DEUITZ D25 1963ミニチュア「撮りトラ」その1

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年 緑と赤、補色のコントラストがグッドです。
ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年 緑と赤、補色のコントラストがグッドです。

ここのところずっと農地水の活動がないので、毎日毎日飽きもせずトラクターのお話です。ほぼ日刊イトイ新聞じゃないですが、以前になんとなく「毎日やる」と決めたのでこんなことになっています。

しかしトラクターのネタって尽きないもんですねえ・・・

今日は「撮り虎」、でも、去年のクリスマスプレゼントに友達から貰ったドイツトラクターDEUITZ D25 1963年です。(もちろんミニチュア)

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年
こういうものをカッコよくディズプレー(おうちに・・・しかも安価に)するのにはどうしたらいいんでしょう? 
ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年
パカッと開けるとこんな感じ。

色が素敵、あまり情報はないのですが調べてみるとなかなかそのエンジンも素敵です。

ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年
DEUITZ D25のエンジン部分はこのように表現されています。

F2L 712ってやつかなあ・・・

スペックは正確かどうかわかりませんが、空冷2気筒ディーゼルエンジン(多分、でも自信はありません)18馬力、前進5段後進1段・・・

ぬめっとした、かたつむりみたいなエンジン・・・ハーレーみたいなOHVなのでしょうか? プッシュロッドのガイドらしきものが見えます。ワーゲンビートルのエンジンもこんな感じでした。
ぬめっとした、かたつむりみたいなエンジン・・・ハーレーみたいなOHVなのでしょうか? プッシュロッドのガイドらしきものが見えます。ワーゲンビートルのエンジンもこんな感じでした。
燃料タンクも付いてこれだけですべて済んじゃってます。排気口が向かって左側、吸気口が向かって右側なんですね・・・クロスしちゃって取り回しは難しそう。いっぽう、模型の方排気口と吸気口が共通で1個しかありません。小さいから再現するのは大変さんだな。
燃料タンクも付いてこれだけですべて済んじゃってます。排気口が向かって左側、吸気口が向かって右側なんですね・・・クロスしちゃって取り回しは難しそう。いっぽう、模型の方排気口と吸気口が共通で1個しかありません。小さいから再現するのは大変さんだな。
ユニバーサルホビーのDEUITZ D25 1963年
左側にはマフラーの太鼓が見えます。黒くてマフラーの太鼓みたいだけど、もしかしたらこれは緑でエアクリーナーかもしれないなあ・・・
本当は右側から見えてる黒いものがマフラーの太鼓かも。模型は5〜6センチしかないですからね・・・表現しきれない
本当は右側から見えてる黒いものがマフラーの太鼓かも。模型は5〜6センチしかないですからね・・・表現しきれない
何のキャップでしょう? 模型でもちゃんと赤く塗られていますけど、この赤いキャップがオシャレです。
何のキャップでしょう? 模型でもちゃんと赤く塗られていますけど、この赤いキャップがオシャレです。

模型づくりって大変だなあ・・・最近紙工作をしているので身につまされちゃいます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“DEUITZ D25 1963ミニチュア「撮りトラ」その1” への2件の返信

  1. 久々のドイツネタにぱっくり食いついちゃいました(笑)

    こんなに古いトラクタなのに、
    先進的な板バネのフロントサスペンションが付いています。
    椅子にももちろんサスペンション。
    昔から人間工学に基づいた機械作りをしているのは国民性でしょうか。

    どちらにしても独特なデザインのトラクタなので、
    観賞用にはもってこいです(笑)

    最近はトラクタもいじらず気球に乗せて貰ってばかりいます。
    天気の安定した冬にしか出来ない遊びなので目一杯楽しませてもらいました。

    http://blogs.yahoo.co.jp/asdfkjlhjewioh/11831574.html

    1. OPさん おはようございます

      ほんとうに外見も中身も個性的で観賞用にはもってこいですね!

      気球の記事見ました!
      あのあたりで気球が盛んなのは知っていましたが
      なにせ冬は訪れないので見たことはありませんでした

      エジプトでの事故もありましたし気をつけてくださいね
      (といっても乗客にできることは少ないですか・・・)
      僕は高いところは苦手です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。