Homeに戻る > いろいろな専門メーカーがある2!クボタM7001シリーズ、M7171・・・撮りトラ@「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」

いろいろな専門メーカーがある2!クボタM7001シリーズ、M7171・・・撮りトラ@「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」

今日は今日は宇都宮のろまんちっく村で開かれた「JA&クボタ 全力応援夢農業2016」で見た、クボタトラクターM7001シリーズ「撮りトラ」、M7171その2です。

全体が見渡せる写真がないのでまたまた動画でおさらいです。

おさらい・・・M7131の動画。

YouTube Preview Image

↑ 動画(73秒)試乗会で走っているだけ。

YouTube Preview Image

↑ 動画(85秒)これも圃場を走っているだけ。

ここの展示の唯一の顔写真。tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

ここの展示の唯一の顔写真。tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

facebookのほうでいただいたコメントの中で生まれたキャラ。車のグリルに例えて(キドニーグリルとかスピンドルグリルとか言いますね)トラクターなのと、見た目が漢字の「土」に似ているので、「土グリル」・・・カッコよくいう場合には「ソイルグリル」とか「アースグリル」なんてどうでしょうかね。僕は「土グリル」がいいと思いますけど・・・

facebookのほうでいただいたコメントの中で生まれたキャラ。車のグリルに例えて(キドニーグリルとかスピンドルグリルとか言いますね)トラクターなのと、見た目が漢字の「土」に似ているので、「土グリル」・・・カッコよくいう場合には「ソイルグリル」とか「アースグリル」なんてどうでしょうかね。僕は「土グリル」がいいと思いますけど・・・

かろうじて全体が見渡せる写真・・・tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。巨大なディスクモアが付いていますね!

かろうじて全体が見渡せる写真・・・tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。巨大なディスクモアが付いていますね!

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

フロントタイヤは540/65 R28

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

リヤタイヤは650/65 R38 これって、タイヤ幅?リム幅?が650mmあるってことですよね? すごいなあ・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

ディスクモアの中央部。全体写真でわかるように折り畳み可能みたいです。

POPにはこうあります


VICON社 ディスクモア EX390

作業幅:8,800mm ディスク:8枚×2 所要馬力:120ps〜
◎独自の三枚刃がキレイに刈り取り2番草の育成にも効果あり
◎フロントモアEX332Fとのコンビで8.8mを一気に作業
◎中央ピボット式で圃場の凹凸に追従します
小売価格¥6,156,000(税込)

600万円以上!!

形がわかりにくいのでイメージを掴むのはカタログでどうぞ! 刈幅8.8m・・・適応馬力は120馬力から・・・すごいです。

形がわかりにくいのでイメージを掴むのはカタログでどうぞ! 刈幅8.8m・・・適応馬力は120馬力から・・・すごいです。

VICON社 ディスクモア EX390 作業幅:8,800mm ディスク:8枚×2 所要馬力:120ps〜 ◎独自の三枚刃がキレイに刈り取り2番草の育成にも効果あり ◎フロントモアEX332Fとのコンビで8.8mを一気に作業 ◎中央ピボット式で圃場の凹凸に追従します 小売価格¥6,156,000(税込)

これが刃の軸?部分。

VICON社 ディスクモア EX390 作業幅:8,800mm ディスク:8枚×2 所要馬力:120ps〜 ◎独自の三枚刃がキレイに刈り取り2番草の育成にも効果あり ◎フロントモアEX332Fとのコンビで8.8mを一気に作業 ◎中央ピボット式で圃場の凹凸に追従します 小売価格¥6,156,000(税込)

このおにぎり状のもので牧草は刈れそうもないので、このどこかに刃が付くんですよねえ・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

見慣れたPOPですけど残念ながら値段は書いてありません。

クボタM7001 M7171PC-MSPFHM1-JP 価格¥参考出品
★170馬力
★総排気量:6.124L
★クボタV6108エンジン搭載
★国内特自排ガス4次規制に余裕で適合
★300L燃料タンクと38L尿素水タンク
★最適な自動変速制御

「★国内特自排ガス4次規制に余裕で適合」というのがいいです! これじゃ「★国内特自排ガス4次規制に適合」という表記がギリギリ適合したみたいに成り下がってしまいます。そうなると国内特自排ガス規制のハードルが4次5次6次と上がったときにバーを落としてしまいそう・・・

そうなると、「★国内特自排ガス4次規制にラクラク適合」とか「★国内特自排ガス4次規制に悠々適合」とか「★国内特自排ガス4次規制に軽々適合」とか適合のインフレーションがおこりそう。

そのうち「激適合」とか「超適合」「ウルトラ適合」なんてエスカレートしちゃうんじゃないでしょうか。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

こちらは以前の記事でも見た、ラッシングの規定とKLINEの行き先(日本の大阪港)。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

フェンダーについている小さく丸いリフレクター。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

拡大してみます。メーカーはHELLA

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

MADE IN FINLANDって書いてあるように見えるなあ・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

小さくて斬新なデザインで僕はすごく気に入ったテールランプ。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

拡大してみるとこちらもメーカーはHELLA。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

同じくフェンダーについている様々なスイッチ。いろいろ付いてますねえ・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

ここで吊れというマーク? 奥にシリンダー状のものが見えています。

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

こんなところに油圧と思われるシリンダーが付いてる! 脇の棒が緑赤青の目盛を指すようになっているのかも。シリンダーは作業機を持上げるためのものかなあ・・・

tractordata.comによるとクボタM7171はV6108型4気筒ディーゼル6.1Lの170馬力になっています。

これは例のワルターシャイドのPTOシャフトでしょうねえ・・・

「いろいろな専門メーカーがある!その1」で見つけましたよね・・・そこから写真を2枚ほど貼付けておきます。

探してみました。ワルターシャイド? ロゴはこれです。

探してみました。ワルターシャイド? ロゴはこれです。

PTOドライブシャフトの会社みたいで、こんなサイトを見つけました。沿革にこうあります。(株)松井製作所と、ドイツ・ワルターシャイド社(GKNグループ)との共同出資による合弁会社として発足した。 ワイドアングルCVジョイント付PTOドライブシャフトを日本で、初めて製造・販売をした。ワイドアングルCV部に、潤滑性と泥水防止をし、水田使用にも適するよう機能とライフの向上を計った。

PTOドライブシャフトの会社みたいで、こんなサイトを見つけました。沿革にこうあります。(株)松井製作所と、ドイツ・ワルターシャイド社(GKNグループ)との共同出資による合弁会社として発足した。 ワイドアングルCVジョイント付PTOドライブシャフトを日本で、初めて製造・販売をした。ワイドアングルCV部に、潤滑性と泥水防止をし、水田使用にも適するよう機能とライフの向上を計った。

でも、今回はそれじゃなくて・・・

拡大してみるとScharmüller Austriaと書いてあります。

拡大してみるとScharmüller Austriaと書いてあります。

探してみるとあったあった! ヒッチメンバーを作る会社でしょうか・・・特化してるなあ。

探してみるとあったあった! ヒッチメンバーを作る会社でしょうか・・・特化してるなあ。

どうも1793年に鍛冶屋さんとしてオーストリアのVöcklamarktで創業したみたいな感じ・・・

ここです。牧草地帯なのか、ちょうど会社の裏手あたりに巨大なディスクモアで刈ったような後が見えますね!

ロゴを探してみるとこんなです。カギが組合わさったようなマーク。ちょうど拡大写真にも見えていました。

ロゴを探してみるとこんなです。カギが組合わさったようなマーク。ちょうど拡大写真にも見えていました。

PTO軸のメーカー、ヒッチボールやメンバーのメーカー、考えてみればタイヤもウインカーもランプもそれぞれ別のメーカーです。様々なヨーロッパの製品の集合体がこのM7171なんですねえ・・・他にもまだまだありそうです。

続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/03/30/kubota_tractor_m7171-2/trackback/