Homeに戻る > 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログ・・・「撮りカタログ@土の館」

当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログ・・・「撮りカタログ@土の館」

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、昔のトラクターのカタログです。

鍛冶屋さんから進化して、たくさんのメーカーがひしめき合い、大きなの、小さなの、変わったの・・・いろいろなボードに跨がって後ろから来る機械化の大きな波に「せ〜の!」でテイクオフしたのでしょう。こうやって並んでいるとすごくバリエーションに富んでいるのがわかります。

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、昔のトラクターのカタログです。

重なって展示されているので、知識のない僕は何のカタログかわからず、「もうちょっとずらして展示してよぉ」と、もどかしく思ったのでした。」

JEEPのカタログが見えます。これは同じ型ではないですが、以前紹介しましたね!「jeepはあなたのお嫁さん」です!

これ、写真だと思うんですけど、階段登っちゃってます。当時は道が悪かったんでしょうけど、階段を登るという必要性はなかったはず。これが「売り」として使えるということに驚きます。今だったら「ラリー選手権優勝!」みたいなことに匹敵するのでしょうか?

三樹書房のサイトより。白黒写真に色をつけたものでしょうか・・・それとも当時は印刷がイマイチだったのか・・・

三樹書房のサイトより。比較広告ですね。かなり手前味噌になってます。こう書かれて右を選ぶ人は相当ひねくれてます。

三樹書房のサイトより。比較広告ですね。かなり手前味噌になってます。こう書かれて右を選ぶ人は相当ひねくれてます。

容姿が普通(ここで悪いと書いたらもっとおもしろいのに・・・)とすばらしい美人というのもおもしろいし、「知ら」というのも興味深いです。しかし一番の興味は、この広告は実際に効果があったのか? ということですね。

時間のある人はこのリンクから→『「ジープはあなたのお嫁さん、 さてどちらを選んだものか知ら」にグッときてしまった。』
 
それから、ジープにモンロー製の油圧リフト(初期のクボタトラクターも採用してました。)が付いたタイプもありました。

WILLIS JEEP Year:1951(showa26) Manufacturer: Willis(America) Model:C-1-3A Output:70ps Fuel:Gasoline

ウィリスジープ 汎用トラクタ 1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン

こちらも時間のある人はこのリンクから→『もうひとつのモンローマチック。ウィリス・ジープの汎用トラクタ・・・「土の館」』
 

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、昔のトラクターのカタログです。

シバウラトラクターかわいい!これ、見たことないです。

ヰセキのポルシェはたくさん紹介しました。ちょうど見えてるTB-20だと・・・

TB-20

以前のりしおさんに送ってもらったものです。

時間のある人はこのリンクから→『ポルシェイセキTB-20(写真を見せていただきました)』
 
↓TBと言ったら今から6年前、初めて見たこのトラクターがきっかけではまってしまったのでした。当時の僕には最先端のテクノロジーがぎっしり詰まったF1のように美しく見えたんだっけ・・・(当時のTBもそうだったのでしょうけど)

とにかく姿が美しい!


時間のある人はこのリンクから→『オープンホイールでシングルシーターといったら、普通F1を想像しますよね?』
  

「福島」と書いてある赤いカタログも気になりますが、何のカタログかわかりません。

チェリートラクタは土の館で見ました。

チェリートラクタ  1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力  1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。 9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。  1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。  同型は4年間に道内に136台導入された。

ひとつ目です。

時間のある人はこのリンクから→『チェリートラクタCT101・・・「撮りトラ」』

ヰセキトラクター ニューチェリー TC-10 10馬力小型乗用トラクター

それから「ニューチェリー」なんていうのもありました。

時間のある人はこのリンクから→『TC-10型は「ニューチェリー」・・・「昔のカタログ」』
 

そ・れ・か・ら

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、昔のトラクターのカタログです。

こ・・・これは・・・

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、昔のトラクターのカタログです。

トヨタトラクター???

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、昔のトラクターのカタログです。

拡大してみます。名前だけ同じってわけじゃなくて、ちゃんとあの「TOYOTA」のトラクターです。知らなかったなあ・・・結構ユニークな顔でカッコいいじゃないですか!

「TOYOTA」のトラクター・・・実車、見てみたいなあ・・・

何だか時間がなくなっちゃいました。続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/04/20/old_tractor_catalog/trackback/