Homeに戻る > クボタM7151の車高調整とフェンダーの動き(←おもしろい!)・・・「撮りトラ」

クボタM7151の車高調整とフェンダーの動き(←おもしろい!)・・・「撮りトラ」

今日はNさんに連れて行ってもらった、結城市で行われた展示会で見たクボタM7001シリーズ、M7151「撮りトラ」です。

結城市は水戸からだと西に70キロほど。水戸市が茨城県のほぼ東端ですから、結城に行くと茨城県を横断するような形になります。結城紬でも有名ですよね!

寄り道してから本第に入ります

会場と駐車場は麦を刈ったあとの麦畑。いきなりでちょっと驚きました。こんなに近くで見るのは初めてです。稲はザラザラで引っかかりがある感じなのに、麦はツルツル、ピカピカしています。

会場と駐車場は麦を刈ったあとの麦畑。いきなりでちょっと驚きました。こんなに近くで見るのは初めてです。稲はザラザラで引っかかりがある感じなのに、麦はツルツル、ピカピカしています。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。広い麦の刈り跡にたくさんのクボタ製品が展示されています。試乗もできるようになっています。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。広い麦の刈り跡にたくさんのクボタ製品が展示されています。試乗もできるようになっています。

麦のロールがたくさんできていました。実際にみるとサテンのような光沢があるのがわかるのですが、写真になるとそうは見えないなあ・・・うまく見たときの印象が写っていなくて残念です。

麦のロールがたくさんできていました。実際にみるとサテンのような光沢があるのがわかるのですが、写真になるとそうは見えないなあ・・・うまく見たときの印象が写っていなくて残念です。

ビールの材料になるような麦なのだそうですが、このあたりでは全部種子用なんですって! ミカモゴールデンという品種です。

ビールの材料になるような麦なのだそうですが、このあたりでは全部種子用なんですって! ミカモゴールデンという品種です。

こちらにくる道すがら、たくさん黄色い畑を見てきたので、ずいぶん小麦の生産が盛んのようです。麦刈りのあとに稲を植えるみたいです。

まずは動画。車高調整が動くようすとフロントフェンダーが動くようす

YouTube Preview Image

↑60秒ほど。

せいぜい15センチほどですけど、このクボタクボタM7151にはフロントだけ車高調整が付いているみたいなんです。牽引作業のときに後ろに負荷がかかって前上がりになったときなどに調整するのではないか・・・とNさんおっしゃってました。

ちょうどネコが伸びをするような動きのイメージでしょうか? 確かにこれでしっぽを引っぱる(牽引作業)と力の向きが少々変わりそうです。

ちょうどネコが伸びをするような動きのイメージでしょうか? 確かにこれでしっぽを引っぱる(牽引作業)と力の向きが少々変わりそうです。

それからタイヤとボディのクリアランス、「あたってるんじゃねえか?」と感じるほどギリギリです。攻めてるなあ。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

今までは狭い展示会場で見ることが多く、全体の写真が撮れなかったのですが、ここではまわりが広いです。ちょうど麦刈りの真っ最中のようで、まわりの農家の皆さんが忙しいのでしょう。人も少なく、スッキリとした写真が撮れました。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

何もない、のべっとした部分が驚くほど少ないです。大きいのに大味じゃない。そんな感じです。

車高調整

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

で、その車高調整ですが・・・

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

この前っかわにあります。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

この相撲のすり足するときの腕の奥。細いほうのシリンダーが伸びたり縮んだりすることによって微妙に車高が変わっていました。

そんでもってフェンダー

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

樹脂タンクとFフェンダーのクリアランス。ギリギリです・・・攻めるよなあ。ちょっと引っ掛けてステーが曲がったらあっという間に干渉しちゃう。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

これがそのフェンダーの取付部の根元。動画では「あれっ?」という特殊な動きでしたが、よく見ると単純な機構のようです。写真右端に軸の根元脇に穴があって、スプリングが引っかかってるみたい。きっと軸とフェンダー取付け金具は固定されていなくて、スプリングである程度のあそびを取っているんだ!

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

ハンドルを目一杯に切るとこのフェンダー取付金具はこのストッパーに引っかかって、フェンダーはこれ以上タイヤに追従せず、ボディにあたらないようになっているんだ! そしてハンドルを戻すとバネの力でタイヤのセンターに戻るようになっているはず。なるほど!

少ない部品で小回りを確保しているんですね! 考えるなあ。

オマケ

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

横からの写真も撮れました。でも本当はこのM7001シリーズの動画をたくさん撮ったつもりだったのだけど、たぶん録画ボタンを押し忘れているのでしょう・・・冒頭に上げた動画ぐらいしかありませんでした・・・申し訳ない。

オマケはこれ。すごく重そうなフロントのおもりです。

オマケはこれ。すごく重そうなフロントのおもりです。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

形といい大きさといい、以前ろまんちっく村で見たときも気になっていたのですが、今回大発見がありました。

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

角をよく見たらこんなことに・・・削れてます。これコンクリ製ではないでしょうか?

クボタトラクターM7001シリーズM7151です。

コンクリートを重そうな鉄みたいに塗ったおもりです。きっと。テトラポットみたいにして作ったのでしょうね。

鉄じゃあスゴイ値段になっちゃいますもんねえ・・・

今日のところはこれで・・・さようなら。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/06/15/kubota_tractor_m7151-3/trackback/