昔の未来のトラクタ・・・クボタ・サターンX-24・・・「撮りトラ」

今日はダイナミックフェア2014(JAグループ茨城の第40回農機・生産資材大展示会+同時開催の第55回中古農機展示即売会)で見た中古のクボタトラクター

会場で一番の輝きを放っていた、「kubota X-24 SATURN 全農」撮り虎です。

「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」モーレツにかっこいいレインガード付き。後にも先にもこんな「やり切った感」のあるクボタトラクタは見たことがありません。
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」モーレツにかっこいいレインガード付き。後にも先にもこんな「やり切った感」のあるクボタトラクタは見たことがありません。

kubota X-24 SATURN 全農は、バブル後半の1990年(平成2年)生まれ。

駆動方式に四輪駆動を採用し、ボディサイズは全長で2790mm、全幅1220mm、全高1400mm。エンジンはクボタV1405水冷4サイクルディーゼルエンジン(new TVCS)1422cc 24馬力/2600rpm。PTO回転速度は2600回転で554回転、802回転、1182回転となっているようです。
 
以前、レインガードなしクボタトラクタ SATURN X-20

レインガード付きクボタトラクタ SATURN X-20を紹介しましたね。
 

バブルの時代に生まれた60年代テイスト?

サターンといえば60年代、 全高110.6m /直径10.1mの巨大なロケット
サターンといえば60年代、 全高110.6m /直径10.1mの巨大なロケット
そしてXがつくのはスペースプレーンX-20 同じく60年代のもの・・・形もビミョーに似てるかなあ
そしてXがつくのはスペースプレーンX-20 同じく60年代のもの・・・形もビミョーに似てるかなあ

Boeing X-20 Dyna-Soar 1957年から始まったプログラム よく見るとちょっとスペースシャトルをスリムにしたようなフォルム。
Boeing X-20 Dyna-Soar 1957年から始まったプログラム よく見るとちょっとスペースシャトルをスリムにしたようなフォルム。

 

一方こちらは田んぼのXでサターン

「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
軽快そうだし、欲しくなってしまう一台。中古価格は¥920,000 使用時間840時間。備考に成約時に後輪タイヤ交換致します・・・とあります。

オリジナルの塗装の残るきれいな「X-24 SATURN 全農」・・・あ!もう売れちゃったと思いますよ!

Xシリーズはレインガードキャビンがついているものに限るなあ。もちろん使うにはフルカバード、エアコン付きがいいに決まってますけど、きっとスパッと割り切ったその気持ちで、暑い日の作業も涼しく感じられるんじゃないかなあ・・・なんて思います。

そういえば、この機体は珍しい前方吹き出し冷却方式だったんですよね! 詳しくは下のリンクで・・・
 
物語はこんなきっかけから動き出す・・・クボタX-20「撮りトラ」(X-20のエンジン冷却方式の検証)
 

「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
ライトはムキ出しではなくカバーされています。これもちょっとユニーク。

「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
両サイドと真後ろがスカッとオープンなのが潔いレインガードキャビン。雨には濡れないけど、風は取り入れたい・・・そんな気持が伺えます。
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
ここらへんはよくわからないのですが、グレーのクボタ純正ワンタッチの「カチャン」ってヤツが付いているのでしょうか。
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
シンプルで好感の持てる運転席
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
日本語表記少なめ ハンドルもKUBOTAとだけ・・・
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
絵と略字のみ・・・GLはグローかなあ・・・STはスターター? ものすごく略している感じだけど、一般的なものなのかな?
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
メーターまわりも、観賞用としては丸いメーターがはまっているほうが良いけれど、充分いけてるレベル。
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
このあたりも日本語表記少なめ。でも目盛など、見やすそうです。
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
同じく日本語表記少なめ。
「Kubota Tractor X-24 SATURN 全農」
あははっ!よく考えたら、大昔のトラクタに比べたらずいぶんレバーがたくさんありますね!

続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“昔の未来のトラクタ・・・クボタ・サターンX-24・・・「撮りトラ」” への2件の返信

  1. ボンネットのフロントマスクは後の大型機のグランドマックスシリーズ(97〜05年)の雛型って感じですね

    1. 野良犬さん おはようございます

      ボンネットのフロントマスクは後の大型機のグランドマックスシリーズ(97〜05年)の雛型って感じですね

      確かにそうですね!
      ちょっとしもぶくれのスリットフェイスなところや四角いおめめとか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。