Homeに戻る > シンプルだけど、よく見ると高級感あるかも!マッセイファーガソンMF240・・・「撮りトラ」

シンプルだけど、よく見ると高級感あるかも!マッセイファーガソンMF240・・・「撮りトラ」

同じものが続くと辟易してしまうと思うので、今日は趣向を変えてドライブの途中で見たマッセイファーガソンMF240「撮りトラ」にします。

僕は四角いファーガソンはフランス製だと思っていたのですが、これは英国、コベントリー生まれでした。それどころかアメリカでも作っていたみたいです。

マッセイファーガソンMF240。tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

マッセイファーガソンMF240。tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

以前紹介したフェントトラクター(詳しくは『このへんじゃ珍しい、FENDT FARMER306LSA TURBOMATIK・・・「撮りトラ」』を見てください)の隣にあったんですが、こちらの紹介は遅れましたね。

黒いお顔の中、焦点の定まらないまんまるオメメで遠くを見るともなしに見ている・・・そんな特徴的な顔立ちです。

tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

何か書いてあるなあ・・・と、遠くから撮った写真なんですが・・・

拡大してみるとコベントリー MADE IN UK! イギリス生まれです!!

拡大してみるとコベントリー MADE IN UK! イギリス生まれです!!

tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

そういわれてみると僕は単純なので、ぼーっとしたこの顔も紳士に見えてきます。

tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

よく見るとこのヘッドマークも最新式の素敵なもの!

調べてみるとMF240は1980年から1990年まで作られたロングセラー。シンプルだけど良く見るとしっかりした高級感があります。

tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

おもりだって角が黒光りして「伝統」って感じです。ま、イメージですがね。

tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

ね?そう思いませんか?

tractordata.comによればMF240はパーキンスAD3.152 2.5L 3気筒ディーゼル 46馬力/2000rpmだそうです。

両端がマッセイファーガソンで真ん中は無造作に突っ込まれたヰセキ・・・というモナカかキセルかという状態なのがご愛嬌ですが・・・

コベントリー、バナ-レーン MFの工場 場所はこのあたり

以前調べたコベントリーにあったマッセイファーガソンの工場・・・


大きな地図で見る

ウィキで写真を見つけました。ここからやってきたんだ!

ウィキで写真を見つけました。ここからやってきたんだ!

イカしてます。彼の生まれ故郷

2005年の写真だそうですが、彼の生まれ故郷はステキです。

でも、今は更地になっちゃってるんですけどね・・・フランスの工場はまだ残っているのでえらい違いです。このコベントリー、MFのエンジンを一部作っていたスタンダードモーター社もあったそうなんです。

今回さらに調べてみました

2013年のBBCのニュース「What Massey Ferguson workers did after factory closure」がまだ閲覧できます。

2013年のBBCのニュース「What Massey Ferguson workers did after factory closure」がまだ閲覧できます。

1946年から2002年まで、50年あまりこのコベントリーでMFを作ってきたわけです。(記事の中に出てくるその数は300万台!)大きな工場が閉鎖された時、その後そこで働いていた人たちを雇用できるような職場は少ないとあります。

岐阜県の話でしたっけ? ソニーの大きな工場が閉鎖されたときもそんな話がでていました。工場を誘致して雇用が生まれて喜んでも、閉鎖されると工場誘致以前に猛スピードで突然戻ってしまうという恐さがあります。

で、2002年に閉鎖が決定し、2005年にはこの状態。FOR SALEの貼り紙が悲しいです。奥のほうでは何か始まっている気配。

で、2002年に閉鎖が決定し、2005年にはこの状態。FOR SALEの貼り紙が悲しいです。奥のほうでは何か始まっている気配。

日本と同じ島国ですからスクラップ&ビルドも仕方ないのでしょうが、このすてきな工場、景気よく壊されちゃってます。

日本と同じ島国ですからスクラップ&ビルドも仕方ないのでしょうが、このすてきな工場、景気よく壊されちゃってます。

そして現在は住宅地に・・・

さすが、まとめてできた住宅地なだけあって統一感があります。どこかで見たような感じだなあ・・・昔西田敏行さんがCMやってたアパートの作りに似ているような・・・

先のMF240と違ってよく見ると新建材使ってすばやく建てたようなたたずまい。重厚さはないですね・・・日本の建物みたい。

僕は「イギリスでは今でもレンガや石を積んで家を建てるのかな」なんて根拠もなく思ってたので、ちょっと安心したりして・・・

MF240、こちらも続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

ウエイトが草で磨かれてピカピカですね!ファンベルトとかもカバーが付いていて安全です
シフトレバーの根元がブーツなんですが、ゴムはいずれへたってしまうのでやっぱり金属ですね。
シートは最近のものにバージョンアップしたのかな?今風のデザインですね。

フロントアクスルが鞘型でストレートです。ブレーキもぶら下がったタイプで、油圧かな?
パワステで運転も軽快そうです
100シリーズとブロックはそっくりでもやはり違いますね

2016年2月5日 7:24 PM | 山葵

山葵さん おはようございます

見慣れたエンジンまわりと違ったように見えたのは
カバー類が付いていたからなんですね
シート、背もたれには不思議な模様が付いていますし
確かにゴージャスな感じがします
ブレーキは吊り下げ式のほうが効くのでしょうか

なんてことはない形ですけど、シロウトにも「なにか良い物」の感じが伝わってきます

2016年2月8日 8:43 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/02/05/massey_ferguson_mf240-1/trackback/