7171PC-MSPFHM1-JP 価格¥参考出品 ★170馬力 ★総排気量:6.124L ★クボタV6108エンジン搭載 ★国内特自排ガス4次規制に余裕で適合 ★300L燃料タンクと38L尿素水タンク ★最適な自動変速制御

クボタM7シリーズのフェンダーステー

拡大してみると・・・ねっ?同じでしょ?

ピボット部分を拡大してみるとこんなマーク

車高調整が動くようすとフロントフェンダーが動くようす

YouTube Preview Image

↑60秒ほど。

そしてJD

ジョンディア JD6130R,EA9 大きなおもりが付いているせいか、クボタのM7001シリーズと雰囲気がかぶります。

ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション

ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション。ウチワが乗っちゃって、ちょっとあれですけど、大きな緑のおもりが印象的。

JDのフェンダー取付けステー。

LODIって言うメーカーのように見えるんですけど、探しても見つかりませんでした。

ピボット部分を拡大してみるとクボタと同じマーク。LODIって書いてあるように見えます。

ニューホランドT6.160

ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm

ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm。スーパーステアであんなに動くんですから、当然フロントフェンダーは逃げるタイプのはずです。

ビンゴ!同じマークです!クボタ、JD、NH・・・みんな同じピボットフェンダーシステムを採用しています!

ビンゴ!同じマークです!クボタ、JD、NH・・・みんな同じピボットフェンダーシステムを採用しています!

絶対見つけたい!

マークを描いて、縦にしたり横にしたり斜めにしたりして画像検索をしてみたのですが、見つかりません。

マークを描いて、縦にしたり横にしたり斜めにしたりして画像検索をしてみたのですが、見つかりません。

いろいろキーワードを変えて検索すること1時間。やっと見つけました。

やっぱりLODIでした。ロゴも全然違います。見つからないわけです。

やっぱりLODIでした。ロゴも全然違います。見つからないわけです。

ロディという1958年創業のイタリアはファッブリコというところにあるmechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryというのを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃうんですが、想像するに、木工ではなく、形になった製品というより、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな・・・と思います。

ロディは、1958年創業のイタリアはファッブリコというところにある、mechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃいます。想像するに形になった製品ではなく、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな(もちろん木工などではなく)・・・と思います。

このサイトにちょうどフェンダーの動き動画が載ってました!

↑動きがもっさりしているので、時間のあるとき、おおらかな気分で見てください。

ロディかあ

この大型トラクターのフロントフェンダー界(超限定された世界)を引っぱるロディという会社。これと同じかと思ったら・・・

ロディちゃん!これも確かイタリア生まれちゃなかったかな?

ロディちゃん!これも確かイタリア生まれちゃなかったかな?

ウィキペディアによると

ロディ(Rody)は、イタリアのレードラプラスティック社が発売している、馬をモチーフにした乗用玩具である。

馬だったのか!小さいからロバだと思ってた。

それにRODYだし・・・

おあとがよろしいようで・・・

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/05/02/new_holland_t6160-4/trackback/