6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」

ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。さらに中国製の6100B、そして6Dシリーズでスタイルのかなり違うメキシコ製の6100Dというものまで・・・この機体はどこ製なのか写真だけでは判定できません。しかし、以前見たものと少し違うところがあります。

今日は某所で見た、ジョンディアトラクター、JHON DEERE 6100「撮りトラ」です。そして今日、6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)ことに気がついてしまいました。

 

タイトルの話は後回しにして、JD6100です。tractordata.comによればジョンディアトラクターJD6100は1992年 - 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。生産はおなじみドイツはマンハイムの工場。
タイトルの話は後回しにして、JD6100です。JD6100は3台目。この機体は恐ろしくきれいです。tractordata.comによれば、ジョンディアトラクターJD6100は1992年 – 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。生産はおなじみJDの聖地、ドイツはマンハイムの工場

 

さらにtractordata.comをよくよく見ると、6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RCと4種類あることに気が付いてしまいました。
さらにtractordata.comをよくよく見ると、6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)ことに気が付いてしまいました。

 

tractordata.comによればジョンディアトラクターJD6100は1992年 - 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。
以前見たAさんのJD6100。塗装につやはなく、今回の6100と明らかに年代が違う感じです。

 

ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。さらに中国製の6100B、そして6Dシリーズでスタイルのかなり違うメキシコ製の6100Dというものまで・・・この機体はどこ製なのか写真だけでは判定できません。しかし、以前見たものと少し違うところがあります。
今回見た6100です。ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。さらに中国製の6100B、そして6Dシリーズで、スタイルのかなり違うメキシコ製の6100Dというものまで・・・この機体はどこ製なのか写真だけでは判定できません。しかし、以前見たものと少し違うところがあります。それは燃料タンク部分。この機体は燃料タンクの上に工具箱があり、給油口は向こう側なのか、隠れているのか見えません。

 

ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。6100と6100SEとあった場合、SEと付いたほうがグレード高そうですけど、SEのほうがエコノミー。何が違うのかなあ・・・
そしてこちらは以前紹介した6100。燃料タンクの上に工具箱はありませんし、給油口が邪魔で工具箱は載りそうもない形。

 

今JD6100SEの写真をネットで探してきたら、マフラーの出方など、かなり違うマシンでした。
今JD6100SEの写真をネットで探してみたら、マフラーの出方など、かなり違うマシンでした。

 

そして中国製のJD6100Bは、このようにエアクリーナーが飛び出した形が特長のようです。写真を探すとこのように屋根つきばかりで、キャブタイプの設定があるのかどうかはわかりません。
そして中国製のJD6100Bは、このようにエアクリーナーが飛び出した形が特長のようです。写真を探すとこのように屋根つきばかりで、キャブタイプの設定があるのかどうかはわかりません。

 

ややこしくなってしまいました。今回のJD6100に戻ります。
ややこしくなってしまいました。今回のJD6100に戻ります。

 

あまりにきれいなので「中国製なのか?(中国製の6100Bは2010年から現在も製造中みたいなんです)」と、やや疑ってしまいましたが、よく考えたらヘッドランプはHELLAですし、こちらの6100はドイツ製のオリジナルモデル(?)だと思い直しました。
あまりにきれいなので「中国製なのか?(中国製の6100Bは2010年から現在も製造中みたいなんです)」と、やや疑ってしまいましたが、よく考えたらヘッドランプはHELLAですし、こちらの6100はドイツ製のオリジナルモデル(?)だと思い直しました。

 

ピボットフェンダーではない感じのFフェンダー付です。今思ったのですが、垂直方向のプレートに細かいディンプルがついています。意味もなくこの模様を付けるわけもないですし、「何のためだろう」と思っていて、ちょっとアイディアがひらめきました。上に3本の取付けボルトが見えますが、これ、取付け穴のピッチ通りになっていて、自分で穴をあけてフェンダーを取付けるのではないでしょうか?あらかじめこうやってポンチを打っていてもらえばタイヤを変えてフェンダーがぶつかってしまってもすぐに調整できそうです。
ピボットフェンダーではない感じのFフェンダーつきです。垂直方向のプレートに細かいディンプルがついています。意味もなくこの模様を付けるわけもないですし、「何のためだろう」と思っていて、今ちょっとアイディアがひらめきました。上に3本の取付けボルトが見えますが、このディンプル、取付け穴のピッチ通りになっていて、自分で穴をあけてフェンダーを取付けるのではないでしょうか?あらかじめこうやってポンチを打ってあれば、タイヤサイズを変えてフェンダーが取付かない時にも調整がききそうです。

 

少しおもしろいと思ったのは、4スポークタイプ?で向こうが大きく見えているホイール。
少しおもしろいと思ったのは、4スポークタイプ?で向こうが大きく見えているホイール。

 

フロントもリヤも同じタイプで向こうが大きく見えています。
フロントもリヤも同じタイプで向こうが大きく見えています。

 

注意書きシリーズ。おなじみのものですがひとつ見たことのないものがありました。
注意書きシリーズ。おなじみのものですがひとつ見たことのないものがありました。

 

それはこれ。怖いわ〜
それはこれ。怖いわ〜

 

肥料撒きがついていました。
肥料撒きがついていました。

 

6100RC

 

ジョンディアトラクター、JD6100RCです。ダイナミックフェアで見られるのはラッキーだなあ・・・
以前見たジョンディアトラクター、JD6100RCです。メキシコ製のJD6100Dというのがあって、これが2008年〜2012年の間作られていたようなのですが、僕はこれを2014年に新製品としてみました。これはどこで作っているのでしょう・・・

 

JD6100RC 残念ながらこんな風に大口を開けているので、お顔を拝見することはできませんでした。
間違いなく6100RCと書いてあります。

 

看板があります。
看板があります。
待望のコンパクトタイプ
ジョンディア6RC・6MC登場
2400mmのショートホイールベース
6MC(スタンダード)
JD-6090MC(90馬力)
JD-6100MC(100馬力)
JD-6110MC(110馬力)
6RC(プレミアム)
JD-6090RC(最大100馬力)
JD-6100RC(最大110馬力)
JD-6110RC(最大120馬力)
2014年11月発売予定

 

初めドイツの工場で作っていた6100を、それぞれの地域に合うよう現地の工場で作らせ、売っていたということなのでしょうね。もしかしたら6100は4種類どころじゃなく、もっとあるかもしれません。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

同じ顔でもピボットフェンダーのメーカーが違う。JOHN DEERE 6125R「撮りトラ」

tractordata.comによると、JD6125Rは2012年〜2016年。2012年をはさんだ前期型と後期型があるようです。排ガスの対策なのでしょうか? どちらも4.5L 6気筒ディーゼル125馬力/2100rpm でした。

今日は先日のJOHN DEERE 6930 Premiumに引き続き、某所で見たジョンディアトラクターJD6125R「撮りトラ」です。

 

tractordata.comによると、JD6125Rは2012年〜2016年。2012年をはさんだ前期型と後期型があるようです。排ガスの対策なのでしょうか? どちらも4.5L 6気筒ディーゼル125馬力/2100rpm でした。
tractordata.comによると、JD6125Rは2012年〜2016年。2012年をはさんだ前期型と後期型があるようです。排ガスの対策なのでしょうか? どちらも4.5L 6気筒ディーゼル125馬力/2100rpmでした。排ガスはかたやInterim Tier 4、もう一方はStage IIIbとなっていますが、見る限り同じものと扱われているところが多く、よくわかりませんでした。

 

JD亡新しい?トラクターはオーナーの手が加わっていることが少ないので、例によって僕に引っ掛りがなく、ただただ写真を並べるだけになってしまいます。
JD亡新しい?トラクターはオーナーの手が加わっていることが少ないので、例によって僕に引っ掛りがなく、ただただ写真を並べるだけになってしまいます。

 

もちろんカッッコいいのですけど・・・
もちろんカッッコいいのですけど・・・

 

ごめんなさい
ごめんなさい

 

今日は時間もないしとっとと行きます。一つ気になったのは・・・
今日は時間もないしとっとと行きます。一つ気になったのは・・・

 

やっぱりピボットフェンダーです。これはLODI製ではありません。
やっぱりピボットフェンダーです。これはLODI製ではありません。

 

JDは年式によってなのか形式によってなのか、LODI製を採用しているものと、そうでないものの二種類あります。
JDは年式によってなのか形式によってなのか、LODI製を採用しているものと、そうでないものの二種類あります。

 

うーん・・・この6105Rは非LODI製を採用していますが・・・
うーん・・・この6105Rは非LODI製ですが・・・

 

ホクレン仕様の(正確にはJAグループのとりまとめ対象トラクターであるとカタログに書かれています)ジョンディアトラクターHoak155です。エンジンは6068HL498水冷4サイクル6気筒直噴ディーゼル6,788cc155馬力/2100rpm となっています。見た目が「どこか違う」などというところは特に見当たりません。
ホクレン仕様の(正確にはJAグループのとりまとめ対象トラクターであるとカタログに書かれています)ジョンディアトラクターHoak155です。エンジンは6068HL498水冷4サイクル6気筒直噴ディーゼル6,788cc155馬力/2100rpm
となっています。見た目が「どこか違う」などというところは特に見当たりません。

 

可動式ピボットフェンダーは兄弟車のイセキBIG-Tやクボタ、ニューホランド、そして一部のJDにも採用されているLODIちゃん。このJDにも採用されていました。
可動式ピボットフェンダーは兄弟車のイセキBIG-Tやクボタ、ニューホランド、そして一部のJDにも採用されているLODIちゃん。このJDにも採用されていました。

 

ジョンディア JD6130R,EA9 大きなおもりが付いているせいか、クボタのM7001シリーズと雰囲気がかぶります。
ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション

 

ジョンディア JD6130R,EA9 価格¥19,224,000 オートパワー無段階変速オートマ感覚、トリプルリンクサスペンション、10インチモニター、電子制御油圧キャブサスペンション。ウチワが乗っちゃって、ちょっとあれですけど、大きな緑のおもりが印象的。
その JD6130R,EA9のフェンダーはLODIのマーク。

 

おもりがヌルっとピカピカで印象的な ジョンディアトラクター 130馬力 JD6130R,EABFP7
しかし、その後見たJD6130R、 JD6130R,EABFP7

 

ピボットフェンダーのピボットが違います! 全体的に丸みを帯びた鋳物になってます。メーカーはわからないけど、今まで見てきたものとは明らかに違います。
ピボットフェンダーのピボットが今回見たものと同じものが付いています。なんだかゆらいでいます。

 

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3
こちらは以前見たJD6105R

 

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3
寄った写真は撮っていないのですけど、非LODIタイプと思われます。

 

このように2種類のピボットフェンダーが確認できます。一体どういうわけなのでしょうね。

 

すみません。今日はこんなところです。また明日!
すみません。今日はこんなところです。また明日!