JD6130Rフロントヒッチ・PTO・・・「撮り虎@ダイナミックフェア2016」

お盆休みのお休み気分が抜けてきたのか、ようやく世の中が動きだしたような感じ・・・

今日はダイナミックフェア2016(JAグループ茨城の第42回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)のヤンマーブースでで見た、ジョンディアJD6130Rののフロントヒッチ・PTO部分が中心「撮りトラ」です。

昨日はこのジョンディア (JD6130R,EA9 価格¥19,224,000)のおもりの話でした。今日はこれを支えているフロントヒッチ。
昨日はこのジョンディア (JD6130R,EA9 価格¥19,224,000)のおもりの話でした。今日はこれを支えているフロントヒッチ。
おもりの後ろにこうやってゲンコツが入っています。ゲンコツにはWの文字・・・ワルターシャイドでしたっけ?
おもりの後ろにこうやってゲンコツが入っています。ゲンコツにはWの文字・・・ワルターシャイドでしたっけ?
tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。 クボタM7001 M7171PC-MSPFHM1-JP 価格¥参考出品 ★170馬力 ★総排気量:6.124L ★クボタV6108エンジン搭載 ★国内特自排ガス4次規制に余裕で適合 ★300L燃料タンクと38L尿素水タンク ★最適な自動変速制御
M7171のフロントヒッチに付いていたゲンコツもWALTERSCHEIDでした。
探してみました。ワルターシャイド? ロゴはこれです。
WALTERSCHEIDワルターシャイド? ロゴはこれです。

PTOドライブシャフトの会社みたいで、こんなサイトを見つけました。沿革にこうあります。(株)松井製作所と、ドイツ・ワルターシャイド社(GKNグループ)との共同出資による合弁会社として発足した。 ワイドアングルCVジョイント付PTOドライブシャフトを日本で、初めて製造・販売をした。ワイドアングルCV部に、潤滑性と泥水防止をし、水田使用にも適するよう機能とライフの向上を計った。
PTOドライブシャフトの会社みたいで、こんなサイトを見つけました。沿革にこうあります。(株)松井製作所と、ドイツ・ワルターシャイド社(GKNグループ)との共同出資による合弁会社として発足した。 ワイドアングルCVジョイント付PTOドライブシャフトを日本で、初めて製造・販売をした。ワイドアングルCV部に、潤滑性と泥水防止をし、水田使用にも適するよう機能とライフの向上を計った。
ジョンディア JD6130R,EA9リンク部分、こうなっています。
ジョンディア JD6130R,EA9リンク部分、こうなっています。取付け部分の大きなプレートの真ん中にお名前シールが・・・
SAUTER なんて読むんでしょうね。
SAUTER なんて読むんでしょうね。
SAUTERのロゴも見つけました。
SAUTERのロゴも見つけました。
WEBもありました。(http://www.sauter-stetten.com/)シュッツガルトとミュンヘンの間あたり、アウエルバッハトイウ町にあるドイツの会社みたいです。ケースとニューホランドのフロントヒッチを作っているみたいです。
WEBもありました。(http://www.sauter-stetten.com/)シュッツガルトとミュンヘンの間あたり、アウエルバッハという町にあるドイツの会社みたいです。ケースとニューホランドのフロントヒッチを作っているみたいです。

なんとストリートビューも来ていません! そういうところでフロントヒッチのみを作ってる!

なんだか同じ色のせいか、クボタのフロントヒッチより納まりが良いように見えるなあ・・・
なんだか同じ色のせいか、クボタのフロントヒッチより納まりが良いように見えるなあ・・・

クボタのフロントヒッチと比べてみる

これって普通のトラクターのお尻部分と一緒ですよね? ということはポン付けてドライブハローなんかついちゃうのかな・・・逆回転しそうだけど。回転軸は繋がっていないように見えます。
クボタグローブM135Gについていたフロントヒッチ。色が違うせいもあるけどかなり「取って付け感」があります。回転軸は繋がっていないように見えます。
ZUIDBERGという、クローラシステムやフロントラインシステム(フロントPTOのことかな・・・)を売っている会社の製品。
ZUIDBERGという、クローラシステムやフロントラインシステム(フロントPTOのことかな・・・)を売っている会社の製品のようです。オランダの会社なのかなあ・・・
ボルトオンでついちゃうみたいに見えます。基本的には赤いモノらしいのですけど、これはクボタ色に塗られているのかもしれません。
ボルトオンでついちゃうみたいに見えます。基本的には赤いモノらしいのですけど、これはクボタ色に塗られているのかもしれません。
荷重がかかるので、前だけでなく後のほうまでステーをとって支えるようになっています。
荷重がかかるので、前だけでなく後のほうまでステーをとって支えるようになっています。
クボタトラクターM7001シリーズM7151です。
M7001シリーズに付いている、ZUIDBERUGのフロントPTO。これだとグローブシリーズほど「ポン付け感」はないですね・・・この相撲のすり足するときの腕の奥。細いほうのシリンダーが伸びたり縮んだりすることによって微妙に車高が変わっていました。
tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。 クボタM7001 M7171PC-MSPFHM1-JP 価格¥参考出品 ★170馬力 ★総排気量:6.124L ★クボタV6108エンジン搭載 ★国内特自排ガス4次規制に余裕で適合 ★300L燃料タンクと38L尿素水タンク ★最適な自動変速制御
オランダのフロントPTOの会社ZUIDBERG
WEBページもあります。(http://www.zuidberg.com/)
WEBページもあります。(http://www.zuidberg.com/)

クボタM7151とJD6130R,EA9を並べてみました。グローブのときは外付け感があったけど、こうやって並べてみると色の違い、トラクター、フロントヒッチの両方ともメーカーの違いはあるけれど、そんなには違わないんだなあ・・・と思います。クボタのほうがちょっとだけ違和感がある程度。
クボタM7151とJD6130R,EA9を並べてみました。グローブのときは外付け感があったけど、こうやって並べてみると色の違い、トラクター、フロントヒッチの両方ともメーカーの違いはあるけれど、そんなには違わないんだなあ・・・と思います。クボタのほうがちょっとだけ違和感がある程度。

予定より遅れちゃってます。今日はここまで・・・また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。