Homeに戻る > JD6130Rフェンダーステーとプラキャップ・・・「撮り虎@ダイナミックフェア2016」

JD6130Rフェンダーステーとプラキャップ・・・「撮り虎@ダイナミックフェア2016」

今日はダイナミックフェア2016(JAグループ茨城の第42回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)のヤンマーブースでで見た、ジョンディアJD6130R「撮りトラ」です。だらだらと3回目かな?

ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション

ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション。ウチワが乗っちゃって、ちょっとあれですけど、大きな緑のおもりが印象的。

僕にとってちょっとした発見がありました。

ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション。ウチワが乗っちゃって、ちょっとあれですけど、大きな緑のおもりが印象的。

フロントヒッチの取付部のこの写真。黒いポツポツが気になりました。穴隠しでしょうかね・・・

拡大してみると昔の日産のロゴみたいなマークが付いてます。品番はGPN 300

拡大してみると昔の日産のロゴみたいなマークが付いてます。品番はGPN 300

さっそくネットで探検を始めました。

このロゴで間違いなさそう。どうも「KAPSTO」というプラスチックキャップのメーカーらしい。

このロゴで間違いなさそう。どうも「KAPSTO」というプラスチックキャップのメーカーらしい。

メーカーのWEBサイトは発見できなかったけど、アマゾンで色々売ってました。GPN300は売ってなかったけど。

メーカーのWEBサイトは発見できなかったけど、アマゾンで色々売ってました。GPN300は売ってなかったけど。

ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション。ウチワが乗っちゃって、ちょっとあれですけど、大きな緑のおもりが印象的。

それからこれ。フェンダー取付けステー。例のハンドルを切ったとき、ボディにフェンダーがぶつからないように逃げるシステムの付いたヤツです。

LODIって言うメーカーのように見えるんですけど、探しても見つかりませんでした。

LODIって言うメーカーのように見えるんですけど、探しても見つかりませんでした。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。  クボタM7001 M7171PC-MSPFHM1-JP 価格¥参考出品 ★170馬力 ★総排気量:6.124L ★クボタV6108エンジン搭載 ★国内特自排ガス4次規制に余裕で適合 ★300L燃料タンクと38L尿素水タンク ★最適な自動変速制御

ただ、多分このクボタM7171のフェンダーステーと同じメーカー。色は違うけど。

拡大してみると・・・ねっ?同じでしょ?

拡大してみると・・・ねっ?同じでしょ?

クボタM7001シリーズ。車高調整が動くようすとフロントフェンダーが動くようす

YouTube Preview Image

↑このフェンダーステーじゃないですか!

じゃあ、後ろまわりなんかクボタと比べてどうでしょう・・・

なんだかロボットでも背負っているような感じ。

なんだかロボットでも背負っているような感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

拡大するとさらにロボット感が増すな・・・

拡大するとさらにロボット感が増すな・・・

宇都宮のろまんちっく村で開かれた「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」で見た、クボタトラクター、M7001シリーズ、M7131です。tractordata.comによれば、M7131のエンジンはV6108 4気筒6.1Lディーゼル130馬力。

一方こちらはクボタM7001シリーズ。

宇都宮のろまんちっく村で開かれた「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」で見た、クボタトラクター、M7001シリーズ、M7131です。tractordata.comによれば、M7131のエンジンはV6108 4気筒6.1Lディーゼル130馬力。

こちらのほうが頑丈そうですね。

JDのほうのメーカーはよくわかりませんでした。でもどちらも欧州で作られただけあって、同じメーカーの部品を使っていたり、メーカーは違うけど思想が似ていたりとなんとなーく似た形になっています。

部品メーカーが淘汰されて絞られてくると、アッセンブルする会社もそれに引っぱられて個性を打ち出しにくくなりますねえ・・・

ひとつ載せ忘れてました。外れ止めのついた・・・引っぱり棒(ドローバーっていうんでしたっけ?)

ひとつ載せ忘れてました。外れ止めのついた・・・引っぱり棒(ドローバーっていうんでしたっけ?)

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/08/28/jd6130r-2/trackback/