Homeに戻る > ほぼ50年前?まだ走るかも。KIMCOコマツインターD439・・・「撮りトラ」

ほぼ50年前?まだ走るかも。KIMCOコマツインターD439・・・「撮りトラ」

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

おお!黄色のシートに覆われたあのマシンは・・・!

先日のJD1020と同じ場所で、ちょっと片隅に追いやられて「現役を退いてる感」のある、コマツインターナショナルD439を見つけました。それでも完全な雨ざらしではなく、ボロボロのシートを被せられたその下は、よく見るとしっかりしていてまだまだ動きそうです。

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

おなじみ、昔のコマツマーク!

小松製作所のものと思われるロゴ?トレードマーク? わかりやすく描き直してみました。「小」という漢字を松葉が菱形に組み合わさって囲んでいる、とってもわかりやすいマークです。

小松製作所のものと思われるロゴ?トレードマーク? わかりやすく描き直してみました。「小」という漢字を松葉が菱形に組み合わさって囲んでいる、とってもわかりやすいマークです。

70年代のカタログには載ってないなあ・・・もっと古い?

性能、経済性ともに抜群!

ここにはないなあ・・・

以前紹介した70年代、コマツインターナショナルのトラクターカタログには載っていません・・・確かにこの時代のスクエアな感じと少し違います。もっと古いのかな? 

WEB上、地方独立行政法人 北海道立総合研究機構昭和40年の研究「水田用砕土機性能試験」の中に「小松インターD439」の記載がありますから少なくとも昭和40年には存在していたということになります。

その他、「水田用代かき機性能試験」にも「小松インターD439」の記載がありますから、昭和40年の試験機ラインナップに「小松インターD439」が存在していたのだと思われます。

というわけでだいたいこの機体は49〜50歳という感じではないでしょうか?

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

掛かっているシートがボロボロなんでダマされちゃいますが、生気はまだ失われていません。まだツヤもあって、すぐに動き出しそうです。

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

シートの下には「D439」とあります。

本家のIHにもD439はラインナップされています

調べてみると、以前のコマツインターナショナル676のような日本専用仕様ではなく、世界で売っていたもののようです。

インターナショナルハーベスターD439 1965年ですって!

インターナショナルハーベスターD439 1965年ですって!

同じくD439 調べてみると、1962年-1966年 4気筒ディーゼルエンジン 148.5キュービックインチ 39馬力(42馬力という主張もあり)ドイツ製・・・だそうです。 

同じくD439 調べてみると、1962年-1966年 4気筒ディーゼルエンジン 148.5キュービックインチ 39馬力(42馬力という主張もあり)ドイツ製・・・だそうです。

ちょっと前のインターナショナルB-450みたいなクラッシックでかっこいいお顔じゃないですか! あらためて見直してみると・・・

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

あ!そうか! グリルを白く塗っているからわからなかったんだ。ここを白く塗るだけでモダンになっちゃうんだな・・・たしかに赤く塗れば、ドイツ製のものと同じ顔です。

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

トラクターファンのためのサービスカット。あの複雑タンク形状のコマツインターナショナル576のお尻に比べると簡素な感じです。

そして電装探偵団・・・でもほとんどが小糸製

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

小糸製ヘッドランプ

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

このイカしたテールも小糸製

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

ウインカーも小糸製

なぜかスタンレーはありません。スタンレーのほうが新しい会社なんでしょうか?

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

で、メーターは・・・

コマツインターナショナル D439 42馬力?39馬力? 1962-1966?

これだけドイツ語じゃないですか! Betriebsstundenはoperating hours アワーメータですね!

メーターだけクルマだったらポルシェやBMWに使われて、トラクターだったらジョンディアにも使われているVDOです。ほほー

本当はシートの無い姿を見てみたかったのですが、しかたがないですね・・・この項これで終ります。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

ラジエターグリル、クレビスヒッチの上の穴は
クランクハンドルが嵌るようになっています。

ところが、デコンプ機構が付いていないので
バルブクリアランス調整などにクランクを使った
のではないでしょうか?

小松の古いマークを見るとカミンズエンジンを積んだ
時代のブルドーザーを思い出します
粘り強さもサウンドも重さもオイル量も排気ガスも
いろんな意味で最高のエンジンでした(^^)

現在のケースインターはカミンズを乗せていますが
噴射システムは標準的なスタイルなので物足りないような、、、

2014年5月28日 8:26 PM | 山葵

山葵さん おはようございます

本当にあたりまえのことなのですが、知らない言葉がたくさん出てきておもしろいです
「クレビスヒッチって何だ?」とか「カミンズエンジン??」などといつも調べています
多分一生知ることのなかった言葉に触れるというのは、どういったら良いのでしょう・・・
「戦力がアップした感」があります

ラジエターグリル、クレビスヒッチの上の穴は
クランクハンドルが嵌るようになっています。

ところが、デコンプ機構が付いていないので
バルブクリアランス調整などにクランクを使った
のではないでしょうか?

あ!これなら知ってます

バイクにもありますよ!

2014年5月30日 8:15 AM | nora

カッコいいですね。特に下からのアングル、こんどカメラで撮ってみよ。。

2014年5月30日 12:01 PM | k-work

このトラクターは昭和四十年前後に販売されてました。D219,D326,D439と、エンジンが2.3.4気筒の違いはあるんですが、共通のシリーズです。営業的にはMF35や、Fordson Dextaほど売れなかったですね。

2015年12月11日 4:31 PM | ぶん

ぶんさん コメントありがとうございます

D219,D326,D439が同じ仲間なんですね
確かに顔もみんな同じような顔です

2015年12月13日 10:06 AM | nora

はい、最初の数字が気筒数、次の数字が馬力で、同じサイズのピストンが使われていたはずですよ。

2015年12月13日 11:09 AM | ぶん

ぶんさん コメントありがとうございます

同じサイズのピストン! 
これもスッキリしました!

2015年12月14日 8:42 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/05/27/kimco-d439/trackback/