1 2 3 4 5 6 177

米作りのレポート

鍋で炊いたほうがおいしい(炊飯袋を使ってみた)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxrace

水のほうも落ち着いてきました。こちらでは断水も停電もしていませんが、イザという時の引き出しを増やすため、レッドブルボックスカートレースで配った炊飯袋で米を炊いてみることにしました。

 

炊飯袋とはこんなものです。湯煎でご飯が炊けるというもの・・・アマゾンで300枚3350円!

炊飯袋とはこんなものです。湯煎でご飯が炊けるというもの・・・アマゾンで300枚3350円!

 

その炊飯袋に1合の米を入れ

その炊飯袋に1合の米を入れ

 

さらに大子の漆かきを視察した帰りのMさんとお友達も寄ってくれ、袋詰めを手伝ってくれました。いつも蕎麦打ちにもきてくれるMさん、お友達もありがとうございます!!

みなさんに手伝ってもらって

 

封筒に入れて

封筒に入れて

 

おかげさまで実弾が揃いました。

たくさん作り

 

前回と違い、一つ一つの量が多いので、重くなるのが難点です。コンテナ3つとモノタロウの箱2つにいっぱい入っています。

これらにぎっちり詰めて

 

お米」と言って配っているので中身はわかるはずなのですが、必ず書いてあることを読んでくれるんです。そこがすごくおもしろい

会場で配ったのでした

 

 

その炊飯袋に1合の米を入れ

前置きが長くなってしまいました。この機会に炊飯袋を使うとどんな感じになるのか確認しておこう・・・ということです。

 

過酷な状況を考え、米は洗わずにそのまま水を入れます。

過酷な状況を考え、米は洗わずにそのまま水を入れます。

 

空気を抜いて線のところで折り返し

空気を抜いて線のところで折り返し

 

輪ゴムでキツく縛る

輪ゴムでキツく縛る

 

空気が入らないよう、線のところで折り返し、輪ゴムでキツく縛る・・・と説明にあるのですが、これはなかなか難しい・・・どうしても空気が入ってしまいます。

空気が入らないよう、線のところで折り返し、輪ゴムでキツく縛る・・・これはなかなか難しい・・・どうしても空気が入ってしまいます。

 

空気抜きが比較的うまく行ったのもあれば、全くうまく行かなかったものも・・・とりあえず、三合炊いてみます。

空気抜きが比較的うまく行ったのもあれば、全くうまく行かなかったものも・・・とりあえず、三合炊いてみます。

 

沸とうした鍋に、袋が鍋肌につかないように入れる・・・とあるので、金属のザルに入れてやってみます。

沸とうした鍋に、袋が鍋肌につかないように入れる・・・とあるので、金属のザルに入れてやってみます。

 

投入!米が袋の中で泳ぐようにせよ・・・とあるのですが、ちょっとその条件は難しそうです。

投入!米が袋の中で泳ぐようにせよ・・・とあるのですが、ちょっとその条件は難しそうです。このまま30分・・・というのでタイマーをセット。ザルを入れた分、お湯が少ないなぁ・・・米の肩くらいしかお湯につかっていません。

 

結局、袋の上のほうがうまく炊けていない感じだったので、ザルから出してお湯の中に寝かせちゃいました。

結局、袋の上のほうがうまく炊けていない感じだったので、ザルから出してお湯の中に寝かせちゃいました。

 

きっちり30分。袋から出して食べてみます。

きっちり30分。袋から出して食べてみます。

 

感想

 

若干芯があって、キャンプ飯という感じ。ただ、湯煎でまちがいなくご飯が炊けるということがわかりました。

 

ただ、この方法でおいしく炊くにはかなり熟練が要りそうです。まず空気をしっかり抜くことと(これが難しいですが)、たっぷりのお湯が重要です。

 

作業をしながらずっと「鍋でお湯を沸かすのだから鍋で炊けばいいじゃん。そのほうが速いし(半分の15分ですみます)」と思っていました。

 

しかし、非常時に洗い物をしなくても良いとか、お湯をずっと沸かしながら次々とご飯を炊くことが可能だとか、ご飯を炊いたあとカップ麺を作ることができる、みそ汁を作ることができるなど、まあいいところもありますよね。あくまでも非常時に限る・・・ですが。

 

やっぱり、お米は鍋で炊いたほうがおいしいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳報:簡単じゃない『台風15号で倒伏したコシヒカリの収穫』

今日は昨日の台風で倒れたTさんのコシヒカリを刈る様子、詳報です。うまく行っている時は「なんてことないなあ」と見ていたのですが、刈りやすいわけでもなく、機械や腕が良くても簡単じゃないことがよくわかりました。

まずは動画です。いつもと違うのは1方向に刈っているところ

 

↑倒れてしまうとトラブルのリスクも大きく、時間もかかります。

 

こんな田んぼ

 

連絡を貰って行った時にはもう刈り始めていたのですが、稲刈の終った田んぼのようでビックリしました。刈り終わったところと、まだ残っているところ、わかるでしょうか?ほとんど高さに違いがありません。

連絡を貰って行った時にはもう刈り始めていたのですが、稲刈の終った田んぼのようでビックリしました。刈り終わったところと、まだ残っているところ、わかるでしょうか?ほとんど高さに違いがありません。

 

稲は風で倒れたので、一方向に向かっています。倒れた稲に向かっては刈れないので、左奥、右奥に向かって行ってはバックして戻りでの収穫です。単方向・・・というわけですね。

稲は風で倒れたので、一方向に向かっています。倒れた稲に向かっては刈れないので、左奥、右奥に向かって行ってはバックして戻りでの収穫です。単方向・・・というわけですね。

 

稲の根元、地上からわずか4〜5センチのところにピンポイントでバリカンを入れなくてはならず、運転席が高く、上から見下ろす形になるコンバインは距離感が掴みにくく、緊張を強いられる操作になりそうです。

稲の根元、地上からわずか4〜5センチのところにピンポイントでバリカンを入れなくてはなりません。運転席が高く、上から見下ろす形になるコンバインは距離感が掴みにくく、緊張を強いられる操作になりそうです。

 

この写真で行くと、左から右に向かって刈って行き、田んぼの端まで行ったところでバックして戻る感じです。

この写真で行くと、左から右に向かって刈って行き、田んぼの端まで行ったところでバックして戻る感じです。

 

刈っているところは普段の作業と違いがるようには見えませんが・・・

後ろから見ると普段の作業と違いがるようには見えませんが・・・

 

倒れた稲がコンバインでバサッと起こされて、どんどんコンバインに飲み込まれていくのは、普段とは違う光景でした。

前から見ると倒れた稲がコンバインでバサッと起こされて(ゾンビみたい)、どんどんコンバインに飲み込まれていくのは、普段とは違う光景でした。

 

そして、コンバインがバックして停車し、Tさんが降りてきたので見に行くとこんなことになっていました。

そして、コンバインがバックして停車し、Tさんが降りてきたので見に行くとこんなことになっていました。

 

稲を根っこごと引きあげてしまい、デバイダー(っていうんでしたっけ?)に詰まってしまったのです。地面ギリギリにバリカンを持っていかなければなりませんから、倒れた稲を刈るということはこのようなリスクがあったのですね。

稲を根っこごと引きあげてしまい、デバイダー(っていうんでしたっけ?)に詰まってしまったのです。地面ギリギリにバリカンを持っていかなければなりませんから、倒れた稲を刈るということはこのようなリスクがあったのです。

 

Tさん、さっと工具を取り出してボルトを1本外し、このようにカバーを持ち上げて詰まった稲を取り除いていました。どんなに新しい機械でも、工具を持ち歩いていないとダメですね。僕だったらこのシュチュエーションでは「まだ新しいし」と、絶対持っていなかったです。

Tさん、さっと工具を取り出してボルトを1本外し、このようにカバーを持ち上げて詰まった稲を取り除いていました。どんなに新しい機械でも、工具を持ち歩いていないとダメですね。僕だったらこのシュチュエーションでは「まだ新しいし」と、絶対持っていなかったです。

 

詰まった稲を取り除き、またコンバインは動き始めました。農機の作業中は常に野外。工具を持参していなければ家に帰らなくてはなりません。工具、大事ですね。

詰まった稲を取り除き、またコンバインは動き始めました。農機の作業中は常に野外。工具を持参していなければ、トラブルの時、家に帰らなくてはなりません。工具、大事ですね。

 

稲刈り再生リスト

 

 

 

今日はこんなところです。また明日!

 

あと12日!カート投票は100越えを狙ってます。よろしくお願いします!

 

わー昨日より一つ増えてる・・・うれしー! 今回「お米たべてー!」TEAMのカート名は『おむすびころりん』。地震で物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。一人一人が一日おにぎりを一つ食べるだけだってかなり違うはず。というわけで、現在受付中の人気投票で「お米たべてー!」TEAMに投票をお願いします!

わー昨日より一つ増えてる・・・うれしー!ありがとうございます!!!しかし残り時間が少なくなるにつれ、焦りのほうが大きくなってきました。まだ全然できていません。仕事は溜まっているし・・・

今回「お米たべてー!」TEAMのカート名は『おむすびころりん』。地震で物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。一人一人が一日おにぎりを一つ食べるだけだってかなり違うはず。というわけで、現在受付中の人気投票で「お米たべてー!」TEAMに投票をお願いします!

 

 

 

1 2 3 4 5 6 177

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/08]) noraさんhoka
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/06]) ライブ配信はココです
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (ゴンザリオより[10/04]) お疲れ様です。 2
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[10/03]) noraさんさん御変
  • 第7章、街づくりを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[10/03]) 山葵さん おはようご
  • 第7章、街づくりを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[10/01])  富士山レーダー用マ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) 千葉県先日の台風でか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) ご無沙汰してすいませ
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (noraより[09/12]) H2さん おはようご
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (H2より[09/12]) noraさん、雨漏り
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[08/28]) 雲野さん おはようご
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (雲野真郎より[08/27]) 国立科学博物館の思い
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械