赤いデビッドブラウン880インプルマチック(多分)「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古車屋さんで見た、デビッドブラウンのDB880インプルマチック「撮りトラ」です。

デビッドブラウンというと「白」のイメージですが、最初は赤だったんですね。

どうしてこうなっちゃったの?というような壊れかたです。結構このような機体を見かけるのですが、これって解体屋さんなんかで上にクルマとか積み上げられちゃったりしたのですかねえ・・・そこから救出されたとか?

どうしてこうなっちゃったの?というような壊れかたです。結構このような機体を見かけるのですが、これって解体屋さんなんかで上にクルマとか積み上げられちゃったりしたのですかねえ・・・そこから救出されたとか?

デビッドブラウンのDB880インプルマチックはtractordata.comによると、1961年〜1965年。3気筒2.5Lもしくは4気筒2..7Lの44馬力となっていました。

デビッドブラウンのDB880インプルマチックはtractordata.comによると、1961年〜1965年。3気筒2.5Lもしくは4気筒2..7Lの44馬力となっていました。

多分、シフトレバーの下、ミッションのケースなのでしょうか?その形状が面白かったので撮ったのだと思います。シートは錆びて崩れ落ちてしまったのでしょうか・・・悲しい朽ち様です。

多分、シフトレバーの下、ミッションのケースなのでしょうか?その形状が面白かったので撮ったのだと思います。シートは錆びて崩れ落ちてしまったのでしょうか・・・悲しい朽ち様です。

ヘッドライトはBUTLERS made in ENGLAND

ヘッドライトはBUTLERS made in ENGLAND

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

BUTLERSのヘッドランプやテール、ウインカーなどは同じくイギリスで作られていた、イングリッシュフォードのフォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTAなどに使われていましたよね!

デビッドブラウンのDB880インプルマチックはtractordata.comによると、1961年〜1965年。3気筒2.5Lもしくは4気筒2..7Lの44馬力となっていました。

そして、超シンプルなメーター

中央の燃料計はわかりませんが、手前のチャージランプ&オイル警告灯はスミス。

中央の燃料計はわかりませんが、手前のチャージランプ&オイル警告灯はスミス。

トラクターメーターはACです。そしてその奥・・・これ、付いていたつまみが取れてしまって、コンビーフの缶をクルクル開けるヤツ(なんていうんですかね?)が突っ込んであるような気がしてなりません。

トラクターメーターはACです。そしてその奥・・・これ、付いていたつまみが取れてしまって、コンビーフの缶をクルクル開けるヤツ(なんていうんですかね?)が突っ込んであるような気がしてなりません。

ACは アルバート・チャンピオン(Albert Champion)

詳しくは『トラクターに部品あり、部品に歴史あり・・・デビッドブラウンdavid brown 770 selectamatic 「撮りトラ」その2』の記事を読んでもらうとして・・・

1900年代初頭、フランスはエンジンの点火プラグの生産寡占国でした。1889年、そのフランスからアメリカに自転車とオートバイのレーサーのアルバート・チャンピオンが移り住みます。アメリカで彼はマサチューセッツに点火プラグの製造販売会社、チャンピオンイグニッション社を設立します。

おお!まさにこのマーク! デビッドブラウンのメーターにも確認することができます。

メーターに刻まれているのはまさにこのマーク!このチャンピオンさん、色々な絡みでめんどくさいことになったようですが、会社は今のACデルコが流れを汲んでいるようです。

・・・・時間がなくなっちゃいました。ちょっと続きます。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/12/11/david_brown_880_implematic/trackback/