Homeに戻る > 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」

色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」

今日は「撮りトラ」。スガノ農機「土の館」で見た、小松製作所のトラクター、コマツWD50です。

大きいというのもありますが、色が道路工事などでおなじみの建機の黄色ですから、トラクターになかなか見えないです。色の印象って結構強いものです。

小松製作所で扱っているトラクタは他に小松ノルマーグがありました。でも、今は作っていないし、扱っていないということは建機のほうがモウカルのかな?

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

黄色というと、中身の詰まった重い機体というイメージ。太い胴体にぎっしりエンジンが詰まっています。

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

そのエンジンを見てみましょう・・・胴体の2/3がエンジンとミッションみたいな雰囲気ですね。いすゞのエンジンです。

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

いすゞディーゼル DA220型。ボア×ストローク 100mm×130mm 4気筒です。

調べてみるとDA220型には4気筒と6気筒のモデルがあったようで、軽便鉃道の発動機や林業で使われる集材機の動力に載っていたみたいです。ボア×ストローク、100mm×130mm、4気筒ということは4082ccということなのかなあ・・・(計算間違ってるかも)

ネットで調べてみると部品とか、中古エンジンとかまだ売ってます。もちろん、WD50に使われているものとまったく同じではないのでしょうけど・・・ディーゼルエンジンって製品の息が長いんだな。

ネットで調べてみると部品とか、中古エンジンとかまだ売ってます。もちろん、WD50に使われているものとまったく同じではないのでしょうけど・・・ディーゼルエンジンって製品の息が長いんだな。

ディーゼルは長持ちもするということなのでしょうか・・・ガソリンエンジンは50年も60年も使うという話はあまり聞きません。もしかしたらガソリンエンジンは安くてすぐ交換できるのかもしれませんね・・・

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

お楽しみのキャプションを見てみましょう。

機種名:小松トラクタ
形式・仕様:WD-50 50馬力
製造社・国‥小松製作所 日本
導入年度:1961(昭和36)年

使用経過:国産大型トラクタの初期第1号機。
江別市、町村牧場で使用後、和田が永年使用していたもの。生産台数は少数であった。

う〜ん・・・普通だ。

これ以外に昭和30年代の国産大型トラクターは(今は100馬力オーバーなどのトラクタもありますが、この時期50馬力が大型の境目だったんですね)土の館にありませんでした。初期というのは納得ですし、最初の大型トラクターがG40均土機を作っていた小松製作所だったのも納得です。

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

ただ、この銘板を見ると製造年月は1962年2月ということになってます。

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

お尻部分。欠品があります。それにしても、なんて丈夫そうなんでしょう! 

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

丈夫そうなその他の部分に比べてねじれてヘナヘナのハンドル。ハンドルポストに付いているのはウインカースイッチでしょうか? 金属っぽくていい感じですね! きっともっと上にあったのが落ちてしまったのでしょう。元あった場所が黒く見えています。

時間なくなっちゃった!続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

日本車両の発電機にいすゞディーゼルDA220載っています現在も現役です、シリンダーガスケットやウォーターポンプ、サーモスタットハウジングなどいすゞ部品で新品注文すると普通に在庫あり買えます、結構今でも現役で稼動しているDA220型あるかも、家のも50歳以上ですが丈夫なエンジンです。
  

2016年11月30日 7:00 PM | 石川はなや

石川はなやさん おはようございます

いすゞディーゼルDA220が発電機にも使われているんですね!しかも現役!

確か、以前調べた時、機関車とか山で使うウインチとか色々な用途に使われていたように思います
いまも部品が出るとは驚きです
是非是非大事にしていただきたいです

2016年12月1日 9:00 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/05/21/komatsu_tractor_wd50-1/trackback/