Homeに戻る > ちょうど今年で50歳。デュアルライトの乗用トラクタ、クボタRY-70・・・スガノ農機「土の館」

ちょうど今年で50歳。デュアルライトの乗用トラクタ、クボタRY-70・・・スガノ農機「土の館」

今日は「撮りトラ」スガノ農機「土の館」で見たクボタトラクター、ちょうど今年で50歳のデュアルライトの乗用トラクタ、クボタRY-70です。

1964 KUBOTA Tractor RY70 10PS 機種名:クボタトラクタ 形式・仕様:RY-70型 10馬力

1964 KUBOTA Tractor RY70 10PS 機種名:クボタトラクタ 形式・仕様:RY-70型 10馬力

目の前のスタンドのキャプションには、

機種名:クボタトラクタ
形式・仕様:RY-70型 10馬力
製造国・国:(株)クボタ 日本
導入年度:1964(昭和39)年
使用経過:水田地帯に多く導入された機種で、乗用耕耘機として人気が高かった。
主な作業はロータリでの耕耘。

一灯では暗かったのか、それともカッコイイからなのか・・・

1966年 ホンダ耕耘機 F90 昔の未来の形、全開な感じです。今でもカッコいい。エンジンはなんと空冷4サイクルディーゼル!排気量/479cc/最高出力/9PS/3,000rpm/変速機/前進8段/ 後進2段/当時の価格は¥272,000!高い!

1966年 ホンダ耕耘機 F90 昔の未来の形、全開な感じです。今でもカッコいい。エンジンはなんと空冷4サイクルディーゼル!排気量/479cc/最高出力/9PS/3,000rpm/変速機/前進8段/ 後進2段/当時の価格は¥272,000!高い!

銘板部分。展示プレートにはホンダ初のディーゼル耕耘機、静かで低振動の2気筒・セル始動。ロータリーは着脱瞬時ワンチャック式でリモコン操作。 明るい2眼ヘッドライト採用。とあります。

銘板部分。展示プレートにはホンダ初のディーゼル耕耘機、静かで低振動の2気筒・セル始動。ロータリーは着脱瞬時ワンチャック式でリモコン操作。 明るい2眼ヘッドライト採用。とあります。

こちらのほうが2年ほど後のマシンですが、2灯式はカッコイイ・・・ひとつ目よりは真正面の見え方が顔らしく見えるからかもしれません。

それにしても、2つ目かつ前が細く真ん中が膨らんだ流線型のエンジンフード・・・両者は何となく似ています。後から出たホンダのほうがモダンですけどね。

ホンダの耕耘機の記事はこちら→ホンダのテーラー/耕耘機

デュアルライトの乗用トラクタ、クボタRY-70に戻る

1964 KUBOTA Tractor RY70 10PS ちょうど今年で50歳。デュアルライトの乗用トラクタ、クボタRY-70

ライトガードがイカしてます。ひとつ目テーラー/耕耘機から乗用トラクタに移り変わると、目も2つ目になるということなのでしょう。

1964 KUBOTA Tractor RY70 10PS

ちょっと脱線して・・・ライトを拡大してみると「ISHIKAWA」の文字が・・・

「ISHIKAWA」・・・「石川」?

このライトの「ISHIKAWA」の銘、「イセキTS2810「撮りトラ」その2」で見つけた作業灯にもありました。

イセキTS2810。発売は1975年か1976年か1977年あたり、二輪駆動の3気筒1,463ccディーゼルエンジン、28馬力/2600rpmの青いトラクターです。

イセキTS2810。発売は1975年か1976年か1977年あたり、二輪駆動の3気筒1,463ccディーゼルエンジン、28馬力/2600rpmの青いトラクターです。

発売は1975年か1976年か1977年あたり、二輪駆動の3気筒1,463ccディーゼルエンジン、28馬力/2600rpmの青いトラクターです。

リヤフェンダー上の作業灯

発売は1975年か1976年か1977年あたり、二輪駆動の3気筒1,463ccディーゼルエンジン、28馬力/2600rpmの青いトラクターです。

拡大してみると、ISHIKAWA とあります。やはり、MADE IN JAPAN でも、どういう会社かこの情報だけではわかりませんでした。

「ISHIKAWA」・・・「石川」・・・「RIVER STONE」?

突然ですが、ヤンマー耕耘用トラクタYM160型です。1965年(昭和40年)

突然ですが、ヤンマー耕耘用トラクタYM160型です。1965年(昭和40年)

もしかしたらまったく関係ないのかもしれませんが、このライト、拡大してみると・・・

もしかしたらまったく関係ないのかもしれませんが、このライト、拡大してみると・・・

「RIVER STONE」の文字が見えます。日本語にしてひっくり返してみると川石→石川・・・石川→ISHIKAWA・・・と考えられないですか?

同じメーカーじゃないかなあ・・・なんて思うんです。ちょっと後になって「輸出するのにもうちょっとカッコイイ名前にしない?」などと、輸出用のブランド名を変更したとか・・・石橋→ブリジストンの例のように。

「ISHIKAWA」「RIVER STONE」どんなメーカーでしょう?どなたかご存知ありませんか?

このときみたいにスッキリできたらいいなあ

FORD2000は調べてみると思ったより全然古くて(見た目が綺麗で新しく思えたんです)1965年-1975年、少なくとも40年、ヘタをすると50年くらい前のものみたいです。  このフォードはENFO(イギリスフォード)ではなく、アメリカ製で、エンジンはガソリン、ディーゼルともに2.6Lの3気筒(この機体は・・・ガソリンなのかなあ)馬力は34馬力とか36馬力とか色々記述は見受けられます。

FORD2000の作業灯。何処のメーカーだろう・・・

FORD2000は調べてみると思ったより全然古くて(見た目が綺麗で新しく思えたんです)1965年-1975年、少なくとも40年、ヘタをすると50年くらい前のものみたいです。  このフォードはENFO(イギリスフォード)ではなく、アメリカ製で、エンジンはガソリン、ディーゼルともに2.6Lの3気筒(この機体は・・・ガソリンなのかなあ)馬力は34馬力とか36馬力とか色々記述は見受けられます。

拡大してみます。ピントがライトガードのほうに行っちゃってるな・・・マークがあります。Mのマークなのかなあ・・・スタンレーではないようです。ただ、中の球はスタンレー製のようです。

OPさんにメーカーを教えていただきました。株式会社エスワイエスという会社の製品だそうです。あースッキリした!

http://sys-lighting.co.jp/company/ 間違いないです!これですね!

http://sys-lighting.co.jp/company/ 間違いないです!これですね!

SYSとは読むのが難しいですけど、確かにこのロゴがライトについています。

SYSとは読むのが難しいですけど、確かにこのロゴがライトについています。

ほとんどISHIKAWAと作業灯の話になってしまった・・・クボタトラクタRY70、次回でちゃんと紹介します。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/12/11/1964_kubota_tractor_ry70/trackback/