会場すべての中で一番輝いていた!(当社比)New Holland メタンコンセプトトラクター「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

整備性はめちゃめちゃ悪そうです。まあ、メタンガスを燃料とする特殊なトラクターを気軽にバラすわけにも行かないでしょうけど・・・

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、ニューホランドのコンセプトトラクターNew Holland methane powered concept tractor「撮りトラ」です。

 

誤解を恐れずに言えば、第34回国際農業機械展in帯広の会場の中で、そのコンセプトといい形といい、頭一つ抜けて一番輝いていたのがこのトラクターだと思います。(当社比)
誤解を恐れずに言えば、第34回国際農業機械展in帯広の会場の中で、そのコンセプトといい形といい、頭一つ抜けて一番輝いていたのがこのトラクターだと思います。(当社比)

 

フェンダーやルーフ、ウエイトに付いたマーカーランプ。なかなか斬新です。ニューホランドのバッジも光るんですね!
フェンダーやルーフ、ウエイトに付いたマーカーランプ。なかなか斬新です。ニューホランドのバッジも光るんですね!

 

後ろまわりもスキがありません。このテールランプは本当に斬新・・・今までこんなの見たことがありません。
後ろまわりもスキがありません。このテールランプは本当に斬新・・・今までこんなの見たことがありません。

 

もちろん上から見てもスキがありません。三次曲面のキャビン。まるでコップの底です。
もちろん上から見てもスキがありません。三次曲面のキャビン。まるでコップの底です。

 

これは戦闘機のキャノピーの技術なのでしょうね・・・アクリル製だろうなあ・・・
これは戦闘機のキャノピーの技術なのでしょうね・・・アクリル製だろうなあ・・・

 

 

でも、一番素晴らしいと感じたのはメタンガスを燃料とするコンセプトの部分です。農業生産の過程で出る糞尿や植物残滓でメタンガスを作り、そのガスを燃料としてトラクター、農業生産のエネルギーにしようという試みです。

 

デザインもそうですが、そういうトラクターを取り巻く環境のデザインがとても素晴らしいと感じました。
デザインもそうですが、そういうトラクターを取り巻く環境のデザインがとても素晴らしいと感じました。

 

フードマイレージならぬ、エネルギーマイレージ。日本であれば中東から原油を運んで、製油所で精油し、ガソリンスタンドまで運び、そこから農場までやってくる・・・気の遠くなるような距離を石油を使って運ばれてくる燃料が裏庭でできる!
フードマイレージならぬ、エネルギーマイレージ。日本であれば中東から原油を運んで、製油所で精油し、ガソリンスタンドまで運び、そこから農場までやってくる・・・気の遠くなるような距離を石油を使って運ばれてくる燃料が裏庭でできる!

 

職住近接ならぬ職エネルギー近接というわけです。他の展示がこれまでの技術の進化というものであったり、能率を上げたり、人を楽にさせる技術であったりする、昔からずっと続いてきた農業機械の進化の延長線上にあったのに対して、このニューホランドメタンパワードコンセプトは一つ上を行った提案のように思います。
職住近接ならぬ職エネルギー近接というわけです。他の展示がこれまでの技術の進化というものであったり、能率を上げたり、人を楽にさせる技術であったりする、昔からずっと続いてきた農業機械の進化の延長線上にあるのに対して、このニューホランドメタンパワードコンセプトは一歩進んだ提案のように思います。

 

しかもメタンガスが燃料ですから、排気ガスもCO2の発生量が石油系燃料と比較し約20%少ないそうです。
しかもメタンガスが燃料ですから、排気ガスもCO2の発生量が石油系燃料と比較し約20%少ないそうです。

 

エネルギーをそれを使う場所の近くで作るというコンセプトは素晴らしいです。 ただ一つ残念なのは、その生産物は巨大なトラクターで大量に生産され、遠く離れた消費者の元にこれまた石油をたくさん使って運ばれるという矛盾を抱えていることです。エネルギーマイレージを解決できてもフードマイレージは解決できない・・・ということですね。
エネルギーをそれを使う場所の近くで作るというコンセプトは素晴らしいです。石油系燃料よりクリーンな排気を実現できるというのも素晴らしい!

ただ一つ残念なのは、その生産物は巨大なトラクターで大量に生産され、遠く離れた消費者の元にこれまた石油をたくさん使って運ばれるという矛盾を抱えていることです。エネルギーマイレージを解決できてもフードマイレージは解決できない・・・ということですね。

 

だからといってこのトラクターの素晴らしさが色あせるということはありませんけど・・・
だからといってこのトラクターの素晴らしさが色あせるということはありませんけど・・・何にしてもカッコいいし・・・

 

それからここまで各部がカバーされたトラクターも今までなかったですよね?
それからここまで各部がカバーされたトラクターも今までなかったですよね?

 

整備性はめちゃめちゃ悪そうです。まあ、メタンガスを燃料とする特殊なトラクターを気軽にバラすわけにも行かないでしょうけど・・・
整備性はめちゃめちゃ悪そうです。まあ、メタンガスを燃料とする特殊なトラクターを気軽にバラすわけにも行かないでしょうけど・・・

 

あ!上の写真と見比べてみると、このトラクター左側からしか乗り込めないんですね!
あ!上の写真と見比べてみると、このトラクター左側からしか乗り込めないんですね!こちらにはステップがあるけれど、反対側はただの模様です。

 

ちゃんと動くみたいですし、ショーモデルだけではなく、これからトラクターはこうなっていくかもしれませんね。
ちゃんと動くみたいですし、ショーモデルだけではなく、これからトラクターはこうなっていくかもしれませんね。

 

僕個人の感想ですが、レンジが狭いと言うかすごく閉塞感、頭打ち感のあった他の展示を見たあと、この展示を見たというのもあり、未来が明るい気持になったのを思い出します。そもそもニューホランドのブースはすごく力が入っていましたし、その中でも特に力が入っていて、見せ方も凄く上手だったのだと思います。
僕個人の感想ですが、レンジが狭いと言うかすごく閉塞感、頭打ち感のあった他の展示を見たあとにこの展示を見たというのもあり、「未来は明るいゾ!」という気持になったのを思い出します。そもそもニューホランドのブースはすごく力が入っていましたし、その中でも特に力が入っていて、見せ方もとても上手だったのだと思います。

 

メタンガスが主流になるとは思えませんが、これからはトラクター単体の進化・・・というより、トラクターと社会(もう既に排ガス規制でトラクターと環境という関わりは始まっていますが)とか、トラクターと宇宙とか、トラクターと住まいとか(わかんないですけど)何か1つ2つかかわり合った形で進んで行くような気がします。

 

今日はこんなところです。また明日!

ニューホランドも無人トラクター。NHDrive T7.315「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

話は戻ってT7.315です。屋根の上にはたくさんのアンテナが・・・無人で圃場へ出向いたり、各種作業をこなすためにこれだけのものが必要なのでしょう。クボタのアグリロボよりずいぶん多いような気がします。

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、ニューホランドの無人トラクター(AUTONOMOUS TRACTOR)NHDrive T7.315「撮りトラ」です。

 

今まで見てきた他社の無人トラクターと違い、ガラス部分を目隠しした異様な姿。
ニューホランドの無人トラクター(AUTONOMOUS TRACTOR)NHDrive T7.315です。今まで見てきた他社の無人トラクターと違い、ガラス部分を目隠しした異様な姿。(広告スペースとして使っているだけかもしれませんが)その潰してしまったガラス面には、NEW HOLLAND AUTONOMOUS TRACTOR 無人トラクター日本初上陸! #THEDAYTHEFARMCHANGED
とあります。メーカーも無人トラクターにはなにか特別な想いを持っているようですね。

 

本体の仕様としては・・・ T7.315AC --------------------- T7.315AC4B-F2P 定格出力 300PS 最大出力 313PS 排気量 6.727L 油圧ポンプ CCLS 220L/min 最大揚力 11,058 kgf 仕様 無段変速トランスミッション テラグライド・F2P・16LED作業灯 とあります。最後の16LED作業灯というのは16個、作業灯が付いているよ・・・という意味なのでしょうか?
本体の仕様としては・・・

T7.315AC
———————
T7.315AC4B-F2P
定格出力 300PS
最大出力 313PS
排気量 6.727L
油圧ポンプ CCLS 220L/min
最大揚力 11,058 kgf
仕様 無段変速トランスミッション テラグライド・F2P・16LED作業灯

とあります。最後の16LED作業灯というのは16個、作業灯が付いているよ・・・という意味なのでしょうか?

 

確かに作業灯は多いかもしれません。無人トラクターなのに、明るさが必要なんですね。もしかしたらカメラで周囲を確認するのに必要なのかも・・・
確かに作業灯は多いかもしれません。無人トラクターなのに、明るさが必要なんですね。もしかしたらカメラで周囲を確認するのに必要なのかも・・・

 

 

動画が上がっています。これを見るとガラスは塗りつぶされていませんが、作業者は乗っている必要はなく、さらには圃場まで自分で走って行って各種の作業ができ、具体的には出ていませんが、作業者が寝ている間も動き続ける「24時間働けます」的なことを暗示するような作りになっています。

 

作業者はパソコンやタブレットを操作したり、作業をモニターする感じで、今までの機械作業とかなり違う感じです。これなら確かに農業を変えるかもしれません。

 

看板を拡大してみると・・・ NHDrive コンセプト ニューホランド無人トラクター ●ニューホランドの無人トラクター0は最大限の生産性を発揮するため24時間働き続ける ●オペレーターがキャブ内で操作しなくても、最大限の操作性を発揮 ●次世代の、精密で先進的なテクノロジー ●新しい農業体系の幕開け ●トラクターに搭載されているカメラで実際の作業が閲覧可能 とあります。
看板を拡大してみると・・・

NHDrive コンセプト
ニューホランド無人トラクター
●ニューホランドの無人トラクター0は最大限の生産性を発揮するため24時間働き続ける
●オペレーターがキャブ内で操作しなくても、最大限の操作性を発揮
●次世代の、精密で先進的なテクノロジー
●新しい農業体系の幕開け
●トラクターに搭載されているカメラで実際の作業が閲覧可能

とあります。

 

乗り降りはやはり左側から?給油口も左側にあります。オーソドックスに工具箱はタンクの上ですね。
乗り降りはやはり左側から?給油口も左側にあります。オーソドックスに工具箱はタンクの上ですね。「最大限の生産性を発揮するため24時間働き続ける。」とありますね。「24時間燃料が持つのだろうか」などと心配してしまいますね。

 

自分の家にある機械はボロばかりなので比較になりませんが、24時間動かすと半分は失敗しています。例えば3Dプリンターだったらノズルが詰まって一晩中空撃ちしていたり・・・寝ている時に限ってトラブルが起きるものなんです。新車の、しかも最新の無人機ともなればそういうことは織り込み済みなのでしょうが、例えば播種だったら、玉切れで一晩中自動停止していて、朝起きたら寝る前と同じ位置だった・・・などと人間側の準備不足が原因で作業が進まないこともあるでしょうね。 ま、これはロボットトラクターが悪いのではないですけど・・・
自分の家にある機械はボロばかりなので比較になりませんが、24時間動かすと半分は失敗しています。例えば3Dプリンターだったらノズルが詰まって一晩中空撃ちしていたり・・・寝ている時に限ってトラブルが起きるものなんです。
新車の、しかも最新の無人機ともなればそういうことは織り込み済みなのでしょうが、例えば播種だったら、玉切れで一晩中自動停止していて、朝起きたら寝る前と同じ位置だった・・・などと人間側の準備不足が原因で作業が進まないこともあるでしょうね。
ま、これはロボットトラクターが悪いのではないですけど・・・

 

フロントのこれ、おもりかと思っていましたが、もしかしたら何かのセンサーかもしれませんね。
フロントのこれ、おもりかと思っていましたが、もしかしたら何かのセンサーかもしれませんね。

 

タイヤはテレルボルグTM1000 710/70R 42
タイヤはテレルボルグTM1000 710/70R 42

 

DEUTZ_FAHR_WARRIOR_9340TTVと同じですね!

 

そのタイヤ(後輪)。710/70R 42
そのタイヤ(後輪)。テレルボルグTM1000 710/70R 42

 

話は戻ってT7.315です。屋根の上にはたくさんのアンテナが・・・無人で圃場へ出向いたり、各種作業をこなすためにこれだけのものが必要なのでしょう。クボタのアグリロボよりずいぶん多いような気がします。
話は戻ってT7.315です。屋根の上にはたくさんのアンテナが・・・無人で圃場へ出向いたり、各種作業をこなすためにこれだけのものが必要なのでしょう。クボタの自動運転アグリロボSL60Aよりずいぶん多いような気がします。

 

屋根の上にはGPSのアンテナに加え、WIFIのアンテナみたいなのがいっぱい!屋根の裏側にはステレオカメラのようなものがこちらを睨んでいます。
クボタの場合はこんな感じです。屋根の上にはGPSのアンテナに加え、WIFIのアンテナみたいなのがいっぱい!屋根の裏側にはステレオカメラのようなものがこちらを睨んでいます。これを見たときは驚きましたが、ニューホランドに比べたらまだまだ少ないほうですよね。

 

動画。無人のトラクターが転回するのは異様

↑1分ちょっと。ロボットっぽい動き。

 

ロボットトラクター、値段がついて販売されてます! ロボットトラクター YT5113A,YUQR8-R 価格 ¥15,125,400 【直進モード】 枕地までの直進作業を自動運転 【オートモード】 旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化 安全センサー オートトラクター YT5113A,YUQR8-A 価格 ¥13,591,800 【直進モード】 枕地までの直進作業を自動運転 【オートモード】 旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化
また、ヤンマーでもロボットトラクターは販売されていましたよね!
ロボットトラクター YT5113A,YUQR8-R(無人)
価格 ¥15,125,400
【直進モード】
枕地までの直進作業を自動運転
【オートモード】
旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化
安全センサー
オートトラクター YT5113A,YUQR8-A(有人)
価格 ¥13,591,800
【直進モード】
枕地までの直進作業を自動運転
【オートモード】
旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化
参考出品ではなく売られているようです。ついにここまで!

 

ロボットトラクター、まずは大規模な農家から導入されて、きっとお得意の小型化で小さなものがごく一般的に普及するようになると思います。

その後、中古も出回って・・・そうなると結構面白くなるかもしれません。

 

今日はこんなところです。それではまた明日!