1968年運輸省型式認定クボタ快足テーラーT65「朝1分の農機考古学」

PVアクセスランキング にほんブログ村

朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は久しぶりの60年代。1968年運輸省型式認定のクボタ 快足テーラーT65です。プラスチックを多用した機械は歳をとると痛い感じになりますけど、60年代の全金属製マシンは時を経ると重厚感が増しますね。

改めてネットオークションで見つけてきたクボタ快足テーラーT65です。この適度にやれている感じ、いいですねぇ。冒頭にも述べましたけど、金属製の機械は正しく歳をとる感じが好きです。うまく説明できないのですが、プラスチック多用マシンは歳をとるとどうしても「若作りの痛い感じ」が出てきてしまします。金属とプラスチックの劣化具合が違うからですかねぇ・・・
改めてネットオークションで見つけてきたクボタ快足テーラーT65です。この適度にやれている感じ、いいですねぇ。冒頭にも述べましたけど、金属製の機械は正しく歳をとる感じが好きです。うまく説明できないのですが、プラスチック多用マシンは歳をとるとどうしても「若作りの痛い感じ」が出てきてしまします。金属とプラスチックの劣化具合が違うからですかねぇ・・・
細身のボディやライト脇のメッキ・・・力強さのイメージが前面に押し出されていた(少なくともカタログなどでは)耕耘機と違って、見るからにスタイリッシュです。「快速」とされるミドルネームもその姿からも「パワー」というより扱いやすさを体現したスタイルとなっています。どちらかといえば現在販売されている耕うん機に近いかもしれません。
以前紹介したT65Rのカタログです。末尾のRはロータリーのRのようですから、同じものだと思います。つまり、これが生まれたままの姿。「新しい」というだけでそれほど心を動かされることがありません。しかし、上の時を経た姿はどこか惹かれる力があるように感じます。

少し気になるこちらを向く開口部ですが、冷却ファンのカバーみたいです。防水カバーというのですが、かえって水がバンバン入りそうで心配になります。ちゃんと下から抜けるのでしょうか?脱着自在だそうですが・・・
お時間のある方はこの以前のカタログをどうぞ
2本立てです。
すみません。すでに時間がなくなってきました。飛ばして行きます。表示部分も全て金属。従って細かい部分も読んだり見たりすることができます。シールや印刷だと、これだけ時間が経ってしまうと読んだり見たりすることはできなくなってしまいます。
すみません。すでに時間がなくなってきました。飛ばして行きます。表示部分も全て金属。従って細かい部分も読んだり見たりすることができます。シールや印刷だと、これだけ時間が経ってしまえば色あせて読んだり見たりすることはできなくなってしまいます。
銘板もしっかり残っていて、しかもこのように撮影してくれています。小型特殊自動車運輸省型式認定番号 農634号クボタ T65型とあります。T65は6馬力空冷4サイクルハイオクタン灯油エンジンのT65-HRと6.5馬力空冷4サイクルガソリンエンジンのT65Rの二本立てで販売されていたようです。
銘板もしっかり残っていて、しかもこのように撮影してくれています。

小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農634号
クボタ T65型

とあります。
T65は6馬力空冷4サイクルハイオクタン灯油エンジンのT65-HRと6.5馬力空冷4サイクルガソリンエンジンのT65Rの二本立てで販売されていたようです。
シートに記入します。50歳以上の機械については残っている機体が少なく、番号を確認できる機会はさらに少ないため、番号がかなり飛んでいます。
シートに記入します。50歳以上の機械については残っている機体が少なく、番号を確認できる機会はさらに少ないため番号がかなり飛んでいます。それでも集め始めた当初よりはこの認定番号を目にすることが増えたようにも思います。

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』に追記しました

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』を固定ページで公開しました。一番上のメニューから入れるようにしています。これから新しく運輸省型式認定番号を発見するたびに追記することにします。

追記:今まで一部の環境ではテキストが読めなかったということがわかったので修正しました。スマホでも読めるようになったと思うのですが、もし読めない場合はコメント欄でもメールでも構いませんので連絡をください。お願いします!

今日はもしかしたら環境保全会の活動があるかもしれないので、慌てて進めてしまった感じになりました。(連絡が来ることになっているのですけど・・・)昨日の雨は上がって今日はもう降らないのかな? それでは皆さんごきげんよう。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。