CASE DAVID BROWN 1212スプレーヤー仕様?「撮りトラ」

フロントグリルが失われているDBは多いです。というか、残っているDBを見ることのほうが少ない・・・すぐ外れちゃって踏んづけちゃうとかそういうことで失われちゃうのでしょうけど・・・そのためちょっと間の抜けた愛嬌のある顔になっています。お!空き缶ウェザーキャップがついていますね!

ドヨ〜ンとした重たい空気の月曜日。今日はCASE DAVID BROWN 1212の管理機仕様?スプレーヤー仕様?の「撮りトラ」です。

デヴィッドブラウン1212です。tractordata.comによればDavid Brown 1212は1971年〜1976年のユーテリティトラクター。3.6L4気筒ディーゼルで71馬力/2300rpmでした。タイヤ細ーい! 
デヴィッドブラウン1212です。tractordata.comによればDavid Brown 1212は1971年〜1976年のユーテリティトラクター。3.6L4気筒ディーゼルで71馬力/2300rpmでした。タイヤ細ーい!
背負っているタンクは1100Lも入ります。これ満タンでもちゃんと走るのでしょうか・・・すごいな。
背負っているタンクは1100Lも入ります。これ満タンでもちゃんと走るのでしょうか・・・すごいな。
これ、スプレーヤーの操作は後ろを振り向かないとできないんですね。フロントウエイトとしてでしょうか。ディスクがガシャガシャ載せてあります。何に使うのでしょうか・・・ボンベ様のものがフロントに括り付けられています。二駆ですがフロントにラグタイヤがハマっています。
これ、スプレーヤーの操作は後ろを振り向かないとできないんですね。フロントウエイトとしてでしょうか。ディスクがガシャガシャ載せてあります。何に使うのでしょうか・・・ボンベ様のものがフロントに括り付けられています。二駆ですがフロントにラグタイヤがハマっています。
デヴィッドブラウンって開口部には何にも入っていないんですね・・・がらんどうです。ラジエターもずいぶん後ろみたい。当然エンジンはもっと後ろにあるでしょうから重心はかなり後ろ寄りと思われます。
デヴィッドブラウンって開口部には何にも入っていないんですね・・・がらんどうです。ラジエターもずいぶん後ろみたい。当然エンジンはもっと後ろにあるでしょうから重心はかなり後ろ寄りと思われます。
フロントグリルが失われているDBは多いです。というか、残っているDBを見ることのほうが少ない・・・すぐ外れちゃって踏んづけちゃうとかそういうことで失われちゃうのでしょうけど・・・そのためちょっと間の抜けた愛嬌のある顔になっています。お!空き缶ウェザーキャップがついていますね!
フロントグリルが失われているDBは多いです。というか、残っているDBを見ることのほうが少ない・・・すぐ外れちゃって踏んづけちゃうとかそういうことで失われちゃうのでしょうけど・・・そのためちょっと間の抜けた愛嬌のある顔になっています。お!空き缶ウェザーキャップがついていますね!
拡大してみると空き缶ウェザーキャップはCRCの缶でした。
拡大してみると空き缶ウェザーキャップはCRCの缶でした。

今日はあまり発見なく淡々と終ってしまいました。それではまた明日!

 

超小ネタひとつ

写真の右上隅のボルトの下あたり・・・

今日は休日だしやることもあるので、普段あまりにも「だからなに?」ってな感じでなかなか出せない超小ネタをひとつ。

某所で見たデビッドブラウンの後軸回り。
某所で見たDavid Brownの後軸回り。(車種はわかりません)
写真の右上隅のボルトの下あたり・・・
写真の右上隅のボルトの下あたり・・・
文字が見えます。トラクターはデビッドブラウンですが、もちろんそれは無数の部品から成っています。部品メーカーも気になるので、何か文字が書いてあると写真を撮っておくことが多いです。
文字が見えます。トラクターはDavid Brownですが、もちろんそのデヴィッドはは無数の部品から成っています。その部品メーカーも気になるので、何か文字が書いてあると写真を撮っておくことが多いです。
DARCAST きっとメーカーの名前ですよね。その下はシリアルかなんかでしょうけど。
DARCAST
きっとメーカーの名前ですよね。その下はシリアルかなんかでしょうけど。
イギリスのデボン州ダートマスで1915年に設立されたダートマス・オート・キャステングスという会社じゃないかと思います。まあ、それだけの話なんですけど・・・
イギリスのデボン州ダートマスで1915年に設立されたダートマス・オート・キャステングスという会社じゃないかと思います。まあ、それだけの話なんですけど・・・

今は無くなってしまった・・・(正確にはトラクター部門はCASE、一部はトランスミッションの会社として戦闘車両の駆動を担っている)トラクターの部品を作っていた会社・・・

その後どうなったのか結構興味があってこうやって調べています。

すると、会社がなくなってしまっても、このように部品を作っていた会社が残っていたり、名前はなくともロゴの一部が生き残っていたりと、考えようによっては広く各所に散っていったと考えることもできます。

バラバラであるけれど、今も生きているんですね。

今日は超小ネタでした。また明日!