Homeに戻る > 展示の中古の中ではピカイチのカッコよさ。ヤンマーAF226・・・「撮り虎」

展示の中古の中ではピカイチのカッコよさ。ヤンマーAF226・・・「撮り虎」

今日はお目当ての「クボタ」ではなく、「ヤンマー」ですが、ダイナミックフェア2016(JAグループ茨城の第42回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)で見た、ヤンマーAF226+SUN²HRT(何のことかよくわかりませんが)です。

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

こういう「小さくて全部付き!!!!」というハリネズミみたいな武装も僕としてはポイント高いです。

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

どうも僕はこういうキャビンが好きみたいだ。

ヤンマーAF226 安全鑑定は1998年、26ps/2500rpm 1330cc 希望小売価格1880千円。

これもカッコいかった!

「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」モーレツにかっこいいレインガード付き。後にも先にもこんな「やり切った感」のあるクボタトラクタは見たことがありません。

「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」モーレツにかっこいいレインガード付き。後にも先にもこんな「やり切った感」のあるクボタトラクタは見たことがありません。

「kubota X-24 SATURN 全農」

「kubota X-24 SATURN 全農」中古価格は¥920,000 使用時間840時間。備考に成約時に後輪タイヤ交換致します・・・とあります。

kubota X-24 SATURN 全農、バブル後半の1990年(平成2年)生まれ。こっちのほうがカッコイイ!と思う方は以下のリンクで!

『昔の未来のトラクタ・・・クボタ・サターンX-24・・・「撮りトラ」』

『昔の未来のトラクタその2・・・クボタ・サターンX-24・・・「撮りトラ」』

ヤンマーAF226に戻る

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

なんとこのキャビンはドアもついてます。X-24のレインガードキャビンに勝っている部分。

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

視界も確保したちゃんとしたドア。

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

開けてみました。操作感はショッピングモールにある子供用カートのドアみたいな感じ。(おもちゃ感溢れるってことですけど)だとしても魅力的。ジープとか幌のジムニーみたい。

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

ピザ屋さんみたいだけど頭上のクリアランスは充分なトールボーイ。

ワイパーはモーターのケツのスイッチをひねるだけ。きわめてシンプル。これでいいじゃんて感じ。ウインカーリレーでおなじみのMITSUBA製。

ワイパーはモーターのケツのスイッチをひねるだけ。きわめてシンプル。これでいいじゃんて感じ。ウインカーリレーでおなじみのMITSUBA製。

「kubota X-24 SATURN 全農」

X-24のワイパーはこんなところについていました。

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

SUN²HRT・・・絶対SUN²は「サンサン」って読ませるつもりなんだと思うんですよ。でも、そのあとのHRTがよくわからない。キャビンのことのようにも思えるし、もしかしたら安全フレームのことを指しているのかもしれないし・・・

ヤンマーAF226 軽快な雰囲気の車両に軽快なキャビン。展示の中古車の中ではピカイチのカッコよさです。

わっかんね〜

解決もせずに続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

こんにちは。お久しぶりです。

 >>SUN²HRT・・・絶対SUN²は「サンサン」って読ませるつもりなんだと思うんですよ。
  でも、そのあとのHRTがよくわからない。

写真を見ると,HRTではなくHAT(帽子の意)では?

クボタのレインガードは雨除け,こちらは日除けを指しているのだと思います。
モノはだいたい一緒でも目指したトコロは違う。。。
ヤンマーのは頭上まで回り込むような曲面ガラスで,日除け効果はクボタの方が期待できそうですけどね。

以前,このブログでYTのコンセプトモデルの曲面ガラスの是非が話題になったことがありましたが,
この頃からヤンマーは曲面ガラスが好きなんですね。
ガラスのはめ方もクボタは平面ガラスを全周囲ゴムパッキンでガッチリ取付けてますけど,
SUNSUNHATは曲面ガラスで難しかったのか,6か所のビス止めみたいですね。

ところで,
このSUNSUNHATの写真,フロントガラス内側両サイドに縦に鉄パイプ(乗降り用のアシストバー?)が走っていて,
そこに何かついているのが気になりますね。

2016年8月5日 12:15 PM | おじま

おじまさんが言う通り、HRTじゃなくてHATですね。

先日コメントさせて頂いたRSシリーズ初期モデルの簡易キャビンというのはSUNSUNHATの事です。

このフォルテのビデオカタログまだ持ってます!デッキが無いので見れませんが・・・(笑)

ウチの親戚でAF222を使っています。自作キャビン仕様でSUNSUNHATほど立派では無いですが、一応形は成しています(笑)

私もクボタASTEやサターン、ヤンマーAF226のコンパクトボディのトラクターには惹かれますね!

2016年8月6日 1:02 AM | トラクター狂

おじまさん トラクター狂さん おはようございます

写真を見ると,HRTではなくHAT(帽子の意)では?

よく見たらご指摘の通りそうでした!
日よけなのにお日さまがサンサンというのも矛盾していておもしろいですね

このSUNSUNHATの写真,フロントガラス内側両サイドに縦に鉄パイプ(乗降り用のアシストバー?)が走っていて,
そこに何かついているのが気になりますね。

四角いボックスのようなものでしょうか?
なんでしょうね・・・半分しかないプラスチックのドアもそうですけど
まだ変わった割り切り方の機構が隠れているような気がしてきました
(暑いときはガラスを外して走れるとか?)

2016年8月6日 8:15 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/08/05/yanmar_af226/trackback/