Homeに戻る > ケン・オクヤマさん、着々と仕事をしていた!ヤンマーミニ耕耘機YK650MR・・・「撮りトラ」

ケン・オクヤマさん、着々と仕事をしていた!ヤンマーミニ耕耘機YK650MR・・・「撮りトラ」

今日はミニ耕耘機です。耕耘機なのに「撮りトラ」だっていいじゃないか! もうこうなったら農業機械の写真はみんな「撮りトラ」です。

いつも興味深いコメントを寄せていただく「愛読者」さんからメールをいただきました。発売されたばかりのヤンマーのミニ耕耘機の写真が貼付されています。購入されたお客さんのところへ運ぶ途中なのでしょうか・・・軽トラの荷台の上に今まで見たことのないような耕耘機が載っています。

YK650MRというのだそうです。ヤンマーの管理機、もしくは耕耘機でYKなのかな? なかなかイイ形をしています。

YK650MRというのだそうです。ヤンマーの管理機、もしくは耕耘機でYKなのかな? なかなかイイ形をしています。

ヤンマーYK650MRのサイトも教えていただきました。

相当カッコよく撮られていますねえ・・・(https://www.yanmar.com/jp/agri/cultivator/minicultivator/yk450mr_yk650mr/)実際に見た感じはどうなのでしょう?

相当カッコよく撮られていますねえ・・・(https://www.yanmar.com/jp/agri/cultivator/minicultivator/yk450mr_yk650mr/)実際に見た感じはどうなのでしょう?

(https://www.yanmar.com/jp/agri/cultivator/minicultivator/yk450mr_yk650mr/standard_type.html)友達がこのようなカタログ写真の撮影に係っていましたが、大勢の人がたくさんお金を掛けて撮影するものですから、相当いいものができます。

(https://www.yanmar.com/jp/agri/cultivator/minicultivator/yk450mr_yk650mr/standard_type.html)友達がこのようなカタログ写真の撮影に係っていましたが、大勢の人がたくさんお金を掛けて撮影するものですから、相当いいものができます。

もしかしたら、今度のダイナミックフェアで見ることができるかな? 楽しみ!

動画もありました

YouTube Preview Image
 

デザインの力

当然奥山さんは毎日毎日、何かを作り出しているわけで、話題になったショーモデルのYT01以降こういった形で僕らを驚かせてくれます。

今まであまり目に入らなかった機種で「ワクワク」したり、賛否両論あるのでしょうが話題にのぼったりするというのは、やっぱりデザインの力なんでしょう。そういえば、前にもワクワクするのがありました。

1966年 ホンダ耕耘機 F90 昔の未来の形、全開な感じです。今でもカッコいい。エンジンはなんと空冷4サイクルディーゼル!排気量/479cc/最高出力/9PS/3,000rpm/変速機/前進8段/ 後進2段/当時の価格は¥272,000!高い!

1966年 ホンダ耕耘機 F90 昔の未来の形、全開な感じです。今でもカッコいい。エンジンはなんと空冷4サイクルディーゼル!排気量/479cc/最高出力/9PS/3,000rpm/変速機/前進8段/ 後進2段/当時の価格は¥272,000!高い!

ホンダのF90です。今から50年近く前なのにワクワクする形。詳しくは『ホンダのテーラー/耕耘機』の記事を見てくださいね!

それにしてもフルカバードボディ・・・どんな質感なんだろう。プラスチックかなあ・・・鉄板だったらイカすのに。プラスチックだったらポリがいいな。そして色やグラフィックキットでコーディネートする・・・

例えばモンスターエナジー仕様とか・・・ポリだからぶつけても割れないし凹まないし、ちょっとしたキズもそんなに気にならない・・・ご自分のスポンサーなどを入れたステッカーキットでオンリーワンの一台・・・どうでしょう?

例えばモンスターエナジー仕様とか・・・ポリだからぶつけても割れないし凹まないし、ちょっとしたキズもそんなに気にならない・・・ご自分のスポンサーなどを入れたステッカーキットでオンリーワンの一台・・・どうでしょう?

そしてアルミハンドルバーや、レーシングチェーン、スペシャル耕耘爪などでライトチューン。

他にも結構変わってます

去年の展示会ではまったく気がつかなかったのですが、ヤンマーのサイト、色々見てみると結構変わっています。コンバインなども型番がシンプルになって、一目見た印象が「赤」く、なっています。

これなんかもケン・オクヤマ デザインなのでしょうか? (https://www.yanmar.com/jp/agri/cultivator/minicultivator/mrt/)かわいらしいポチが「ちょいワル」になっているような気がします。

これなんかもケン・オクヤマ デザインなのでしょうか? (https://www.yanmar.com/jp/agri/cultivator/minicultivator/mrt/)かわいらしいポチが「ちょいワル」になっているような気がします。

「ちょいワル」ポチのイメージはこうです。

「ちょいワル」ポチのイメージはこうです。


上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

友人が(売り物を)軽トラの荷台に積んでいたので、ちょっと撮らせてもらいました。

プレミアムデザインですが、通常のミニ耕耘機の価格帯で、普通に売っているんだそうで、「1台どう?」ってセールスされ、ちょっと心が揺れました(笑)

Webサイトでは左側面ばかり見せていますが、実機を見ると、リコイルスターターや、キャブレター、オイルバス式のエアフィルターなど、メカメカしい部分がチラリと見える右側面の方に惹かれます。

トラクター、コンバイン、田植機、管理機と「プレミアムデザイン」が打ち出されてきましたが、普通に売っている製品にもこのデザインが広がって、やがて「ヤンマー」のイメージとして定着するのでしょう。

2015年7月14日 12:45 PM | 愛読者

愛読者さん こんにちは

トラクター、コンバイン、田植機、管理機と「プレミアムデザイン」が打ち出されてきましたが、普通に売っている製品にもこのデザインが広がって、やがて「ヤンマー」のイメージとして定着するのでしょう。

続けることによって認知され、定着する・・・まさにそうなるだろうなと思います
違いが際立つということは選ぶほうにとってもいい事ですものね!

2015年7月15日 12:48 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/07/14/yk650mr/trackback/