詳報:島地区に新しいラップマシンが来た!(タカキタSW1120D)

今日は昨日の続きで、島地区に新しいラップマシンが来た!(タカキタSW1120D)詳報です。型番のSW1120Dの「D」はディーゼルの「D」のようでした。

毎日暑いのは暑いのですが、もう9月。秋は(それどころか冬?)すぐそこまで来ている感じで、空がいつも賑やかです。夏の雲と秋の雲が戦っている感じ・・・だから写真を撮ると撮った対象物も主張しますけど、空もベチャベチャ喋りかけるようで、画面全体がウルサイです。
毎日暑いのは暑いのですが、もう9月。秋は(それどころか冬?)すぐそこまで来ている感じで、空がいつも賑やかです。夏の雲と秋の雲が戦っている感じ・・・だから写真を撮ると撮った対象物の主張に加え、空もベチャベチャ喋りかけて来ていて、画面全体がウルサイです。
この日は久々にオレンジのローダーが出勤していました。日立建機のSW30です。(レンタルなんで何がやってくるかわからないのです)
この日は久々にオレンジのローダーが出勤していました。日立建機のZW30です。(レンタルなんで何がやってくるかわからないのです)
2014年に写真を撮ったやつだと思います。

島地区の新しい仲間、ラップマシンに戻ります

↑せっかくなので、昨日つないだ動画を一番最初に貼っておきます。従来使っていた機械は少し力的に苦しそうに見えたのが、このSW1120Dではそういうところは見えません。余裕があるように見えます。

その分作業にかかる時間もわずかに少なく、安心してみていられる感じです。新しい機械を導入した時にたいてい感じる「あの感じ」といったところでしょうか・・・

島地区に新しくやってきたSW1120Dに戻ります。実は外見がそれまでの形とほとんど変わらなかったので、ガッカリしていたのですが、細かい部分は色々と違います。その中でも目につくのは屋根がついたこと。これ大事ですね!
島地区に新しくやってきたSW1120D。実は外見がそれまでの形とほとんど変わらなかったので、ガッカリしていたのですが、細かい部分は色々と違います。その中でも目につくのは屋根がついたこと。これ大事ですね!
特長は屋根!
特長は屋根!
SW1120D ラップマシンはすべてこの場所に型番が記載されています。
SW1120D ラップマシンはすべてこの場所に型番が記載されています。
「クローラが長い」幅280mm接地長1340mmというのがウリのようです。
「クローラが長い」幅280mm接地長1340mmというのがウリのようです。その効果を発揮するほどの圃場の状態ではありませんでした。
正面から見たところ。
正面から見たところ。
ロールを銜える部分。なんだかここがコンパクトで素早く動くのが印象的でした。先のクローラが長いためなのかもしれませんが、先がコンパクトなので、積み込みの時に前後にギッコンバッタンする動きが小さいように見えました。
ロールを銜える部分。なんだかここがコンパクトで素早く動くのが印象的でした。クローラが長いというのもあるかもしれませんが、先がコンパクトなので、フロントヘビーになる積み込み時に前後にギッコンバッタンする動きが小さいように見えました。
ビニールカバーが印象的で撮った写真。SW1010WYにはこういう部分がありません。
ビニールカバーが印象的で撮った写真。SW1010WYにはこういう部分がありません。
エアフィルター。これもSW1010にはなかったと思うんだけどなぁ・・・エンジンルーム内に納まり切らないので外に出したのかしら・・・
エアフィルター。これもSW1010にはなかったと思うんだけどなぁ・・・エンジンルーム内に納まり切らないので外に出したのかしら・・・
後ろまわり。
後ろまわり。
エンジンカバー。ボルトで留まっているように見え「SW1010のようにゴムバンドを外してカパッと外せないのかな?」と思ったら、したにヒンジがあり、全体が大きく開くようになっているのでした。
エンジンカバー。ボルトで留まっているように見え「SW1010のようにゴムバンドを外してカパッと外せないのかな?」と思ったら、したにヒンジがあり、全体が大きく開くようになっているのでした。
型番がレーザー抜き文字で表現されています。おもしろい!
型番がレーザー抜き文字で表現されています。おもしろい!
ラップ搬送部分の構造も少し違う・・・ゴムローラーが気になって撮ってます。
ラップ搬送部分の構造も少し違う・・・ゴムローラーが気になって撮ってます。
給油はシートを持ち上げて。
給油はシートを持ち上げて。
ラッピングのコントロール部分。SW1120DMという型番の機械は、ロールの重さを測定できるとカタログに書いてありました。このパネルにも「重さ測定」のボタンがありますが、実際に測定できるのかどうかはわかりません。
ラッピングのコントロール部分。SW1120DMという型番の機械は、ロールの重さを測定できるとカタログに書いてありました。このパネルにも「重さ測定」のボタンがありますが、実際に測定できるのかどうかはわかりません。

比較対象のSW1010WY

こちらは動画で比較したSW1010WY。屋根がなく、ロールを銜える腕の部分の作りが違います。
こちらは動画で比較したSW1010WY。屋根がなく、ロールを銜える腕の部分の作りが違います。
前から見たところ。
前から見たところ。
ラップ搬送部分。
ラップ搬送部分。
SW1120と同じようにシートを倒していますけど、給油はエンジン側のタンクに・・・
SW1120と同じようにシートを倒していますけど、給油はエンジン側のタンクに・・・
エンジンカバーはゴムのバンドを外して・・・前部パカッと取れちゃいます。
エンジンカバーはゴムのバンドを2つ外して・・・前部パカッと取れちゃいます。
今日はこんなところです。また明日!
今日はこんなところです。また明日!
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。