Homeに戻る > もうひとつのモンローマチック。ウィリス・ジープの汎用トラクタ・・・「土の館」

もうひとつのモンローマチック。ウィリス・ジープの汎用トラクタ・・・「土の館」

クボタサンシャイン・モンローマチック「昔のカタログ」から引き続き、今日はもうひとつのモンローマチック。(もしかしたらこっちが本家本元?)「土の館」で見た「撮りトラ」ウィリスジープの汎用トラクタです。

「ジープはあなたのお嫁さん、 さてどちらを選んだものか知ら」で以前カタログを紹介していて、花嫁候補として最も頑健、お化粧時間もかからない、いつも元気な働き者のジープ・・・実際どんな風に働くのか想像できる装備になっています。

三樹書房のサイトより。比較広告ですね。かなり手前味噌になってます。こう書かれて右を選ぶ人は相当ひねくれてます。

三樹書房のサイトより。比較広告ですね。かなり手前味噌になってます。こう書かれて右を選ぶ人は相当ひねくれてます。

1952年(昭和27年)120万円!

WILLIS JEEP Year:1951(showa26) Manufacturer: Willis(America) Model:C-1-3A Output:70ps Fuel:Gasoline

ウィリスジープ 汎用トラクタ 1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン

正面から見ると車ですが、これがトラクターなんです。

なんだか熱や、息づかいが想像できるようなキャプションがついてます。イイゾ!「土の館」!!

なんだか熱や、息づかいが想像できるようなキャプションがついてます。イイゾ!「土の館」!!

ウィリスジープ 汎用トラクタ

1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ)
C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン

1952年(昭和27年)北見市 導入価格は120万円。
当時農家1年の販売高が6〜70万円のころ、機械化の先鞭をつけるのに、家を買うか車を買うか2年間悩み、120万円の借金は決断的導入だったという。
30歳の兄と弟の二人は昼夜働き、二年間でジープ代を払い、家一軒建てたという家宝のトラクタでもある。

同型は以後7年間に道内に136台導入された。

WILLIS JEEP

Year:1951(showa26) Manufacturer: Willis(America)
Model:C-1-3A Output:70ps Fuel:Gasoline

In 1952(Showa 27) Mr.Tohru Oikawa of Ktami-shi purchased this tractor for 1,200,000 Yen. Duaring this period the average yearly income for a family of farmers was between 6-700,000 Yen. He pondered for 2 years whether he should build a house or buy the jeep. His desire to be on the cutting edge finaly led him to sign the loan agreement for 1,200,000 Yen and purchase this jeep. Both he and his 30-year old brother worked hard through the day and night and managed to pay off the jeep and build a house within 2 years. This vehicle is one of the Oikawa family treasures.

During the 7 years of productions of this model,136 were purchased in Hokkaido

ジープを思いきって買うことでモチベーションがさらに高まり、勢い余って家まで手に入れてしまったというお話。買う順番が逆だったらこうはいかなくて、「ジープ買えばよかったかなぁ」なんて思い悩みつつチビチビとローンを払って、トラクタはなかなか手に入らなかったでしょう。

事務的なキャプションではなく、短いですが聞き取った当時の状況がそのまま書いてあり、品物と一緒にそこにあることが当時を立体的に感じられるというか、その時代に連れて行ってくれるような気がします。

ウィリスジープ 汎用トラクタ  1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン  1952年(昭和27年)北見市 導入価格は120万円。 当時農家1年の販売高が6〜70万円のころ、機械化の先鞭をつけるのに、家を買うか車を買うか2年間悩み、120万円の借金は決断的導入だったという。 30歳の兄と弟の二人は昼夜働き、二年間でジープ代を払い、家一軒建てたという家宝のトラクタでもある。

見慣れたジープの形ですが、僕は三菱のしか見たことがないので、これはちょっと新鮮。

ねっ? トラクターでしょう?

WILLIS JEEP  Year:1951(showa26) Manufacturer: Willis(America) Model:C-1-3A Output:70ps Fuel:Gasoline

後ろから見るとちゃんとトラクターです。

ウィリスジープ 汎用トラクタ  1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン

さらに視線を移すと・・・取って付けたように荷台にリンクが載ってます。赤い箱がキモなのかな。ちゃんとフレームにネジ止めしてあるんだろうな。プレスの鉄板に留めただけじゃあ、あっという間にもげちゃいそうです。

赤い箱はモンローマチック(そう称するのかどうかはわかりませんが・・・)

赤い箱はショックアブソーバーで有名なモンロー製でした。特許出願中 ファーム テステッド エクィップメント って書いてあります。これさえあればクラウンだろうがセルシオだろうが汎用トラクタにできますね!

赤い箱はショックアブソーバーで有名なモンロー製でした。特許出願中 ファーム テステッド エクィップメント って書いてあります。これさえあればクラウンだろうがセルシオだろうが汎用トラクタにできますね!

ウィリスジープ 汎用トラクタ  1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン

これが油圧のコントロール部分でしょうか・・・油のタンクとポンプがついています。言ってみれば

実際モンローマチック?モンロマチックは存在した

現在のモンローも「モンローマチック???」ってのを出してます。正確にはMONRO-MATIC plus。Eが抜けていて、なぜMONROE MATICではないのかは謎です。

現在のモンローも「モンローマチック???」ってのを出してます。正確にはMONRO-MATIC plus。Eが抜けていて、なぜMONROE MATICではないのかは謎です。

電装探偵団

WILLIS JEEP  Year:1951(showa26) Manufacturer: Willis(America) Model:C-1-3A Output:70ps Fuel:Gasoline  In 1952(Showa 27) Mr.Tohru Oikawa of Ktami-shi purchased this tractor for 1,200,000 Yen. Duaring this period the average yearly income for a family of farmers was between 6-700,000 Yen. He pondered for 2 years whether he should build a house or buy the jeep. His desire to be on the cutting edge finaly led him to sign the loan agreement for 1,200,000 Yen and purchase this jeep. Both he and his 30-year old brother worked hard through the day and night and managed to pay off the jeep and build a house within 2 years. This vehicle is one of the Oikawa family treasures.  During the 7 years of productions of this model,136 were purchased in Hokkaido

どんなウインカーやヘッドランプを使ってるのかな

WILLIS JEEP  Year:1951(showa26) Manufacturer: Willis(America) Model:C-1-3A Output:70ps Fuel:Gasoline  In 1952(Showa 27) Mr.Tohru Oikawa of Ktami-shi purchased this tractor for 1,200,000 Yen. Duaring this period the average yearly income for a family of farmers was between 6-700,000 Yen. He pondered for 2 years whether he should build a house or buy the jeep. His desire to be on the cutting edge finaly led him to sign the loan agreement for 1,200,000 Yen and purchase this jeep. Both he and his 30-year old brother worked hard through the day and night and managed to pay off the jeep and build a house within 2 years. This vehicle is one of the Oikawa family treasures.  During the 7 years of productions of this model,136 were purchased in Hokkaido

なんとおめめは東芝製!初めて見ました。

ウィリスジープ 汎用トラクタ  1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン  1952年(昭和27年)北見市 導入価格は120万円。 当時農家1年の販売高が6〜70万円のころ、機械化の先鞭をつけるのに、家を買うか車を買うか2年間悩み、120万円の借金は決断的導入だったという。 30歳の兄と弟の二人は昼夜働き、二年間でジープ代を払い、家一軒建てたという家宝のトラクタでもある。  同型は以後7年間に道内に136台導入された。

そしてウインカーは・・・三菱製!!これも初めてです。やはり昭和20年代の車は色々違います。

ウィリスジープ 汎用トラクタ  1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン  1952年(昭和27年)北見市 導入価格は120万円。 当時農家1年の販売高が6〜70万円のころ、機械化の先鞭をつけるのに、家を買うか車を買うか2年間悩み、120万円の借金は決断的導入だったという。 30歳の兄と弟の二人は昼夜働き、二年間でジープ代を払い、家一軒建てたという家宝のトラクタでもある。  同型は以後7年間に道内に136台導入された。

ポジションランプはWOAと書いてありますが、これについてはよくわかりません。でも、いい形ですねえ・・・

メーターはとてもシンプル

ウィリスジープ 汎用トラクタ  1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン  1952年(昭和27年)北見市 導入価格は120万円。 当時農家1年の販売高が6〜70万円のころ、機械化の先鞭をつけるのに、家を買うか車を買うか2年間悩み、120万円の借金は決断的導入だったという。 30歳の兄と弟の二人は昼夜働き、二年間でジープ代を払い、家一軒建てたという家宝のトラクタでもある。  同型は以後7年間に道内に136台導入された。

メーターはシンプル。どちらかといえば真ん中に集中してるのかな。あ!左ハンドルなんですねえ・・・

と、ここまでで唐突に終ります。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/01/15/willis_jeep-2/trackback/