イセキの一番大きいヤツ(AGCO製を除く)TJW1233「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

このままだと連日古いトラクターの話題になってしまいそうだったので、間に新しいモノをはさむことにしました。

というわけで、今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、イセキTJW1233「撮りトラ」です。

 

人影が見えす、開場前の写真みたいですけど、結構人は出ていて、たまたま人が切れた瞬間の写真です。「間」が感じられる、余裕のある展示で好感が持てます。壁の模様同様、メタリックブルーが引き立っています。

人影が見えす、開場前の写真みたいですけど、結構人は出ていて、たまたま人が切れた瞬間の写真です。「間」が感じられる、余裕のある展示で好感が持てます。壁の模様同様、メタリックブルーが引き立っています。

 

TJW1233 ついにイセキも4ケタ時代に突入です。

TJW1233
ついにイセキも4ケタ時代に突入です。

 

農研機構の登録には載っていませんでした。カタログでは・・・ TJW1233 区分XSCLP33B 機体寸法 全長 4285mm 全幅 2120mm 全高 2750mm 最低地上高 450mm 機体重量 4635kg エンジン 型式名 TCD4.1 種類 水冷4サイクル4気筒立形ディーゼル 総排気量 4100cc 出力/回転速度 123PS 燃料タンク容量 190ℓ 尿素水タンク容量 20ℓ タイヤ 前輪 420/65R24 後輪 540/65R38 軸距 2525mm 輪距 前輪 1560mm 輪距 後輪 1560mm クラッチ形式 電子油圧式湿式多板 ブレーキ形式 湿式ディスク機械式 舵取り形式 全油圧式パワーステアリング 変速方式 前進32段・後進32段 走行速度 前進 0.19〜33.9km 走行速度 後進 0.19〜33.3km となっています。

農研機構の登録には載っていませんでした。カタログでは・・・

TJW1233
区分 XSCLP33B
機体寸法
全長 4285mm
全幅 2120mm
全高 2750mm
最低地上高 450mm
機体重量 4635kg
エンジン
型式名 TCD4.1
種類 水冷4サイクル4気筒立形ディーゼル
総排気量 4100cc
出力/回転速度 123PS
燃料タンク容量 190ℓ
尿素水タンク容量 20ℓ
タイヤ
前輪 420/65R24
後輪 540/65R38
軸距 2525mm
輪距 前輪 1560mm
輪距 後輪 1560mm
クラッチ形式 電子油圧式湿式多板
ブレーキ形式 湿式ディスク機械式
舵取り形式 全油圧式パワーステアリング
変速方式 前進32段・後進32段
走行速度 前進 0.19〜33.9km
走行速度 後進 0.19〜33.3km

となっています。

 

動画もあがっていました。

 

 

 

そのDEUTZエンジンも展示されていました。巨大なファンとその中心部の模様が特徴的!

そのDEUTZエンジンも展示されていました。巨大なファンとその中心部の模様が特徴的!この展示台カッコいいな!

 

TJW1233 エンジン型式 TCD4.1 排気量 4.1L 定格出力90.5kw(123PS)/2100rpm 最大出力96.0kw(130.5PS)/1900rpm 後処理装置 DOC+DPF+SCR

TJW1233 エンジン型式 TCD4.1 排気量 4.1L 定格出力90.5kw(123PS)/2100rpm 最大出力96.0kw(130.5PS)/1900rpm 後処理装置 DOC+DPF+SCR

 

 

 

 

これがそのDEUTZ TCD3.6 L4エンジン。 DEUTZのスペックシートでは、4気筒 3600cc 100馬力/2300rpmとなっています。

これがそのDEUTZ TCD3.6 L4エンジン。
DEUTZのスペックシートでは、4気筒 3600cc 100馬力/2300rpmとなっています。

 

TJW1233 排ガス規制のために、イセキの65馬力以上は全部DEUTZエンジンになってしまいそうです。

TJW1233
排ガス規制のために、イセキの65馬力以上は全部DEUTZエンジンになってしまいそうです。

 

120馬力もあるのに、他の大型トラクターと比べおとなしめのマフラー。(大抵キャビンに沿うように大きなRを描いて太いマフラーが伸びていますよね?)

120馬力もあるのに、他の大型トラクターと比べおとなしめのマフラー。(大抵キャビンに沿うように大きなRを描いて太いマフラーが伸びていますよね?)

 

マフラーも燃料タンクも直線を基調として、ボディとは切り離されてデザインされているように感じます。

マフラーも燃料タンクも直線を基調として、ボディとは切り離されてデザインされているように感じます。

 

オーバーフェンダーの白いラインがオシャレです。これは何を意味しているのだろうか・・・

オーバーフェンダーの白いラインがオシャレです。これは何を意味しているのだろうか・・・

 

フェンダーと言えば、Fフェンダーのピボット部。JDやクボタ、HNと違う機構のものを採用しています。かなり大掛かりですね。

フェンダーと言えば、Fフェンダーのピボット部。JDやクボタ、HNと違う機構のものを採用しています。かなり大掛かりですね。

 

あっさりした燃料タンクと尿素水タンク。ステップも複雑ではありません。

あっさりした燃料タンクと尿素水タンク。ステップも複雑ではありません。

 

これは「新車なのにこんなに汚れちゃって・・・」と思って撮っています。この機体もやはりタンクの給油口は左側。

これは「新車なのにこんなに汚れちゃって・・・」と思って撮っています。この機体もやはりタンクの給油口は左側。

 

正面から見た顔は、LEDが追加されたとはいえ、従来の歌舞伎顔を踏襲したものとなっています。

正面から見た顔は、LEDが追加されたとはいえ、従来の歌舞伎顔を踏襲したものとなっています。ちょっとピンぼけ。

 

 

 

イセキT.Japan W TJWシリーズ TJW120ZXS22R 価格¥11,685,600

こちらは以前見たイセキT.Japan W TJWシリーズ TJW120ZXS22R エンジンはパーキンス製、1204E 4気筒ディーゼルインタークーラーウエストゲート付きターボ4398cc 125.9馬力/2000rpm 当時の価格¥11,685,600

 

イセキT.Japan V TJVシリーズ TJV703CZWX3C 価格¥8,888,400

同じく以前見たイセキT.Japan V TJVシリーズ TJV703CZWX3C エンジンはB54F-E34T 4気筒ディーゼルターボ3385cc 70馬力/2200rpm。

 

一番新しいTJWにも眉間の逆台形ゾーン(従来はこの場所にイセキバッジが付いていましたが、新型では移動してしまいました。)が残っているのが興味深いです。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/11/28/iseki_tractor_tjw1233/trackback/