色々付いているヤツをプレミアムっていうのかなぁ・・・これもプレミアムのCASE IH PUMA200「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、CASE IH、PUMA200「撮りトラ」です。

 

WEBページの日本語の解説によると、『Puma CVTはトラクタークオリティの面からプレミアムとして安定した基盤を持ちます。』とあります。プレミアムトラクターというカテゴリーがある?無段変速なのがプレミアム?よくわかりません。

WEBページの日本語の解説によると、『Puma CVTはトラクタークオリティの面からプレミアムとして安定した基盤を持ちます。』とあります。プレミアムトラクターというカテゴリーがある?無段変速なのがプレミアム?よくわかりません。

 

とはいえ、どこにも「プレミアム」とは書いてありません。

とはいえ、どこにも「プレミアム」とは書いてありません。

 

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。 クボタM7001 M7171PC-MSPFHM1-JP 価格¥参考出品 ★170馬力 ★総排気量:6.124L ★クボタV6108エンジン搭載 ★国内特自排ガス4次規制に余裕で適合 ★300L燃料タンクと38L尿素水タンク ★最適な自動変速制御

クボタM7-171(この写真は昔のものなのでM7171と繋がっています)には実際に「Premium」と書かれています。

 

今年からこれに変わってます。

今年からこれに変わってます。

 

TJW1233 ついにイセキも4ケタ時代に突入です。

先日紹介したTJW1233
ボディには書かれていませんが、WEBページによれば

Blue Pride
明日を拓くプロ農家にふさわしいトラクタとはなにか
「デザイン パワー 居住性…全てに最高のパフォーマンスを」。
ISEKI Premiun トラクタ T.Japan W TJW1153・TJW1233ここに誕生。

とあります。プレミアムトラクターなんです。

 

ジョンディアトラクター、JD6100RCです。ダイナミックフェアで見られるのはラッキーだなあ・・・

ジョンディアトラクター、JD6100RCです。付近に置いてあった看板には

待望のコンパクトタイプ
ジョンディア6RC・6MC登場
2400mmのショートホイールベース
6MC(スタンダード)
JD-6090MC(90馬力)
JD-6100MC(100馬力)
JD-6110MC(110馬力)
6RC(プレミアム)
JD-6090RC(最大100馬力)
JD-6100RC(最大110馬力)
JD-6110RC(最大120馬力)
2014年11月発売予定

と書かれていました。RCはプレミアムなんです。

 

農研機構の登録では 年度 2013 安全鑑定番号 38068 型式名 CASE IH PUMA 200 販売名 依頼者 インタートラクターサービス株式会社 主な仕様 4輪駆動 機関147kW{200PS}/2200rpm 6.728L 希望小売価格 21000 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム (合格番号) SLTV18(213022) となっています。

プレミアムの話は、明確な基準がよくわからないので(でもイセキのWEBページのコピーが全てを表しているような気もします)、先へ進みます。農研機構の登録では

年度 2013
安全鑑定番号 38068
型式名 CASE IH PUMA 200
販売名
依頼者 インタートラクターサービス株式会社
主な仕様
4輪駆動 機関147kW{200PS}/2200rpm 6.728L
希望小売価格 21000 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) SLTV18(213022)

となっています。結構前からあるんですね。

 

ステップ廻り、引きで撮るのを忘れました。2013年生まれということで、工具箱、燃料タンク、尿素水タンクが下町の雑居ビル群みたいになってます。プレミアムトラクターとしてはデザイン面で遅れをとりつつあるかなぁ・・・と感じます。

ステップ廻り、引きで撮るのを忘れました。2013年生まれということで、工具箱、燃料タンク、尿素水タンクが下町の雑居ビル群みたいになってます。プレミアムトラクターとしてはデザイン面で遅れをとりつつあるかなぁ・・・と感じます。イセキの言葉を借りれば、「デザイン パワー 居住性…全てに最高のパフォーマンスを」。・・・ですから。

 

フロントタイヤがすごく太い!

フロントタイヤがすごく太い!

 

型式名 PUMA200 駆動方式 GARU(CVT) 駆動方式 4輪駆動 機体寸法 全長 5642mm 全幅 2484mm 全高 3164mm 最低地上高 613mm 機体重量 7782kg エンジン 水冷4サイクル6気筒ディーゼル 総排気量 6.7ℓ 定格出力/回転数 200PS/2200rpm 最高出力/回転数 245PS/1800rpm 燃料タンク容量 395ℓ AdBlueタンク容量 48ℓ タイヤ 前輪 600/65R28 タイヤ 後輪 710/70R38 軸距 2884mm 変速方式 パワーシャトル/無段変速 変速段数 前進無段/後進無段 走行速度 前進0〜34.8km/h 後進0〜15.0km/h PTO クラッチ形式 湿式多板 PTO 回転数 540/540E/1000/1000E 油圧揚力 101.5kN 外部油圧取出 4 駆動方式 GARU(CVT) とあるのですが、GARUって何だろう・・・と調べたのですがわかりませんでした。CVTはContinuously Variable Transmissionの略でした。

型式名 PUMA200
駆動方式 GARU(CVT)
駆動方式 4輪駆動
機体寸法
全長 5642mm
全幅 2484mm
全高 3164mm
最低地上高 613mm
機体重量 7782kg
エンジン
水冷4サイクル6気筒ディーゼル
総排気量 6.7ℓ
定格出力/回転数 200PS/2200rpm
最高出力/回転数 245PS/1800rpm
燃料タンク容量 395ℓ
AdBlueタンク容量 48ℓ
タイヤ 前輪 600/65R28
タイヤ 後輪 710/70R38
軸距 2884mm
変速方式 パワーシャトル/無段変速
変速段数 前進無段/後進無段
走行速度 前進0〜34.8km/h 後進0〜15.0km/h
PTO クラッチ形式 湿式多板
PTO 回転数 540/540E/1000/1000E
油圧揚力 101.5kN
外部油圧取出 4

駆動方式 GARU(CVT)
とあるのですが、GARUって何だろう・・・と調べたのですがわかりませんでした。CVTはContinuously Variable Transmissionの略でした。

 

そういえばこの機体もマフラーは右側で、給油口は左側。もちろん、右側にもドアやステップは付いています。

そういえばこの機体もマフラーは右側で、給油口は左側。もちろん、右側にもドアやステップは付いています。

 

 

CASEのトラクターは顔がアミアミなのが独特で、「CASE」という雰囲気をしっかり作っている感じがします。色が似ているせいか、三菱のトラクターはすこしここに引きずられてますかね?

CASEのトラクターは顔がアミアミなのが独特で、「CASE」という雰囲気をしっかり作っている感じがします。色が似ているせいか、三菱のトラクターはすこしここに引きずられてますかね?

 

GM300XBY7B 30馬力 1662cc 燃料タンク 32L 全長 3340mm 全幅 1425mm 全高 2135mm

ちょっとこんな感じかも・・・GM300XBY7B 30馬力 1662cc 燃料タンク 32L 全長 3340mm 全幅 1425mm 全高 2135mm

 

プレミアムについて

 

今のところの僕の結論ですが、機能を限定し、価格を抑えた特別仕様などはプレミアムではなく、高パワーで、オートマ、各種電子制御などを備え結果的に高価格、故にちょっと回りから羨望のまなざしを受けることが多い・・・というトラクターがプレミアムトラクターなのではないでしょうか?

 

まさにイセキの言う「デザイン パワー 居住性…全てに最高のパフォーマンス」を持っている(当社比)のトラクターがプレミアム。という、どちらかといえばふわっとした定義なのだと思います。

 

ヤンマーなどはプレミアムデザイントラクターとデザインを強調しているので、何となく他社の使っているプレミアムトラクターの定義とは違うのかもしれません。

 

こんなところで今日はおしまいです。また明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/11/30/case_ih_puma200/trackback/