Homeに戻る > 体の負担軽減はオプション? DEUITZ D25 1963ミニチュア「撮りトラ」その2

体の負担軽減はオプション? DEUITZ D25 1963ミニチュア「撮りトラ」その2

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

フロントサスペンションは付いているのか? 小さすぎてよくわかりません。付いているようにも見えるし、付いていないようにも見える。

昨日のDEUITZ D25 1963ミニチュア「撮りトラ」の続きです。OPさんに先進的装備と言われて改めて見てみましたが、いかんせんミニチュアでフロントサスペンションが付いているのか、シートサスペンションが付いているのかよくわかりません。

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

シートサスペンションは? こちらも・・・う〜〜〜ん・・・どうなんでしょ? わかりません

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

ついでに右サイド

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

ついでに左サイド

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

そして上から・・・

あ!もしかして・・・

調べているうちに「DEUITZ D25」には「S」というスペシャルバージョン?があることがわかりました。

見つけました。D25のカタログなのでしょうか? 

見つけました。D25のカタログなのでしょうか? 

同じくカタログです。D25Sというのが存在しています。

同じくカタログです。D25Sというのが存在しています。

「体の負担軽減はオプションで」

表紙の写真を見ていると、左側に立っているオジサン・・・「D25」のオジサンがオーバーオールを着て、作業中のような装いなのに比べ、「D25S」のオジサンはジャケットを着て明らかによそいきです。

フロントサスペンションはどうでしょう。「S」の方は昨日の写真で見たように板バネの付いたサスペンション付。しかし、「D25」は・・・ ただのシャフトのように見えます。

シートサスペンションに付いても「S」の方は明らかにコイルバネが見えますが、「D25」は角度的に隠れています。

もしかしたら、フロントサスペンションもシートサスペンションも、オプションだったのではないでしょうか。

他のトラクターは自決フロントサスペンションや自決シートが主流だったので、標準装備し辛かったのかもしれません。

そこで「体の負担軽減はオプションで」となったとか・・・

おもしろいのは、巷で見ることのできるD25の写真はこの分け方で行くと「D25S」ばかり。みんなサスペンション付のほうが良かったということになりますね。

燃料タンクも付いてこれだけですべて済んじゃってます。排気口が向かって左側、吸気口が向かって右側なんですね・・・クロスしちゃって取り回しは難しそう。いっぽう、模型の方排気口と吸気口が共通で1個しかありません。小さいから再現するのは大変さんだな。

燃料タンクも付いてこれだけですべて済んじゃってます。排気口が向かって左側、吸気口が向かって右側なんですね・・・クロスしちゃって取り回しは難しそう。いっぽう、模型の方排気口と吸気口が共通で1個しかありません。小さいから再現するのは大変さんだな。

↑昨日そう思ったのですが、参考にしていたのは「D25S」。D25のカタログを見ればこれでほぼいいってことがわかります。へーーーー

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

戻ってこちらは斜め上から・・・

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

後ろのリンクが動くようになっています。これはちょっとウレシイ

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年

特徴的なお顔です

おまけ。調べている過程で見つけたSAME(サーメ)のお顔。逆三角形の肉食顔。世の中にはおもしろい顔のトラクターが無数にありますね!

おまけ。調べている過程で見つけたSAME(サーメ)のお顔。逆三角形の肉食顔。世の中にはおもしろい顔のトラクターが無数にありますね!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

植民地で奴隷を使う経営者が多かったイギリスと、
社長自らトラクターを駆るオーナーオペレータの多いドイツ・アメリカ。
トラクタの仕様の違いには当時の経営事情の違いもあったそうです。

全部があはまる訳じゃないですけど、
イギリスのファーガソンなどにはサスペンションシートの無い仕様が多く見受けられますが、
ドイツトラクタや、アメリカのファモールなどは大昔からサスペンションシートが付いた物が多くあったようですよ。

2014年2月16日 6:15 PM | OP

OPさん おはようございます

興味深い考察です!
「自分で使わないから痛みがわからない」・・・ですか

ユーザーインターフェースや使い勝手はDO IT MYSELFで培われるんですねえ・・・

2014年2月17日 7:46 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/02/13/deuitz-d25-1963-2/trackback/