1 2 3 4 5 6 40

シンプルなFフェンダー。ボディに当たらないのかな? JOHN DEERE 6100「撮りトラ」

今日の撮りトラはAさんのところで見たジョンディアトラクターJD6100。今日の注目ポイントはフェンダー。見慣れたLODIちゃんのピボットフェンダーではないみたいです。

 

tractordata.comによればジョンディアトラクターJD6100は1992年 - 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。

AさんのJD6100です。tractordata.comによればジョンディアトラクターJD6100は1992年 – 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。生産はおなじみドイツはマンハイムの工場

 

JD6100は以前写真を送ってもらったものを含めると2台目です。この角目で四角い顔のJDは5400も以前見ています。

JD6100は以前写真を送ってもらったものを含めると2台目です。この角目で四角い顔のJDはJD5400も以前見ています。

 

tractordata.comによれば、ジョンディア5400は1992年から1997年。3気筒2.9リッターターボディーゼル68馬力。

これがそのJD5400・・・JDマークの上のポッチ・・・押したい。JD5400の生産はドイツはマンハイムの工場ではなく、アイオワ州とイリノイ州の境、川の中州、モリーンという町でした。

 

ああ、でもJD6100は顔も黒いし、やっぱり大きいというか車高が高いんですね。目の位置が違います。

ああ、でもJD6100は顔も黒いし、やっぱり大きいというか車高が高いんですね。目の位置が違います。ヘッドランプは四角い見慣れた形でスタンレーかと思いましたが、ちゃんとHELLAでした。

 

tractordata.comによれば、ジョンディア5400は1992年から1997年。3気筒2.9リッターターボディーゼル68馬力。

場所が狭く、JD6100の全体の写真が撮れなかったので、代わりにJD5400の写真を載せておきます。

 

で、今日の注目ポイントフロントフェンダーです。どうです?すごくシンプルだと思いませんか?タイヤすれすれに貼付いた形。取付けもボルトが二本で複雑な構造には見えません。これ、目一杯ハンドルを切ったとき、ボディに当たらないんでしょうか?気になります。

で、今日の注目ポイントフロントフェンダーです。どうです?すごくシンプルだと思いませんか?タイヤすれすれに貼付いた形。取付けもボルトが二本で複雑な構造には見えません。これ、目一杯ハンドルを切ったとき、ボディに当たらないんでしょうか?気になります。

 

ピボットフェンダーはJDやNH、クボタM7シリーズ・・・etcに採用されているLODIちゃん!

ハンドルを切ってもボディに当たらないピボットフェンダーはJDやNH、クボタM7シリーズ・・・etcに採用されているLODIちゃん。これをよく見かけます。ピボットフェンダーはボディに当たる寸前でフェンダーがタイヤに追従せず停止するというもの。写真はCLAAS ARION 650についたものです。

 

LODIと書いてあるのが見えますか?

LODIと書いてあるのが見えますか?

 

LODIフェンダーの動き動画

 

 

 

 

ついでに・・・クボタM7001シリーズ。車高調整が動くようすとフロントフェンダーが動くようす

 

 

前置きが長くなってしまいました。どう見てもそんな複雑な動きをしそうには見えない構造です。

前置きが長くなってしまいました。どう見てもそんな複雑な動きをしそうには見えない構造です。

 

ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。6100と6100SEとあった場合、SEと付いたほうがグレード高そうですけど、SEのほうがエコノミー。何が違うのかなあ・・・

こちらは以前写真を送ってもらったJD6100です。この機体のフェンダーはタイヤとの距離が結構あります。AさんのJDとはタイヤサイズも違う感じです。

 

ジョンディアトラクター6100 JD6100

フロントアクスルの長さが違うのか、ずいぶん景色も変わって見えます。もしかしてフェンダーステーの形状も違う?ボディに当たっちゃいそうだけどなあ・・・

 

ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。6100と6100SEとあった場合、SEと付いたほうがグレード高そうですけど、SEのほうがエコノミー。何が違うのかなあ・・・

ギリギリフェンダーの下部がボディの下側を潜るくらいで済むのかしら・・・

 

同じJD6100でも、ボディに当たらないようにフェンダーステーの形状や位置、タイヤとの距離などを微妙にチューニングしてあるのかもしれません。

 

今日も結論なしの尻切れです。また明日!

 

 

 

ウォータールー・ボーイから100年で凄い進化!ジョンディアJD8370RT「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日も第34回国際農業機械展in帯広ヤンマーのブースで見た、フルクローラーのジョンディア・トラクター8370RTと、茨城県稲敷郡美浦村にあるスガノ農機の本社工場で見た、8300Tの比較「撮りトラ」その2です。

 

ヤンマーのブース自体はものすごく大きいのですが、いかんせん展示している機械が大きすぎます。どちらかといえば機械の間を縫って歩き回る感じです。

ヤンマーのブース自体はものすごく大きいのですが、いかんせん展示している機械が大きすぎます。どちらかといえば機械の間を縫って歩き回る感じです。

 

JOHN DEERE 8370RT 会場が狭かったので、全体の写真がなかなか撮れませんでした。代わりにカタログの写真を載せておきます。

JOHN DEERE 8370RT そんなわけで、対象の機械と十分距離を撮ることができず、全体の写真がなかなか撮れませんでした。代わりにカタログの写真を載せておきます。燃料はタラップを上がってデッキの上から入れるしかないようですね・・・

 

8300Tの「T」はクローラタイプを表しています。 tractordata.comによれば、エンジンはジョンディア6気筒、8.1Lターボインタークーラー・ディーゼル222馬力/2200rpm 重量は10トンを優に越えるバケモノです。ただ、運転席に乗せてもらい、動かしてもらったのですが、運転はほとんど指先でやっているように見え、ちっともマッチョな感じはしないのでした。(助手席から手を伸ばしてちょいちょいと・・・)建機と違って油圧で車輪を動かしているというわけではなく、ごく普通のDCTを使った言ってみればオートクラッチマニュアルみたいなもので、変速をするタイミングで少しギッコンバッタンする乗り心地でした。

JOHN DEERE 8300T 
向きが反対になってしまいました。こうやって見ると昨日感動した湯たんぽ型フェンダータンクの片鱗があります。ボディと共色の緑に塗られているのでわかりにくいですが、以前からボリュームがあるフェンダーだったのです。また、クローラの動輪、転輪の数は同じですが、少しずつ形状が異なっています。

 

後輪にゴムが張ってあるのがわかるでしょうか?そして前の小さな黄色の転輪を緑で黒い小さな転輪を持つ△部分が強力に油圧で押して突っ張っているのだそうです。

JOHN DEERE 8300T 旧タイプでもタラップを上がって給油するしかなかったようです。

 

転輪のベースにH鋼が突き刺さっている感じです。

JOHN DEERE 8370RTのほうは転輪のベースにH鋼が突き刺さっている感じです。

 

フロントドライブ?になってしまったのでしょうか?

JOHN DEERE 8370RT JOHN DEERE 8300Tに比べるとちゃちになってしまっています。フロントドライブ?になってしまったのでしょうか?

 

またまたカタログの写真です。これを見るとリヤホイールの中心の黒い棒が展示で見たものより飛び出しています。同じくH鋼の部分も・・・トレッドを比較的簡単に変えられるようですね!

JOHN DEERE 8370RT またまたカタログの写真です。これを見るとリヤホイールの中心の黒い棒が展示で見たものより飛び出しています。同じくH鋼の部分も・・・トレッドを比較的簡単に変えられるようですね!

 

 

↑トレッドのことは説明していませんが、キャブサスとトラクター本体のサスペンションを説明する動画です。もしかしたら乗り心地がいいかも!

 

ジョンディアトラクター JD-8370RT,EARZ --------------------------------------------- 圧倒的なパワーと牽引力 2ほんの強力なクローラが大地を掴み作業機を力強く牽引。 米国が培ったトラクター技術が惜しみなく 注ぎ込まれたジョンディアSRシリーズトラクター。 300馬力オーバーの圧倒的なパワーで大地を耕し 北海道の大規模畑作経営をサポートします。 とあります 水冷4サイクル6気筒9,000ccディーゼル 出力 370馬力/2100rpm 燃料タンク容量 758ℓ(!) 尿素タンク容量 25.3ℓ 重量はなんと16トン以上!

JOHN DEERE 8370RT でっかく空いたホイールアーチから中が見えています。

 

エンジンはPowerTech PSS 9.0L

JOHN DEERE 8370RT エンジンはPowerTech PSS 9.0L

 

PowerTech™ PSS 6090HFC09 9.0L Industrial Diesel Engine ピタリではないかもしれませんが、こんなヤツが載っているのでしょう。

PowerTech™ PSS
6090HFC09
9.0L Industrial Diesel Engine
ピタリではないかもしれませんが、こんなヤツが載っているのでしょう。

 

工具箱はこんなところについています。

JOHN DEERE 8370RT 工具箱はこんなところについています。

 

ちゃんとフタを閉めないと、色々落ちてしまいそうな工具箱。DeWALTの工具箱です。ここに置くのが正規なのかなあ・・・

JOHN DEERE 8300T ちゃんとフタを閉めないと、色々落ちてしまいそうな工具箱。DeWALTの工具箱です。ここに置くのが正規なのかなあ・・・

 

排土板となにやら螺旋のグルグルしたものが付いたアタッチメントが折り畳まれて付いています。

もう6年ほど前になりますが、Dさんに送ってもらった8300Tの写真です。こちらも同じ場所に工具箱が付いていますね・・・DeWALTのじゃないですけど・・・

 

ジョンディア100年のバッジがついています。2018年でちょうど100年みたいです。

JOHN DEERE 8370RT ジョンディア100年のバッジがついています。2018年でちょうど100年みたいです。

 

JOHN DEERE 8370RT ここにも!

JOHN DEERE 8370RT ここにも!

 

1918年4月14日、Deere&CompanyがWaterloo Gasoline Engine Companyを買収してから

100年というのは、1918年4月14日、Deere&CompanyがWaterloo Gasoline Engine Companyを買収してからカウントしているようです。今では考えられませんが、このころはまだ海のものとも山のものともしれない「エンジン」そしてそれを動力として載せたトラクターが、馬をしのぐなどとはほとんどの人が考えなかったようです。トップの画像の左、白黒の写真は記念すべき最初の動力モデル・・・1917年〜1924年にかけて製造された、27馬力のウォータールーボーイ、モデルNというものらしいです。

 

これがそのウォータールー・ボーイ。ちゃんと持っている人がいるんですね。画像検索しても結構でてきます。

これがそのウォータールー・ボーイ。ちゃんと持っている人がいるんですね。画像検索しても結構でてきます。100年でこのウォータールー・ボーイから8370RTに・・・まさかこんなになるとは・・・

 

(さらに…)

1 2 3 4 5 6 40

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) 千葉県先日の台風でか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) ご無沙汰してすいませ
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (noraより[09/12]) H2さん おはようご
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (H2より[09/12]) noraさん、雨漏り
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[08/28]) 雲野さん おはようご
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (雲野真郎より[08/27]) 国立科学博物館の思い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械