トラクターのシートに注目!DEUTZ D4505「撮りトラ」

レストアを待つ近所のDEUTZ D4505ですが、今日はそのシートに注目してみます。

昔のトラクターのシートは「シート=椅子?座面?」というよりは鉄のお皿に尻を乗せる「尻乗せ台」と呼ぶべきようなもの。硬い鉄に柔らかい尻をどうやって乗せて運ぶか・・・工夫の跡が見えておもしろいです。

今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。
今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。
今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。
かわいらしいシートの背が見えています。後ろの機械部分、左右のアームの間の横長の長方形に見える部分は⊂状の板バネになっています。これにトップリンクが付き、機械的に深さ調整などができるようになっているんでしょうねえ・・・
今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。
どうなっちゃってるんでしょう?DEUTZが幽体離脱しちゃってます。
今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。
座面の形はトラクターシートというよりは雪かき見たいな形。若干中途半端な感じ。
今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。
シートの下はこのようになっています。ショックアブソーバーやバネの類いは見当たりません。プレス加工されたシート受けのしなりで衝撃を逃がそうとする構造のようです。いままで見てきたドイツ製のトラクターは結構複雑な構造のものが多かったですが、こちらは至ってシンプル。

今日はあまり発見がなくて残念!それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“トラクターのシートに注目!DEUTZ D4505「撮りトラ」” への2件の返信

  1. こんにちは。現在deutz d40l のトラクターがあるのですが、10年以上は動かしていないので動作は分かりませんが、欲しい方など居ないでしょうか…?(^^;)

    1. 六郎田一馬さん おはようございます

      是非!と言いたいところなんですが、お金も直す時間もありません
      でもきっと欲しい方がいると思うので
      勝手なお願いですけど「捨てないでください!」と言いたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。