Homeに戻る > 「昔のカタログ」富士小松ロビンインターナショナル・・・長いな

「昔のカタログ」富士小松ロビンインターナショナル・・・長いな

何となく気持がそっちへ向くと続いちゃいます。今日も昔のカタログシリーズ

昭和42年12月、このインターナショナルを販売するため、「富士小松ロビン株式会社」ができ、そのわずか2年と半月後、昭和45年6月にはなくなってしまったという、小松ロビン株式会社のコマツインターナショナル総合?カタログです。

マコーミックインターナショナル インターナショナル624(62PS)とライスコンバイン105(55PS)

マコーミックインターナショナル インターナショナル624(62PS)とライスコンバイン105(55PS)

実写ないかなあ・・・探してみた

過去の投稿から・・・IH624です。カタログには、●4気筒62馬力 ●これからの大型農業経営のエース!! と書いてあります。

過去の投稿から・・・IH624です。カタログには、●4気筒62馬力 ●これからの大型農業経営のエース!! と書いてあります。

こちらも過去の投稿から・・・インターナショナル105コンバインです。もちろん稲刈り仕様。

こちらも過去の投稿から・・・インターナショナル105コンバインです。もちろん稲刈り仕様。

●抜群の機能プラス使いやすさ ●高い作業性能を約束する合理的設計 と書いてあります。

単体、インターナショナル105のカタログはこちらのリンクから。

international105 combine 886 インターナショナル105コンバイン

フロート付きですが、湿田の前には役に立たなかったようです。


 
インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)とあります。これは過去の記事にないなあ・・・

インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)とあります。これは過去の記事にないなあ・・・

これも実写探してみる・・・ぴったりなのはありませんでした

少しだけ近いのはこれ、コマツインターD439 1962-1966?

少しだけ近いのはこれ、コマツインターD439 1962-1966?

コマツインターD439の記事はこちらのリンクから。
 

インターナショナル523(52PS) ●最新の大型インタートラクターはこれです ●強力な牽引力・余裕ある適応性・卓越した作業性能

インターナショナル523(52PS) ●最新の大型インタートラクターはこれです ●強力な牽引力・余裕ある適応性・卓越した作業性能

これもぴったりな写真は過去の記事にはありませんでした

komatsu international 576

ちょっと型番が違いますが過去の記事から・・・コマツインターのお店で見かけた、komatsu international 576 大きめで、なかなか美しい素敵な屋根が付いています。

そして、ライスコンバイン403(90PS)は昨日の記事です。
 

コマツインター232(23PS) コマツユニカ LT1200(12PS)と書いてあります。こちらはコマツインターなんですね。ということはこちらは国産?

コマツインター232(23PS) コマツユニカ LT1200(12PS)と書いてあります。こちらはコマツインターなんですね。ということはこちらは国産?

232はあった!

過去の投稿から・・・土に還りそうですが、コマツインター232です。●20馬力級中型ロータリートラクターの決定版です。とあります。

過去の投稿から・・・土に還りそうですが、コマツインター232です。●20馬力級中型ロータリートラクターの決定版です。とあります。

コマツインターナショナル232です!

コマツインターナショナル232です!

コマツインター232の記事はこちらのリンクから。

今年土の館で見たコマツユニカ

今年土の館で見たコマツユニカ


 
そして各製品の諸元が表になって載っています。今もそうですが、昔はこれらの機械、高価だったでしょうね・・・

そして各製品の諸元が表になって載っています。今もそうですが、昔はこれらの機械、高価だったでしょうね・・・

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/11/12/komatsu_international_catalog/trackback/