北海FORD2020はShibaura SD4000AD-0だった!

おなじみ角ダルマ顔。農研機構のサイトによればSD4000ADは1977年登録で、ractordata.comには3気筒ディーゼル40馬力とのみあります。しかし実際にはLEP854A型4気筒エンジン搭載です。

がんばってFORDシバウラトラクターとソーシャルディスタンスを保っていましたが、また元に戻ってしまいました。

今日はShioikaさんが追加情報を寄せてくれたので、北海フォード株式会社のFORD2020です。

これがそれFORD2020です。見た感じはFORD2000のモデルチェンジ版ではなく、1979年に発生した一連のコンパクト100シリーズのようです。
これがそのFORD2020です。僕は1979年に発生した一連のコンパクト100シリーズの国内版で日本以外ではFORD1900として売られていたものだと考えたのですが、どうもそうではないようです。

↑これがShioikaさんが見つけてくれたFORD2020の動画です。日本からベトナムに渡って活躍しているみたいです。

FORD2020はSD4000AD-0!

動画の中に銘板が写っているのですが、それを見ると 型式名 シバウラ SD4000AD-0 区分 - 車台型式 SD4000A-0 製造会社 石川島芝浦機械株式会社 シリアルナンバー - 商品名 FORD 2020-4WD 北海フォード株式会社 とあります。FORD2020はSD4000AD-0だったんです!
動画の中に銘板が写っているのですが、それを見ると
型式名 シバウラ SD4000AD-0
区分 -
車台型式 SD4000A-0
製造会社 石川島芝浦機械株式会社
シリアルナンバー -
商品名 FORD 2020-4WD
北海フォード株式会社
とあります。FORD2020はSD4000AD-0だったんです!

SD4000AD-0

おなじみ角ダルマ顔。農研機構のサイトによればSD4000ADは1977年登録で、ractordata.comには3気筒ディーゼル40馬力とのみあります。しかし実際にはLEP854A型4気筒エンジン搭載です。
SD4000AD-0は以前紹介していました。SD4000Aのデラックス版の四駆でSD4000AD-0という型式になるのでしたね。おなじみ角ダルマ顔。農研機構のサイトによればSD4000ADは1977年登録で、ractordata.comには3気筒ディーゼル40馬力とのみあります。しかし実際にはLEP854A型4気筒エンジン搭載です。
すっかり褪せてしまっていますがパワーステアリング。
こいつはパワーステアリングでした。
車種名も車台型式も SD4000A-0 機関型式はLEP854A 40PS/2500RPM
車種名も車台型式も
SD4000A-0
機関型式はLEP854A
40PS/2500RPM

ちょっと戻ります

↑それはそうと、このシバウラFORD2020はなんとクボタV3800T(ターボ)に換装しています。載っちゃうんですね・・・すごいなぁ。

↑そうかと思えばこちらはFORD2020にヤンマーのATN100ターボを載せています。ベトナムでは四駆とターボが好まれているのでしょうか?

ベトナムではトラクターを作っていないのでしょうか?そのためかどうかわかりませんが、欲しいものは作ってしまうんですね・・・

簡単ではないと思いますが、道端の工場で知恵と勇気でやってしまうのでしょう。

お金を出せば買えるとなると、作るのも億劫だったりめんどくさかったりしますが、「モノがない」「買おうにも高すぎる」となるとヒトは俄然創造力を発揮しますね。なんだか羨ましいです。

脱線します

FORD2020がビチャビチャの田んぼで使われていたので、どんなコンバインを使っているのかと思ったらクボタの汎用型でした。

田んぼのまわりに広いクリークがあるので稲が実っても田んぼは乾かずグチャグチャ。そこへコンバインを入れるが普通みたいで、みなチャレンジャー、めちゃめちゃ男らしいです。

これなんかも凄いです。もしかしたらシバウラ+大きめのターボエンジンの組み合せじゃないと田んぼができないのかもしれません。

地域によって気候によって、作る人によって・・・農業って本当にさまざまですね・・・これじゃあ全世界同じラインナップというのは無理だなぁ・・・と思いました。

今日も時間となりました。また明日!

 

四駆に番号は振らないが、多段には振る。FORD100コンパクトシリーズ続き。

馬力で見るとFORD1000とFORD1600が異分子となっていますが、そこそこ違和感なく全員座れました。

1日違うことをやっただけでもう元の木阿弥です。今日はしつこくFORD100コンパクトシリーズを年表にしてみました。

題して『たぶんこうだったんじゃないか劇場』コンパクト大量発生!
題して『たぶんこうだったんじゃないか劇場』コンパクト大量発生!
1965年、それまで4気筒のエンジンを載せ、ストリームラインを纏っていたFORD2000がスクエアな顔に生まれ変わり、3気筒エンジンを搭載します。
1965年、それまで4気筒のエンジンを載せ、ストリームラインを纏っていたFORD2000がスクエアな顔に生まれ変わり、3気筒エンジンを搭載します。
そして1973年。最初のシバウラ製コンパクト、FORD1000が同じくスクエアなテイストで登場します。2気筒のLE892エンジンは25馬力を発生していました。
そして1973年。最初のシバウラ製コンパクト、FORD1000が同じくスクエアなテイストで登場します。2気筒のLE892エンジンは25馬力を発生していました。
1975年、シルバーの粗いグリルだったFORD2000は黒いメッシュに変わり、一気に600番も飛んでFORD2600にモデルチェンジ。これより大きい機種も同じく600番ずつ飛びました。このころは番号もスカスカ。小刻みな馬力帯のコンパクトシリーズもなかったので、型番の自由度がまだ高かったと思われます。
1975年、シルバーの粗いグリルだったFORD2000は黒いメッシュに変わり、一気に600番も飛んでFORD2600にモデルチェンジ。これより大きい機種も同じく600番ずつ飛びました。このころは番号もスカスカ。小刻みな馬力帯のコンパクトシリーズもなかったので、型番の自由度がまだ高かったと思われます。
1976年、シバウラ製のFORD1000も同じテイストのメッシュグリルとプラモデルのランナーがついたままのようなFORDバッジのFORD1600へとモデルチェンジ。
1976年、シバウラ製のFORD1000も同じテイストのメッシュグリルとプラモデルのランナーがついたままのようなFORDバッジのFORD1600へとモデルチェンジ。かなり窮屈になってきました。
1979年。シバウラのコンパクトが大量発生します。その数12馬力から28馬力まで6台。
1979年。シバウラのコンパクトが大量発生します。その数12馬力から28馬力まで6台。
25馬力のFORD1000より小さな数字には1954年のFORD900/700/800/600シリーズなどの先輩が座っているし、馬力だってずっと大きいです。さて困った。
25馬力のFORD1000より小さな数字には1954年のFORD900/700/800/600シリーズなどの先輩が座っているし、馬力だってずっと大きいです。さて困った。「コンパクトシリーズの僕たちはどこに座ればいいの?」
馬力で見るとFORD1000とFORD1600が異分子となっていますが、そこそこ違和感なく全員座れました。
馬力で見るとFORD1000とFORD1600が異分子となっていますが、そこそこ違和感なく全員座れました。
せっかく書いたのでGIFアニメにもしてみました。
せっかく書いたのでGIFアニメにもしてみました。

あれ?でも1400が空いてるじゃん

過去のものも含めたラインナップ、現在もFORD1400という番号が欠番です。これを使えばもっとすんなり行くような気がします。

19馬力のシバウラにFORD1400と名付ければ、馬力帯の流れもいいと思うのですが、そうしなかったのはなぜでしょう・・・
19馬力のシバウラにFORD1400と名付ければ、馬力帯の流れもいいと思うのですが、そうしなかったのはなぜでしょう・・・

日本ですと型式を馬力と揃えている感じがありますが、外国ではそれほど重視していないのでしょうか?

今も欠番ということで、もしかして1400というのはとんでもなく不吉な数字とか?

四駆に番号は振らないが、ミッション違いには振っている。

ラインナップを見ていておもしろいことに気がつきました。

ここの所ずっとFORD1720の末尾20は四駆の証(でもそれは日本だけ)・・・日本以外では別になっていない・・・ということを見てきました。

日本以外の国では四駆は別に番号を振るほどのことではなく、「ある機種の四駆」として売られていたのです。

しかし本国では同じ機種でもミッションに違いがあると別の番号を振るケースを発見しました。

FORD900シリーズ、940/950/960とあるようですが、基本的なスペックは同じで番号の違いはミッションの違いみたいなんです。

940は4速、950は5速、960は5速+ライブPTO

見事に数字がシンクロしています。日本の「馬力&4WD重視」に対して「ミッション重視」ということではないでしょうか?

小さい田んぼや畑で使うことが多かった日本と、広く平らな畑で様々な作業機を扱う外国とでは見ているところが違い、それが型式の違いになって現れているのでしょうね。

今日はこんなところです。また明日!