Homeに戻る > いろいろな専門メーカーがある3!クボタM7001シリーズ、M7171・・・撮りトラ@「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」

いろいろな専門メーカーがある3!クボタM7001シリーズ、M7171・・・撮りトラ@「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」

今日は今日は宇都宮のろまんちっく村で開かれた「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」で見た、クボタトラクターM7001シリーズ「撮りトラ」、M7171その3です。

全体が見渡せる写真がないのでまたまた動画でおさらいです。

おさらい・・・M7131の動画。

YouTube Preview Image

↑ 動画(73秒)試乗会で走っているだけ。

YouTube Preview Image

↑ 動画(85秒)これも圃場を走っているだけ。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

以前見たMF(マッセイファーガソン)7615みたいにキャビンのピラーに沿ってマフラーが微妙にカーブしている・・・などということはなく、まっすぐ天に向かって伸びています。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

そしてその根元はこんなに太い。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

タイヤとステップを見ています。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

ステップの間に見えている燃料フィルターでしょうか・・・これがものすごく目立っています。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

同じくステップのうらに見えている丸い球。高圧タンクみたいですが、何が入って何のためなのかなあ・・・これ、結構あちこちについているんです。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

ビバンダム君。タイヤメーカーでは一番有名なキャラですよね。なぜかいつ見ても撮っちゃうんだよなあ・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

日本仕様だけど、ホイールは白に塗らないんですね。ホイールがどこ製か見ています。ラマーズとかなにかかな・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

くそっ・・・意味不明の数字だけだ・・・収穫なし。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

燃料タンクかなにかのカバーを留めるネジ。どうなっているのかなあ・・・と思って撮っています。全金属製の蝶ネジじゃないところがおしゃれ。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

もはやどこの部品だったか忘れてます。ワルターシャイドの・・・シリンダーかなあ・・・

探してみました。ワルターシャイド? ロゴはこれです。

いかにも知ってるように書いていますが、先日調べて知った、PTOドライブシャフトを作っている会社・・・ロゴはこれです。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

これもどこの部品だかわからなくなっています。カマーインダストリーの製品。

コマー?カマー?インダストリーズ ロゴはこれです。

イタリア、ポー平原の中心部で生まれたギアボックスの会社、コマー?カマー?インダストリーズ ロゴはこれです。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

これはディスクモアのたたんだ側をなんとなく・・・ディスクモアって見た目ほど核心部分は大きくないんですね。カバーはやたらでかいけど・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

お客さんの一人がささっとエンジンフードを開けました。(いいんだ!そんなことしても)それに便乗して写真を撮ります。思ったより中身は奥(運転席側)にあります。長いエンジンフードは余っている感じ。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

すっごく印象的なオレンジの太い太いパイプ。なにか布でも巻いてあるような見たことのないデザイン。

拡大してみます。布が巻いてるように見えますが、どうも模様みたいです。その証拠に数字の書いてある部分は平ら。MADE IN ITALY BY Tecprindとあります。

拡大してみます。布が巻いてるように見えますが、どうも模様みたいです。その証拠に数字の書いてある部分は平ら。MADE IN ITALY BY Tecprindとあります。

MADE IN ITALY BY Tecprind

調べてみるとこんなロゴ。

ただ、ネットで調べた住所は廃墟だし、WEBページはつながらないし、FACEBOOKページには何も情報がなく、イイネ!がひとつついているだけ・・・残念!

e-bayでホースが売られているのをいくつか見かけただけでした。

e-bayでホースが売られているのをいくつか見かけただけでした。

いろいろなメーカーがある・・・とタイトルしても今日はうまいことつながらなかったなあ・・・ごめんなさい。ほんと、こういう日はモチベーションががっくり落ちます。続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

ステップの裏にたくさん付いている球はアキュムレータと呼ばれている高圧容器です。
液体と気体が中に入っていて、液体の出入りする勢いを気体が吸収して滑らかな液体の動きを
作り出したりしている部品です。電気のコンデンサーのように液体の圧力エネルギーを一時的に
溜め込んでおいたりと、その可能性は無限にあります。
シトロエンのサスや日産の電動式ブレーキやストロークの短い場面で使う特殊なショックアブソーバ
などでお馴染みの部品です。
キャビンのサスペンションやフロントサスペンションや各種の油圧クラッチのオペレートに
活躍していると思われます。

ビコンのデスクモアを装着しているようですが、オムスビディスクはビコンだけの素晴らしい
切れ味を持っている独特の製品です。ふつうは2枚刃です。
ただ、ビコンの製品はどんどんアップグレードされて古い部品は使えなくなってしまうんです。
刃の長さや刃を留める偏芯ボルトでさえ何タイプもあります。注文ミスに注意します。

2016年4月1日 12:03 PM | 山葵

山葵さん こんにちは

ステップの裏にたくさん付いている球はアキュムレータと呼ばれている高圧容器です。
液体と気体が中に入っていて、液体の出入りする勢いを気体が吸収して滑らかな液体の動きを
作り出したりしている部品です。電気のコンデンサーのように液体の圧力エネルギーを一時的に
溜め込んでおいたりと、その可能性は無限にあります。

アキュムレータという部品なんですね!
色々な用途があるのでは、パッと見ただけでは何のためにあるのかわからないというわけですか・・・
クラッチがガツンとつながったり、ショックアブソーバーの初期の動きをソフトにしたり、そんな用途に使われているのかな?
単車のショックのサブタンクも実はアキュムレータなのかもしれないですね!

2016年4月3日 9:27 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/04/01/kubota_tractor_m7171-3/trackback/