長寿命化、工事のための現調をしてきました。2019

大排水路、一番上の柵板をバールで持ち上げるとこのように小排水路の水が上流側からも流れ出して水が抜けやすくなるというのです。なんで初めから穴をあけておかなかったかな・・・

水路、農道、ため池および法面等、農業を支える共用の設備を維持管理するための地域の共同作業に支払われる交付金である多面的機能支払交付金には、共用設備の補修および更新等を行い、長寿命化 (耐用年数を延ばすこと) をする作業に支払われる長寿命化というものがあります。

 

島地区の保全会は施設の長寿命化のための活動に取り組んで6年目になります。今年で最後という話もありますが、今年度も昨年度に引き続き、ボロボロになってしまった排水路の柵板の更新のため、どの柵板を交換すべきか特定する現調をしてきました。

 

予算がどのくらいあるのかが流動的なので、具体的な作業は実際の予算と照らし合わせて決めなくてはなりません。そこで、「これとこれとこれを交換する」と特定する作業が必要なわけです。

 

現場へ行ってみるとIさんとMさんが何か別のことをやっています。
現場へ行ってみるとIさんとMさんが大排水路脇で何か別のことをやっています。

 

大排水路の脇で何をしているんだろう・・・
大排水路の脇で何をしているんだろう・・・

 

排水路の上流側で少しも水の抜けが良くなるような作業をしているのだそうです。
排水路の上流側で少しも水の抜けが良くなるような作業をしているのだそうです。

 

この排水路、上が下流、下が上流です。
柵板を交換しようとしている小排水路です。この排水路、写真上が下流、手前が上流です。

 

下流側はヒューム管を通って農道の下を潜り大排水路にあたって行き止まり。その行き止まりの大排水路の柵板を少し持ち上げて水を抜いていたのです。
振り返るとこうです。今度は写真上が上流、手前が下流です。この先はヒューム管を通って農道の下を潜り大排水路にあたって行き止まり。(冒頭の写真)その先は大排水路の柵板で塞がれています。その行き止まりの大排水路の柵板を少し持ち上げて水を抜いていたのです。

 

大排水路、一番上の柵板をバールで持ち上げるとこのように小排水路の水が上流側からも流れ出して水が抜けやすくなるというのです。なんで初めから穴をあけておかなかったかな・・・
大排水路、一番上の柵板をバールで持ち上げるとこのように小排水路の水が上流側からも流れ出して水が抜けやすくなるというのです。なんで初めから穴をあけておかなかったかな・・・

 

小排水路は結構泥で埋まっています。来年度の予算で浚渫するようですね。
小排水路は結構泥で埋まっています。来年度の予算で浚渫するようですね。

 

さらに先を見て行きます。
さらに先を見て行きます。

 

先日の水害で寄せられた稲わらもかなり落ち込んでいる感じです。こんなに埋まっていると冊板交換も大変です。ここは泥上げ後、来年度に回すことにして別の水路をあたることにします。
先日の水害で寄せられた稲わらもかなり落ち込んでいる感じです。こんなに埋まっていると冊板交換も大変です。ここは泥上げ後の来年度に回すことにして別の水路をあたることにします。

 

この水路の柵板を交換することにします。
この水路の柵板を交換することにします。

 

この篠竹を柵板の裏に刺して目印にするんです。業者さんに作業をお願いするので、見積を出すにも交換作業をするにも、目印がないとできませんからね。
この篠竹を柵板の裏に刺して目印にするんです。業者さんに作業をお願いするので、見積を出すにも交換作業をするにも、目印がないとできませんからね。

 

摩耗して水路の支柱と柵板の見分けがつかなくなっているので目印を付けるのが大変です。
水路は摩耗し、支柱と柵板の見分けがつかなくなっています。目印を付けるのも簡単じゃありません。

 

多面的機能支払の制度ではあたりまえのように水路や農道、農地のことを『施設』と称しています。僕はシロウトなのでずっとこれに違和感を持っていました。施設というと金属ヤコンクリートでできた箱のようなものを思い浮かべるからです。
多面的機能支払の制度ではあたりまえのように水路や農道、農地のことを『施設』と称しています。僕はシロウトなので、ずっとこれに違和感を持っていました。施設というと「金属やコンクリートでできた箱とその中のもの」を思い浮かべるからです。それからすると野外ですし、素堀の水路や境界が土で塗り固められた田んぼだって『施設』とされているわけですから違和感がありますよね?

しかし、考えてみれば屋根がないのはお日さまを受けるため。壁がないのは風や気温、上から流れてくる水を利用するため。壁や屋根がないのには理由があるわけです。そして箱ものの施設と同じように、水が抜けなければ水が抜けるようにメンテナンスし、痛んだところは交換しなくては役に立たないわけですから『施設』でいいよな・・・と思い直すのでした。

 

というわけで、これまでの昨晩交換の実績がこうなっていますが・・・
というわけで、これまでの柵板交換の実績がこうなっていますが・・・

 

今年度はこのあたりをやっつけよう・・・ということになりました。
今年度はこのあたりをやっつけよう・・・ということになりました。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

多面的機能支払交付金事業関係説明会と台風19号の被害による農地内に堆積した稲わらの処理に関する説明会に行ってきました。

今日は説明会で貰ったポスターでお別れです。また明日!

昨日は多面的機能支払交付金事業関係説明会と、台風19号の被害による農地内に堆積した稲わらの処理に関する説明会に行ってきました。

 

まずは多面的機能支払交付金事業関係説明会です。いつも事務説明会だったような気がしたのですが、今年はタイトルが事業関係説明会でした。
まずは多面的機能支払交付金事業関係説明会です。いつも事務説明会だったような気がしたのですが、今年はタイトルが事業関係説明会でした。

 

会場は人でいっぱいです。
会場は人でいっぱいです。

 

多面的機能支払交付金制度は、農業者だけで取り組むことができるようになったため若干敷居が低くなったのですが、茨城県全体では農地面積の30%(聞き間違えていたらごめんなさい)ほどの参加率で、全国でも下位に沈んでいるそうです。

 

一位は兵庫県で8割もこの制度を使っているそう! 茨城県の中でも県央地区は比較的多めで、水戸市はその中でも多く47.5%、水田だけとってみると6割にものぼるのだそうです。(水田が多いというのは何となくわかるような気がします)

 

説明会の中で僕の注目は様式が変わったことと、「やっちゃイケないリスト」の数が増えていたことです。

 

様式はどんどん簡易になってきていて、今回の変更は特に内容をチェックする人がチェックしやすいような変更になっていた印象です。

 

また、「やっちゃイケないリスト」(もしくはTODOリスト)は、初めはペラ一両面だったのに今や4枚両面です。一般の人が携わっていますから、この先もどんどん増えるでしょう・・・これからすると『公務員の「やっちゃイケないリスト」ってどうなんだろう?』想像してしまいます。(辞書ぐらい厚いのではなかろうか?)

 

「多面的機能支払交付金事業関係説明会」が終ると、引続き「台風19号の被害による農地内に堆積した稲わらの処理に関する説明会」(相変わらずタイトルが長いです)です。会場の人数はぐっと減りました。先日僕は開催日時を間違えて行けなかったので、ちょうど良いタイミングでした。
「多面的機能支払交付金事業関係説明会」が終ると、引続き「台風19号の被害による農地内に堆積した稲わらの処理に関する説明会」(相変わらずタイトルが長い)です。会場の人数はぐっと減りました。先日僕は開催日時を間違えて行けなかったので、ちょうど良いタイミングでした。

 

この内容もなかなか興味かったです。

 

稲わらには名札が付いていませんから、どこの誰のものともわかりません。僕の個人的な印象で、多面的機能支払交付金は「誰がやるかグレーな部分を地域の皆で」的な性格を持っていると勝手に解釈しているのですが、まさにぴったり!

 

稲わらの処理に多面的の組織を活用することが可能ということと、活動の地理的範囲を越えて(と解釈したのですが)稲わらを処理しても良い・・・というのがかえって整合が取れていて好感が持てました。

 

もし、「どこから流れてきたかわからないので処理はできません」とか「活動場所を少しでも超えたものの処理はできません」となっていたら、「その地域全体を自らの手で美しく、持続可能に保ちましょう」という理念から外れてしまうような気がしますもん。

 

多面的の活動体を活用する手段の他にも、活動体とコラボする方法、3人以上集まってチームを作る方法など色々あるようです。しかし、活動体が既にあり、予算に余裕があるのであれば多面的機能支払の中で処理するのが一番良いように感じました。

 

今日は説明会で貰ったポスターでお別れです。また明日!
今日は説明会で貰ったポスターでお別れです。また明日!