1 2 3 4 5 6 14

ニューホランドも無人トラクター。NHDrive T7.315「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、ニューホランドの無人トラクター(AUTONOMOUS TRACTOR)NHDrive T7.315「撮りトラ」です。

 

今まで見てきた他社の無人トラクターと違い、ガラス部分を目隠しした異様な姿。

ニューホランドの無人トラクター(AUTONOMOUS TRACTOR)NHDrive T7.315です。今まで見てきた他社の無人トラクターと違い、ガラス部分を目隠しした異様な姿。(広告スペースとして使っているだけかもしれませんが)その潰してしまったガラス面には、NEW HOLLAND AUTONOMOUS TRACTOR 無人トラクター日本初上陸! #THEDAYTHEFARMCHANGED
とあります。メーカーも無人トラクターにはなにか特別な想いを持っているようですね。

 

本体の仕様としては・・・ T7.315AC --------------------- T7.315AC4B-F2P 定格出力 300PS 最大出力 313PS 排気量 6.727L 油圧ポンプ CCLS 220L/min 最大揚力 11,058 kgf 仕様 無段変速トランスミッション テラグライド・F2P・16LED作業灯 とあります。最後の16LED作業灯というのは16個、作業灯が付いているよ・・・という意味なのでしょうか?

本体の仕様としては・・・

T7.315AC
———————
T7.315AC4B-F2P
定格出力 300PS
最大出力 313PS
排気量 6.727L
油圧ポンプ CCLS 220L/min
最大揚力 11,058 kgf
仕様 無段変速トランスミッション テラグライド・F2P・16LED作業灯

とあります。最後の16LED作業灯というのは16個、作業灯が付いているよ・・・という意味なのでしょうか?

 

確かに作業灯は多いかもしれません。無人トラクターなのに、明るさが必要なんですね。もしかしたらカメラで周囲を確認するのに必要なのかも・・・

確かに作業灯は多いかもしれません。無人トラクターなのに、明るさが必要なんですね。もしかしたらカメラで周囲を確認するのに必要なのかも・・・

 

 

動画が上がっています。これを見るとガラスは塗りつぶされていませんが、作業者は乗っている必要はなく、さらには圃場まで自分で走って行って各種の作業ができ、具体的には出ていませんが、作業者が寝ている間も動き続ける「24時間働けます」的なことを暗示するような作りになっています。

 

作業者はパソコンやタブレットを操作したり、作業をモニターする感じで、今までの機械作業とかなり違う感じです。これなら確かに農業を変えるかもしれません。

 

看板を拡大してみると・・・ NHDrive コンセプト ニューホランド無人トラクター ●ニューホランドの無人トラクター0は最大限の生産性を発揮するため24時間働き続ける ●オペレーターがキャブ内で操作しなくても、最大限の操作性を発揮 ●次世代の、精密で先進的なテクノロジー ●新しい農業体系の幕開け ●トラクターに搭載されているカメラで実際の作業が閲覧可能 とあります。

看板を拡大してみると・・・

NHDrive コンセプト
ニューホランド無人トラクター
●ニューホランドの無人トラクター0は最大限の生産性を発揮するため24時間働き続ける
●オペレーターがキャブ内で操作しなくても、最大限の操作性を発揮
●次世代の、精密で先進的なテクノロジー
●新しい農業体系の幕開け
●トラクターに搭載されているカメラで実際の作業が閲覧可能

とあります。

 

乗り降りはやはり左側から?給油口も左側にあります。オーソドックスに工具箱はタンクの上ですね。

乗り降りはやはり左側から?給油口も左側にあります。オーソドックスに工具箱はタンクの上ですね。「最大限の生産性を発揮するため24時間働き続ける。」とありますね。「24時間燃料が持つのだろうか」などと心配してしまいますね。

 

自分の家にある機械はボロばかりなので比較になりませんが、24時間動かすと半分は失敗しています。例えば3Dプリンターだったらノズルが詰まって一晩中空撃ちしていたり・・・寝ている時に限ってトラブルが起きるものなんです。新車の、しかも最新の無人機ともなればそういうことは織り込み済みなのでしょうが、例えば播種だったら、玉切れで一晩中自動停止していて、朝起きたら寝る前と同じ位置だった・・・などと人間側の準備不足が原因で作業が進まないこともあるでしょうね。 ま、これはロボットトラクターが悪いのではないですけど・・・

自分の家にある機械はボロばかりなので比較になりませんが、24時間動かすと半分は失敗しています。例えば3Dプリンターだったらノズルが詰まって一晩中空撃ちしていたり・・・寝ている時に限ってトラブルが起きるものなんです。
新車の、しかも最新の無人機ともなればそういうことは織り込み済みなのでしょうが、例えば播種だったら、玉切れで一晩中自動停止していて、朝起きたら寝る前と同じ位置だった・・・などと人間側の準備不足が原因で作業が進まないこともあるでしょうね。
ま、これはロボットトラクターが悪いのではないですけど・・・

 

フロントのこれ、おもりかと思っていましたが、もしかしたら何かのセンサーかもしれませんね。

フロントのこれ、おもりかと思っていましたが、もしかしたら何かのセンサーかもしれませんね。

 

タイヤはテレルボルグTM1000 710/70R 42

タイヤはテレルボルグTM1000 710/70R 42

 

 

そのタイヤ(後輪)。710/70R 42

そのタイヤ(後輪)。テレルボルグTM1000 710/70R 42

 

話は戻ってT7.315です。屋根の上にはたくさんのアンテナが・・・無人で圃場へ出向いたり、各種作業をこなすためにこれだけのものが必要なのでしょう。クボタのアグリロボよりずいぶん多いような気がします。

話は戻ってT7.315です。屋根の上にはたくさんのアンテナが・・・無人で圃場へ出向いたり、各種作業をこなすためにこれだけのものが必要なのでしょう。クボタの自動運転アグリロボSL60Aよりずいぶん多いような気がします。

 

屋根の上にはGPSのアンテナに加え、WIFIのアンテナみたいなのがいっぱい!屋根の裏側にはステレオカメラのようなものがこちらを睨んでいます。

クボタの場合はこんな感じです。屋根の上にはGPSのアンテナに加え、WIFIのアンテナみたいなのがいっぱい!屋根の裏側にはステレオカメラのようなものがこちらを睨んでいます。これを見たときは驚きましたが、ニューホランドに比べたらまだまだ少ないほうですよね。

 

動画。無人のトラクターが転回するのは異様

↑1分ちょっと。ロボットっぽい動き。

 

ロボットトラクター、値段がついて販売されてます! ロボットトラクター YT5113A,YUQR8-R 価格 ¥15,125,400 【直進モード】 枕地までの直進作業を自動運転 【オートモード】 旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化 安全センサー オートトラクター YT5113A,YUQR8-A 価格 ¥13,591,800 【直進モード】 枕地までの直進作業を自動運転 【オートモード】 旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化

また、ヤンマーでもロボットトラクターは販売されていましたよね!
ロボットトラクター YT5113A,YUQR8-R(無人)
価格 ¥15,125,400
【直進モード】
枕地までの直進作業を自動運転
【オートモード】
旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化
安全センサー
オートトラクター YT5113A,YUQR8-A(有人)
価格 ¥13,591,800
【直進モード】
枕地までの直進作業を自動運転
【オートモード】
旋回・作業機昇降・PTO入切なども自動化
参考出品ではなく売られているようです。ついにここまで!

 

ロボットトラクター、まずは大規模な農家から導入されて、きっとお得意の小型化で小さなものがごく一般的に普及するようになると思います。

その後、中古も出回って・・・そうなると結構面白くなるかもしれません。

 

今日はこんなところです。それではまた明日!

 

 

 

ピボットフェンダーはLODIちゃんじゃなかった。New Holland T8.435「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、ニューホランドのT8シリーズ、巨大なハーフクローラトラクター(ハーフという言葉が似つかわしくないですが)T8.435「撮りトラ」続きです。

 

写真、まだあるので続きます。

New Holland T8.435は、6気筒8.7リッターFPT(フィアット・パワートレイン・テクノロジーズ) Cursor 9エンジン、最大435馬力/定格380馬力、重量は11トンを越えるバケモノです。そして、今日注目するのはこの写真でもわかるように、ハンドルを切ってもフェンダーがボディに当たらない、ピボットフェンダーです。

 

New Holland T8.435です。比較対象物がないと大きさが全くわからないと思いますが、これだけでも「カタマリ感」はわかってもらえると思います。何もかもが太ク大きい・・・

このショットでもそうですが、前輪の先端はこちらを向こうとしているのに、フェンダーの先端はそれほどでもありません。前輪の向きと同じにフェンダーが追従してしまうと、フェンダーの後ろ側がボディに当たってしまうため、避けているのです。

 

その極々狭いピボットフェンダー界を席巻しているのがLODI

 

 

ロディという1958年創業のイタリアはファッブリコというところにあるmechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryというのを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃうんですが、想像するに、木工ではなく、形になった製品というより、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな・・・と思います。

ロディは、1958年創業のイタリアはファッブリコというところにある、mechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃいます。想像するに形になった製品ではなく、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな(もちろん木工などではなく)・・・と思います。

 

ロディちゃん!これも確かイタリア生まれちゃなかったかな?

なぜこれを僕がロディちゃんと呼んでいるかというと、このイタリア製のオモチャ、RODYを僕が元々「ロディちゃん」と呼んでいたからなんです。(超個人的な理由。しかも綴りが違うし。)

 

ものすごく丈夫なゴムっぽいプラスチックのオモチャ。そういえばイタリアってプラスチック製品に強いですよね。なにかそのような素地があったのでしょうか?

でも、今回はどうやらLODIではなさそうです。

 

しかし今回はいつも見るLODIちゃんとは違い、大きく、少し無骨な形状です。

しかし今回はいつも見るLODIちゃんとは違い、大きく、少し無骨な形状です。

 

鋳物の皿の上に径の大きなバネがあって、それにフェンダーのベースが止められた形。

鋳物の皿の上に径の大きなバネがあって、それにフェンダーのベースが止められた形。

 

ビンゴ!同じマークです!クボタ、JD、NH・・・みんな同じピボットフェンダーシステムを採用しています!

New HollandT6.160についていたLODIのピボットフェンダー。New Holland T8.435のようにむき出しではなく、ピボット部の径は小さいですが、鋳物のケースで洗練されている感じです。

 

 

 

T8.435のピボットフェンダーに戻ります。形は悪けど、すごくシンプルです。

T8.435のピボットフェンダーに戻ります。形は悪けど、すごくシンプルです。

 

自前で作られちゃったのかなあ・・・もしそうだとしたら下請け部品メーカーはは辛いです。

自前で作られちゃったのかなあ・・・もしそうだとしたら下請け部品メーカーはは辛いです。

 

その他、気になった部品

 

まずは工具箱。金属製の丈夫そうなもの。「足を掛けるな」との注意書きですが、これ、絶対足を掛けます。多分、足を掛けても大丈夫なようになっていると思います。工具箱が潰れちゃうだけで・・・

まずは工具箱。金属製の丈夫そうなもの。「足を掛けるな」との注意書きですが、これ、僕だったら絶対足を掛けます。多分、足を掛けても大丈夫なようになっていると思います。工具箱が潰れちゃうだけで・・・

 

頭の四角いピン。こういう細かいところ、いい感じです。

頭の四角いピン。こういう細かいところ、いい感じです。

 

燃料タンクキャップ。鍵がかかるようになっていますが、燃料タンクがポリタンクになってからは魅力的な形のものがなくなりました。

燃料タンクキャップ。鍵がかかるようになっていますが、燃料タンクがポリタンクになってからは魅力的な形のものがなくなりました。

 

エアスクープ。メッシュが大きく、中が透けて見えていい感じです。

エアスクープ。かなり上のほうにあるので詰まることを考えなくてよいせいなのか、メッシュが大きく、中が透けて見えていい感じです。

 

前輪の内側あたりにTRACT airのロゴの入った何かの部品が・・・

前輪の内側あたりにTRACT airのロゴの入った何かの部品が・・・

 

調べてみるとエアブレーキシステムの会社でした。

調べてみるとエアブレーキシステムの会社でした。

 

 

ニューホランドT8.435、ざっとこんなところです。

ニューホランドT8.435、ざっとこんなところです。

 

えっ!????今日はもう大晦日??? 何か間違っている・・・・それではまた明日・・・・といったらもう来年ですね!

 

それではよいお年を!!!

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 14

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[03/19]) noraさんando
  • 三菱トラクタパルシード22・25「昔のカタログ」へのコメント (松本孝より[03/18]) パルシードの水平マチ
  • パイプライン蛇口の盗難へのコメント (匿名より[03/18]) 捕まえたいですねぇ。
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[03/17]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[03/16]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/15]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/15]) やはりネット接続おか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/15]) すいません。投稿送っ
  • お面を取替えろ!イーグルデザイン増殖中。三菱GM501ET/GM331「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[03/15]) noraさん、鋭いで
  • 「平成31年度多面的機能支払交付金に関わる説明会」に行ってきました。へのコメント (H2より[03/13]) 農水省のメルマガで、
  • 元祖イーグルデザイン。Massey Ferguson MF5713SLESD4 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (匿名より[03/03]) うちの地域は三菱とヤ
  • 頑丈そうだし、個性的だし、これは目立つ!コマツ 農業用ブルドーザーD51PF-24「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[03/03]) 既存の農家向けという
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[03/02]) Thank you
  • ゲストも多様。蕎麦打ちで意見交換&3世代交流が目的の「町内蕎麦打ちサミット2019」へのコメント (H2より[03/02]) noraさん、お気に
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/02]) Hello. Sor
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (noraより[03/02]) トラさん こんばんは
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[03/02]) H2さん こんばんは
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[03/02]) みみずくさん こんば
  • 元祖イーグルデザイン。Massey Ferguson MF5713SLESD4 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[03/02]) H2さん おはようご
  • ジョンディアJD1020構成部品探偵団その4・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/02]) ジョン道北さん おは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械