1 2 3 4 5 6 68

再発見!日本で最初の動力式田植機かも!(いろいろ考えるに)ダイキン・ヤンマー動力苗まき機TP21(ひも苗式)@札幌農学校第二農場

今日は田植機考古学。展示とそのキャプションが合わないなあ・・・と写真をキャプションを行ったり来たりしているうちに、僕にはとても有用な情報を引き当てました。

 

キャプションではスター・三菱の成苗田植機とされていた田植機です。ただ、ハンドルの付け根にダイキンのロゴが見え「コロコロと製品の提供先を変えていたのだろうか?」と、不思議に思っていたのです。

キャプションではスター・三菱の成苗田植機とされていた田植機です。ただ、ハンドルの付け根にダイキンのロゴが見え「コロコロと製品の提供先を変えていたのだろうか?」と、不思議に思っていたのです。

 

その田植機の植付け部の写真です。苗のせ台からローラーで苗を引き出し、シューターで下に落とし、土を寄せて植付けるシステムのようです。中央にハンドルが見え、そこにプレートが付いています。

その田植機の植付け部の写真です。苗のせ台からローラーで苗を引き出し、シューターで下に落とし、土を寄せて植付けるシステムのようです。中央にハンドルが見え、そこにプレートが付いています。

 

拡大してみます。 ダイキン TP21形苗まき機 と書いてあるのではないでしょうか? なんと!スター・三菱の機械ではなく、隣のフロート式動力苗まき機(ひも苗式)ヤンマーFP2Aのご先祖様、ダイキン・ヤンマーの動力苗まき機(ひも苗式)TP21形じゃないですか!!!たまたま「後でよくみてみよう」と写真を複数撮っていたのがこの発見に繋がりました。

拡大してみます。

ダイキン
TP21形苗まき機

と書いてあるのではないでしょうか?
なんと!スター・三菱の機械ではなく、隣のフロート式動力苗まき機(ひも苗式)ヤンマーFP2Aのご先祖様、ダイキン・ヤンマーの動力苗まき機(ひも苗式)TP21形じゃないですか!!!たまたま「後でよくみてみよう」と写真を複数撮っていたのがこの発見に繋がりました。

 

農業近代化の歩みを世界へ 「農機事業」というヤンマーのpdfでは、1967 年 5 月にいち早くひも苗式の田植機(動力苗まき機)TP21 を発売したにもかかわらず、市場をマット苗式に席巻された苦い記憶として記されていました。写真はそのYP21(ひも苗式)です。

農業近代化の歩みを世界へ 「農機事業」というヤンマーのpdfでは、1967 年 5 月にいち早くひも苗式の田植機(動力苗まき機)TP21 を発売したにもかかわらず、市場をマット苗式に席巻された苦い記憶として記されていました。写真はそのTP21(ひも苗式)です。写真はそのPDFで動力苗まき機TP21(1968)として紹介されているものです。

 

キャプションではスター・三菱の成苗田植機とされていた田植機です。ただ、ハンドルの付け根にダイキンのロゴが見え「コロコロと製品の提供先を変えていたのだろうか?」と、不思議に思っていたのです。

もう一度既出の写真と見比べてみます。pdfにある先端のおもりは失われていて、鉄車輪もなぜかラグタイヤに交換されています。pdfのTP21と同じものとみていいでしょう。苗のせ台もよく考えればひも苗式の特長をそなえています。

 

こちらは後継のYP30による田植えのようす。

こちらは後継のYP30による田植えのようす。

 

その田植機の植付け部の写真です。苗のせ台からローラーで苗を引き出し、シューターで下に落とし、土を寄せて植付けるシステムのようです。中央にハンドルが見え、そこにプレートが付いています。

こちらでももう一度既出の写真と見比べてみます。植付け部も片肺で、田んぼを均すソリの部分の部品も一部失われています。シューターの上でウレタンのひも苗をカットして、シューターの先端で刻んだ溝に落とし、ディスクで土を寄せて植付けるわけですね!

 

エンジン部分

エンジン部分

 

円筒形マフラー。エンジンは2ストローク。

円筒形マフラー。エンジンは2ストローク。

ダイキン・ヤンマーのTP21は1967年生まれ

 

前述の農業近代化の歩みを世界へ 「農機事業」というヤンマーのpdfでは

 

バインダの開発で他社に後れをとったヤンマー農機は、田植機での巻き返しを図ってダイキン工業株式会社と提携し、1967 年 5 月にいち早くひも苗式の田植機(動力苗まき機)TP21 を発売した。その後、改良を重ねながらY30P、FP2 を相次いで投入し、3年間で3万 8,700 台を販売して業界総出荷台数の 57%を占めるまでになったが、やがて市場では散播式田植機が大勢を占めるようになり、バインダと同様に商品の大幅な見直しを迫られることになった。

 

とありました。さらに・・・

 

クボタのマット苗SPS形動力田植機は1970年

 

ぱっと探したかぎりにおいては画像が見つからなかったのですが、関連してクボタのコーポレートサイトの中の『農業機械|技術の系譜|』(http://www.kubota.co.jp/rd/evolution/agriculture/detail/detail.html)に記述を見つけました。

関連してクボタのコーポレートサイトの中の『農業機械|技術の系譜|』(http://www.kubota.co.jp/rd/evolution/agriculture/detail/detail.html)にSPS型の記述を見つけました。

 

『農業機械|技術の系譜|』の『稲作農家の長年の夢かなえる。過酷な作業工程をついに機械化。念願の田植え機が誕生』によれば、

 

田植え作業の機械化は、稲作農家にとって長年の夢でした。明治時代からさまざまな試みがされましたが、どれも実用には至らず、開発は困難を極めていました。そこでクボタは他社の方式とは異なる、育苗箱を使用した「ばらまき育苗方式」による「土付苗田植機」に注力。1968年にSP形を開発、翌年には歩行形田植え機の原型となる1輪2条植えのSPS形を発売、1970年に量産を開始しました。

 

とあります。

 

イセキのマット苗円筒型PC20形動力田植機は1970年試験販売

 

イセキの社史「井関農機60年史」174pに 「■PC20型とフロート式PF20型の開発」としてこのような記述がありました。 当社が田植機に開発大正をマット苗用円筒型に切り替えたことは第4章で述べたが、その試作第一号機が完成したのは昭和43年9月である。市場テストを重ねて商品化を検討した結果、円筒と車輪にナオ改善の余地があったので、基本仕様の見直しを行ない、構造・機能の欠点を是正して、44年7月に「PC20型」として商品構成に加え、45年から試験販売を開始した。 とあります。

イセキの社史「井関農機60年史」174pに

「■PC20型とフロート式PF20型の開発」としてこのような記述がありました。
当社が田植機に開発対象をマット苗用円筒型に切り替えたことは第4章で述べたが、その試作第一号機が完成したのは昭和43年9月である。市場テストを重ねて商品化を検討した結果、円筒と車輪になお改善の余地があったので、基本仕様の見直しを行ない、構造・機能の欠点を是正して、44年7月に「PC20型」として商品構成に加え、45年から試験販売を開始した。

とあります。イセキの動力田植機は昭和45年、つまり1970年に販売されたということです。マット苗円筒形かひも苗式かの違いはありますが鉄車輪の耕耘機タイプというところがダイキン・ヤンマーのTP21型と似ていますよね!

 

他のメーカーでもっと早く開発・販売に成功したところがあるかもしれませんが、現時点では1970年のクボタ/イセキを抑えて1968年販売のダイキン・ヤンマーTP21動力田植機がトップを走っていることがわかります。

 

今日はここまでです。まだまだ田植機考古学は続きます。それではまた明日!

 

 

AとBの差は北海道かそれ以外か。フロート式動力苗まき機(ひも苗式)ヤンマーFP2B@昔の雑誌

今日も田植機考古学。昨日のフロート式動力苗まき機(ひも苗式)ヤンマーFP2Aの記事を見て、トラクター狂さんが同じくフロート式動力苗まき機ヤンマーFP2Bの記事を送ってくれました。

 

きっと「どこかで見たゾ」と雑誌のバックナンバーを一所懸命探してくれたのだと思います。ぼんやりとしたヤンマーFP2Aの像が、この資料によってハッキリクッキリと焦点を結びました。トラクター狂さん、ありがとうございます!

 

機械化農業 1972年3月号 特集 ことしの田植機 今から50年近く前の雑誌です。表紙はクボタのマット苗式SPS形の2条植えでしょうか?田植えお姉さんの微笑みが不気味で、それが当時らしく感じられます。

機械化農業 1972年3月号
特集 ことしの田植機
今から50年近く前の雑誌です。表紙はクボタのマット苗式SPS型の2条植えでしょうか?田植えお姉さんの微笑みが不気味で、それが当時らしく感じられます。

 

ぱっと探したかぎりにおいては画像が見つからなかったのですが、関連してクボタのコーポレートサイトの中の『農業機械|技術の系譜|』(http://www.kubota.co.jp/rd/evolution/agriculture/detail/detail.html)に記述を見つけました。

関連してクボタのコーポレートサイトの中の『農業機械|技術の系譜|』(http://www.kubota.co.jp/rd/evolution/agriculture/detail/detail.html)にSPS型の記述を見つけました。

 

『農業機械|技術の系譜|』の『稲作農家の長年の夢かなえる。過酷な作業工程をついに機械化。念願の田植え機が誕生』によれば、

田植え作業の機械化は、稲作農家にとって長年の夢でした。明治時代からさまざまな試みがされましたが、どれも実用には至らず、開発は困難を極めていました。そこでクボタは他社の方式とは異なる、育苗箱を使用した「ばらまき育苗方式」による「土付苗田植機」に注力。1968年にSP形を開発、翌年には歩行形田植え機の原型となる1輪2条植えのSPS形を発売、1970年に量産を開始しました。

とあります。

 

SPS-28というものらしいです。

こちらはなんとデッドストックのSPS型。SPS-28というものらしいです。機械化農業は1972年の雑誌ですから、表紙の写真は1970年のSPS型2条植えSPS2型、もしくはSPS2◯型(◯の中に何か数字が入る?)だと思われます。

 

トラクター狂さんは、その「ことしの田植機」の記事の中にヤンマーフロート式動力田植機FP2Bというのを見つけてくれました。

トラクター狂さんは、その「ことしの田植機」の記事の中にヤンマーフロート式動力田植機FP2Bというのを見つけてくれました。こんな風に苗が載るんですね!

 

これがヤンマー・ダイキン工業のフロート式動力苗まき機(ひも苗式)ヤンマーFP2Aです。どういう構造かよくわからないのですが、歩行式の田植機だということはわかります。

これが昨日のヤンマー・ダイキン工業のフロート式動力苗まき機(ひも苗式)ヤンマーFP2Aです。まあ、同じですよね。

 

一番下の写真は貴重です。ひも状に連なったウレタン苗 とあります。僕は「ひも苗」という言葉から、もっと細いものを想像していました。しかしこれを見ると結構太い・・・ウレタン苗というので、一筆書きで切れ目を入れたウレタンの上に種を播き、苗を育てたのかもしれません。それをプラソリのオシリから引き出してちぎりながら植えたのかも・・・ しかし、ウレタンは最期どうなったのでしょう?

一番下の写真は貴重です。ひも状に連なったウレタン苗
とあります。僕は「ひも苗」という言葉から、もっと細いものを想像していました。しかしこれを見ると結構太い・・・ウレタン苗というので、一筆書きで切れ目を入れた四角いウレタンの上に種を播き、苗を育てたのかもしれません。それをプラソリのオシリから引き出してちぎりながら植えたのかも・・・
しかし、ウレタンは最期どうなったのでしょう?

 

せっかくなのでフルに引用します。

{特長}

  1. ひも苗稚苗を同時2条植付け。植付けはクランク式
  2. 植付け深さは、レバー1本のワンタッチ操作で4段階に調節でき、浅植えをする。
  3. 株間は、工具なしで7段階に調節できる。
  4. 左右にセットした2輪で安定走行。幅広いフロートで田面を直進する。
  5. サイドクラッチセットにより旋回性にまさる。
  6. 能率は苗取りを含め10aあたり1〜1.5時間。
  7. 床土の代わりに、新苗床材であるウレタンを採用した育苗方式。
  8. 播種作業は、10a分15箱がわずか5分。
  9. 株間330mmのFP2Aもある。

{仕様}

機体寸法=長さ1860〜2040×全幅750(標準仕様・車輪105)、806(特別仕様・車輪806)mm×全高780~905mm

 

出てきました!昨日のFP2Aです。AとBの違いは株間の違いだったんです。そして床土がウレタンだったということもわかりました。

 

つづきです。

つづきです。

 

重量=62kg

仕様苗=葉令1.5〜2.5葉、草丈8〜18cm程度の連続苗

植付条数=2条

条間=300mm

株間=100〜160mm、4段調節可能

株数=3.3㎡当たり約66〜111株

1株苗本数=2〜5本

植付方式=切断同時植付式(クランク式植付方式)

植付速度=0.28〜0.715m/sec

クラッチ方式=主クラッチ・・・自動遠心式、操向クラッチ・・・ボールスライド式

苗送りクラッチ・・・ばねクラッチ式

エンジン=空冷2サイクル単気筒ガソリン、1.7ps/6500rpm、リコイルスタート式

{機構とその調製}

 

  1. 栽植密度の決定=地域の特性に合わせて、栽植密度表により株間と隣接条間を選定、栽培密度を決定する。機械植えは、慣行田植えより株数を10〜20株多くする。
  2. 株間の調節=株間は、調節金具をまわして、チョ説金具の目盛と調節金具の凸起部の合わせ位置を換えて調節する。調節金具はエンジン側と車輪側の2カ所にある。
  3. マーカー位置の決定=希望する隣接条間に合わせて蝶ボルトでマーカーを移動固定させる。

 

マーカー位置の決定ってこの写真でいうところの2図ですね。

マーカー位置の決定ってこの写真でいうところの2図ですね。難しくいうから何かと思っちゃいました。引用を続けます。

 

  1. 苗のせ=左右両方の苗のせ台へ、それぞれ一箱分ずつの苗をのせる。

  2. 苗送り=苗のせ箱の最下部にある苗ひもの端を苗送りロールの間にはさみ、苗送りロールハンドルを回して苗ひもが、かカッター受け刃より10mm程度出るまで苗を送り、始動直後より切断植付ができるようにする。

  3. 植付開始=植付クラッチレバーを「前方」へ倒すと、植付クラッチが入って植付を始める。

  4. 植付深さ調節=深度調節ハンドルをまわして植付深さを調節する。

  5. 枕地での旋回位置の少し手前で、スロットルレバーを「低速」にし、旋回点で切り、旋回しようとする側の操向クラッチレバーを握り旋回する。

 

各部名称です。

各部名称です。

 

各部名称です。

各部名称です。

 

以上、なんとなくひも苗式田植機の操作法がわかったような気がします。

 

トラクター狂さんによると、本州は株間300mmが標準で、北海道は330mmと地域差があるらしく、機械化農業に登場したFP2Bの株間は300mm。僕が北海道で見たFP2Aの株間は330mm・・・

 

つまり、僕の見た田植機は当然北海道仕様で株間330mmのFP2Aなのは当然の結果ということになります。

 

もっと続けるはずだったのですが、時間がなくなってしまいました。今日はここまでです。田植機考古学、明日も是非お付合いください。それではまた明日!

1 2 3 4 5 6 68

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (あかさより[03/26]) 持ってます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/23]) テストです。2度失敗
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (H2より[03/23]) うちにもまだ唐箕あり
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) なおしておきます!
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) みみずくさん がくっ
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (みみずくより[03/15]) >現在の感覚で
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[03/12]) ニ田さん こんにちは
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (noraより[03/12]) 福家さん、情報ありが
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (noraより[03/12]) トラクター野郎さん 
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ビリーさん こんにち
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ヒデさん こんにちは
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) 山葵さん お返事遅れ
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (ニ田翔より[03/11]) このトラクターを見る
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (福家より[02/26]) はるか以前に聞いた事
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (noraより[02/25]) 伊藤さん こんにちは
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (トラクター野郎より[02/21]) 耕太の年式を見分ける
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[02/21]) こんにちは。注意書き
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (ヒデより[02/16]) 私もこのトラクター使
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (山葵より[02/13]) 強烈な朝顔ハンドルは
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (伊藤三晃より[01/27]) つくばのクボタのとこ
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械