Homeに戻る > このカテゴリーの記事 'スガノ農機「土の館」トラクタ博物館'
1 2 3 4 5 6 ... 66

スガノ農機「土の館」トラクタ博物館

トラクターのシートに注目!戦車の血を引くナフィールド・ユニバーサル3「撮り虎@土の館」

今日は北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』でando、hokkaidoujinさんと見た、ナフィールド・ユニバーサル3「撮りトラ」。その中でもトラクターのシートに注目です。

ナフィールド・ユニバーサル3 DLというのだそうです。イギリスのトラクタはどこからそれが漂ってくるのかわかりませんが、繊細な感じがします。

ナフィールド・ユニバーサル3。キャプションによれば、機種名:ナフィールドトラクタ 形式・仕様:3-DL 37馬力 製造社・国:ナフィールド社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年 使用経過:東藻琴村、高木が購入。車体重量があって重作業に適したトラクタだったという。日立建機㈱が販売していた。当時価格は104万円。

当時の感覚では1200万円!

日立建機もトラクタを輸入していたんですね! 小松ノルマーグNG22が94万円でしたから、10万円ほど高い・・・日本の各社、自分の気に入ったトラクタを輸入してそれぞれ売っていたんだなあ・・・

公務員の初任給が昭和37年当時¥15700。平成26年が¥181200だそうですから、単純に約11.5倍。
これを元に計算すると104万円×11.5=1196万円 1200万円近くです!

で、その後、1957-61までナフィールド3は作られて、3DLは1961年製なのだけれど、BMC3気筒ディーゼルは2.55リッター28馬力と言うんだよなあ・・・

ナフィールド・ユニバーサル3は16歳で始めた自転車修理業から叩き上げて、後にモータリゼーションの発達と合わせて自動車関係の仕事に手を広げ、財を成したナフィールド卿として知られるウィリアム・モリスによって設立されたブリティッシュ・モーター社で作られました。

そして、ナフィールド・ユニバーサルの最初のトラクター、Nuffield Universal M3は、かつてデビッドブラウントラクターを作り出していた、H・E・メリット博士によってデザインされました。このメリット博士、第二次大戦中は戦車のデザインをしていたそうです。

巡航戦車 Mk.VI クルセーダー

ナフィールド卿の会社には、Nuffield Mechanizations and Aero という会社もあって、ここでは戦闘車両を作っていて、巡航戦車 Mk.VI クルセーダーや巡航戦車 Mk.VII キャバリエを作っていました。この巡航戦車 Mk.VI クルセーダー、そのH・E・メリット博士がデザインしたのかもしれませんね。

トラクターのシートに注目!

ねじを緩めれば、2〜3センチはスライドしそうです。シート前方に軸があり、大きなゴムのショックアブソーバーで振動を吸収する方式。

ねじを緩めれば、2〜3センチはスライドしそうです。シート前方に軸があり、大きなゴムのショックアブソーバーで振動を吸収する方式。

ちょっと見にくいですが、大きなゴムのショックがわかるでしょうか? 全部ゴムが詰まっていれば硬めのシートでしょうし、空気が入った風船のようなものであれば柔らかめですよね・・・きっと。そんなに快適なものではないかもしれません。

ちょっと見にくいですが、大きなゴムのショックがわかるでしょうか? 全部ゴムが詰まっていれば硬めのシートでしょうし、空気が入った風船のようなものであれば柔らかめですよね・・・きっと。そんなに快適なものではないかもしれません。

シート形状はオシリの形とは全く違う思想から設計された四角いもの。

シート形状はオシリの形とは全く違う思想から設計された四角いもの。

そのシートの形状とは全く別で、美しいトラクター本体。作業機で巻き上げるホコリよけのカバーでも付けたのか、ホックが点々と付いています。

そのシートの形状とは全く別で、美しいトラクター本体。作業機で巻き上げるホコリよけのカバーでも付けたのか、ホックが点々と付いています。

そのホック、フェンダーの上にもあります。どんな形状だったのでしょう。

そのホック、フェンダーの上にもあります。どんな形状だったのでしょう。

駆け足になっちゃいました。今日はこれでおしまいです。また明日!

「電装探偵団」ウインカーの歴史も色々。最強トラクターウニモグの貝殻ウインカー「撮りトラ@土の館」

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見たウニモグ411に付いていた貝殻ウインカーその後です。

機種名:<strong>ウニモグトラクタ</strong> 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

連日同じ車種の話題でごめんなさい。人も乗れるし雨露もしのげて四駆で農作業も出来ちゃう! シュノーケルが付いて川渡りもできる。ウニモグトラクタ411-112HL型、32馬力の「電装探偵団」

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

そのウニモグに付いていた貝殻ウインカー。以前見たHELLA製のものよりスリムな感じ。

そのHELLA製の貝殻ランプとは・・・

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

この部品取り用CLAYSON M122 コンバインについていました。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

運転席、メーターの左にあるオレンジ色のランプ。何かのインジケーターに流用されているのだと思うのですが、ずっと心の中で「貝殻ランプ」と名付けていました。よく考えると、何で貝殻なのかよくわかりません。どちらかといえば「ダンゴムシ」とかに近い・・・でも、直感で「貝殻ランプ」と思ったから「貝殻ランプ」でいいんです!!!

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。ずっと気になっていたこのランプ「貝殻ランプ」

うーーーーん・・・・なんて素敵な形! 

1960年代のプロダクトだと思いますが、今もこの美しさ・・・野外で、モロに太陽の日差しを浴びる場所にあるのに・・・・・・もしかしてガラスなのかなあ。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。ずっと気になっていたこのランプ「貝殻ランプ」

拡大してみます。K12642とあります。何の気なしにこの番号で検索をかけてみると・・・

おおおお!「HELLA」じゃん!

「貝殻ランプ」HELLAの製品だったんです!しかも、いまだに売ってる!

「貝殻ランプ」HELLAの製品だったんです!しかも、いまだに売ってる!

「貝殻ランプ」はK12642 ウインカーランプでした。

「貝殻ランプ」はK12642 ウインカーランプでした。

今作っているというわけではないのかもしれませんが、在庫が6個あると書いてあるし、他のサイトでも見かけます。今でも流通しているのです。

戻ってウニモグのウインカー

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

戻ってウニモグのウインカー。貝殻は貝殻でも少し形が違います。

拡大してみるとSWFというメーカー。ワーゲンやアウディなどの古いクルマに使われているみたいです。現在もメーカーはあるみたいなんだけど、サイトはまだ見つけられていません。これは今後の宿題ということで・・・

拡大してみるとSWFというメーカー。ワーゲンやアウディなどの古いクルマに使われているみたいです。ちょっと調べてみました。

SWFの製品はこんなクラッシックカー、ヘッドランプの下のウインカーなどに採用されているそうです。

SWFの製品はこんなクラッシックカー、ヘッドランプの下のウインカーなどに採用されているそうです。

ビンテージパーツが今も売られています。

ビンテージパーツが今も売られています。

拡大するとちゃんとSWF

拡大するとちゃんとSWF

(続きを読む…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 作業機&アタッチメントいろいろその6・・・「JA&クボタ アグリンピック」へのコメント (色素沈着より[05/25]) 肌に黒ずみが出来てし
  • クボタSL60・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その2へのコメント (愛読者より[05/25]) 私も「外周を踏んで回
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[05/23]) noraさん and
  • キジの夫婦が庭にやってきた!へのコメント (野良犬より[05/23]) 家のそばが藪なんで雉
  • YM2700R「撮りトラ」へのコメント (トラクター狂より[05/21]) この中古ヤード行って
  • 古いタイヤにご用心へのコメント (noraより[05/21]) Blue_Buffa
  • 新緑の季節、肺の空気の入換えへのコメント (noraより[05/21]) kobbasanさん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[05/21]) hokaidouji
  • 機械式→IC→マイコン。マイコン制御の前はIC制御だった。シバウラトラクターSD2443・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[05/21]) 山葵さん こんばんは
  • 古いタイヤにご用心へのコメント (Blue_Buffaloより[05/21])  タイヤの鮮度、大事
  • 新緑の季節、肺の空気の入換えへのコメント (kobbasanより[05/21]) noraさんお久しぶ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[05/20]) noraさん and
  • 機械式→IC→マイコン。マイコン制御の前はIC制御だった。シバウラトラクターSD2443・・・「撮りトラ」へのコメント (山葵より[05/19]) 代掻きロータリーの泥
  • ヒシの花が咲きました (大場町のヒシ2011)へのコメント (noraより[05/17]) 菱のおかあさん おは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[05/17]) andoさん おはよ
  • ヒシの花が咲きました (大場町のヒシ2011)へのコメント (菱のおかあさんより[05/16]) こんにちは。
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[05/15]) noraさんhoka
  • クボタSL54パワクロ、シロカキ前の最後の田起こしなのかな?「撮りトラ」へのコメント (noraより[05/15]) 木田さん こんばんは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[05/15]) hokaidouji
  • 今も生きている「シオマネキ思想」へのコメント (noraより[05/15]) Blue_Buffa
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町島地区の植物 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械