1 2 3 4 5 6 18

デヴィッド・ブラウン最初で最後のロゴマーク(?)は今も戦闘車両の中で生きていた!David Brown 885「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内の中古車屋さんで見た、ピンクロゴのDavid Brown 885「撮りトラ」です。(写真少なめ)

 

デヴィッド・ブラウン885です。セレクタマチックでもインプルマチックでもなく、しかもCASEではないピンクロゴのDBを実際に見たのは初めてのような気がします。tractordata.comによれば、David Brown 885は1971年〜1980年、デヴィッド・ブラウン2.7L3気筒ディーゼルで47馬力/2200rpmとなっています。イングランド、メルサムミルズの工場でこの885が作られている時に、デヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されたとあります。 この885にはピンクのDBロゴバージョンと、CASEロゴの885のバージョンの2種類あるのですが、このピンクのロゴは、「1971年に生まれ、1972年にヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されるまでのわずか1年しか使われていなかった。」と僕は考えています。

デヴィッド・ブラウン885です。セレクタマチックでもインプルマチックでもなく、しかもCASEではないピンクロゴのDBを実際に見たのは初めてのような気がします。tractordata.comによれば、David Brown 885は1971年〜1980年、デヴィッド・ブラウン2.7L3気筒ディーゼルで47馬力/2200rpmとなっています。イングランド、メルサムミルズの工場でこの885が作られている時に、デヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されたとあります。

この885にはピンクのDBロゴバージョンと、CASEロゴの885のバージョンの2種類あるのですが、このピンクのロゴは、「1971年に生まれ、1972年にヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されるまでのわずか1年しか使われていなかった。」と僕は考えています。

 

正確なピンクのロゴの登場時期はよくわかりませんが、様々な機種の写真と製造年を突き合わせると、1971年〜と考えて良いと思います。

デヴィッド・ブラウンは、世界的な景気後退によるトラクターの売れ行き鈍化に多分苦しんでいて、心機一転と、今までの白地にただの黒文字から、ピンクのロゴマークとピンク文字にしたのではないでしょうか?

しかし、それもわずか1年でかなわず、1972年にCASEに買収されてしまった・・・というストーリー(僕の考える)です。

 

工具箱も今まで見た黒でもない、オレンジでもない、小豆色です。

工具箱も今まで見た黒でもない、オレンジでもない、小豆色です。

 

この機体はデヴィッド・ブラウン990ですが、ピンクロゴです。そして1971年型。(写真はWikipediaより)

この機体はデヴィッド・ブラウン990ですが、ピンクロゴです。そして1971年型。(写真はWikipediaより)この990、1972年にはCASEロゴに変わっているんです。最後に年表をつけるのでそれで確認してみてください。

 

今日たまたまそのピンクのロゴを見つけた!

 

DBのピンクのロゴが久々に気になって調べていると、あるWEBサイトが引っ掛りました。まるっきり同じで「パクってるの?」と調べてみると、正真正銘David Brownと関係ありそうです。トラクター部門や自動車部門は買われてしまいましたが、残った事業を再び軌道に乗せたのでしょう。 ウソかまことか300年にわたって世界をリードする、有数の機械動力伝達ブランドと書いてあるような気がします。そういえばWikipediaには、David Brownは1873年創業で、1800年代後半にギア伝達機構に特化し始めた・・・と書いてありました。

DBのピンクのロゴが久々に気になって調べていると、あるWEBサイトが引っ掛りました。まるっきり同じで「パクってるの?」と調べてみると、正真正銘David Brownと関係ありそうです。トラクター部門や自動車部門は買われてしまいましたが、残った事業を再び軌道に乗せたのでしょう。
ウソかまことか300年にわたって世界をリードする、有数の機械動力伝達ブランドと書いてあるような気がします。そういえばWikipediaには、David Brownは1873年創業で、1800年代後半にギア伝達機構に特化し始めた・・・と書いてありました。

 

こんなロゴになっています。

こんなロゴになっています。

 

ギア伝達機構の(今のところ何をさしているのかはわかりません。ミッションかもしれませんし、その他の機構のことかもしれません)スペシャリストというのは間違いなくて、イギリスが開発した主力戦車チャレンジャー2やブラッドレー歩兵戦闘車のトランスミッションを担当したそうです。

ギア伝達機構のスペシャリストというのは間違いなくて、イギリスが開発した主力戦車チャレンジャー2ブラッドレー歩兵戦闘車のトランスミッションを担当したそうです。

 

 

今も息づく当時の気持?

 

困難に直面し、それを打開しよう、空気を変えよう、と生まれたピンクのDBロゴ。それもかなわずその1年後には会社は切り売りされたのですが、その時の気持が今に残っている感じがしてとても興味深いです。(多分に僕の想像が混入したストーリーですけど)

 

最後に僕のまとめたDavid Brown写真年表を貼っておきますね。これを見ると1971年に生まれたピンクロゴが1972年に消滅していることがわかると思います。それではまた明日!

(さらに…)

こちらはパワーシフト無し。David Brown 1210 「撮りトラ」

梅雨前線が戻ってきてしまって雨の関東地方です。

 

今日は昨日紹介した1212と2番違い。hokkaidoujinさんのところで見たデヴィッドブラウンの1210「撮りトラ」です。デヴィッドブラウントラクターは「バランスが良い」と褒めている人が多く、今でも現役でいるところを見かけます。

 

David Brown 1210です。 David Brown 1210はtractordata.comによると、1971年〜1976年。 昨日の1212はパワーシフトが付いていて71馬力。こちらはシンクロメッシュ仕様のようです。 エンジンはデヴィッド・ブラウン水冷4気筒ディーゼル3.6L パワーシフトが付いていない分、少し馬力があって73馬力/2300rpm 1976年当時の価格は1212より400ドルほど安い$11,500となっています。

David Brown 1210です。
David Brown 1210はtractordata.comによると、1971年〜1976年。
昨日の1212はパワーシフトが付いていて71馬力。
こちらはシンクロメッシュ仕様のようです。
エンジンはデヴィッド・ブラウン水冷4気筒ディーゼル3.6L
パワーシフトが付いていない分、少し馬力があって73馬力/2300rpm
1976年当時の価格は1212より400ドルほど安い$11,500となっています。

 

David Brownはちょうどフロントローダーのアームの幅の広い部分に隠れているあたりに型番が書いてあるので、パッと見どういう機種かわかりません。なぜ1210とわかったかと言うと・・・

David Brownはちょうどフロントローダーのアームの幅の広い部分に隠れているあたりに型番が書いてあるので、パッと見どういう機種かわかりません。なぜ1210とわかったかと言うと・・・

 

工具箱に銘板が貼ってあるのです。フロントローダーが付いているので、工具箱は昨日の1212より下に取付けられていますね。

後輪と前輪の中間ほどにある、工具箱に銘板が貼ってあるのです。フロントローダーが付いているので、工具箱は昨日の1212より下に取付けられていますね。

 

これを拡大して読んだので、1210だとわかりました。

これを拡大して読んだので、1210だとわかりました。

 

昨日の1212は錆などない、ツルッとした顔だったのに比べ、こちらは傷だらけのガキ大将。

昨日の1212は錆などない、ツルッとした顔だったのに比べ、こちらは傷だらけのガキ大将。

 

ウェザーキャップはタイヤスプレー光沢 L-PS011 420ml 光沢タイプ

昨日のにはウェザーキャップが付いていましたが、こちらにはないのかな?ウェザーキャップ代わりはタイヤスプレー光沢 L-PS011 420ml 光沢タイプ

 

タイヤスプレー光沢 L-PS011 420ml 光沢タイプ

アマゾンで探しました。まさにこれですね!

 

見たことのないインプルメントが付いています。土を寄せて畦を作る機械なのでしょうか・・・

見たことのないインプルメントが付いています。土を寄せて畦を作る機械なのでしょうか・・・

1 2 3 4 5 6 18

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 明日もコメント書くの
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 今週末ですよね?予定
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) あ、そういえば玉造の
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 大丈夫です。行くつも
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 石岡に住んでいるんで
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) お母様が正しいです
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (匿名より[02/14]) メールはお母さんがダ
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (トラクター好き錆びたより[02/14]) このトラクターは茨城
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 鈴木さん こんばんは
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) その写真を撮ったのは
  • 現時点で僕の見た3番目に小さな認定番号。三菱耕耘機CT83「撮りトラ」へのコメント (Naruより[02/12]) 新しい機械もいいけれ
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[02/10]) Hello folk
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (トラより[02/07]) モンローや倍速ターン
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/07]) noraさんando
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (H2より[02/04]) もう一点ですけど、こ
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (みみずくより[02/02]) ルンバ式モアーの紹介
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[02/02]) hokkaidouj
  • 三陽機器の除草機械ツインモアーZH-34SとZM-45withYT5113A「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • アシカキの水路、泥上げと駆除が始まりました。へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械