1980年認定53/125台シバウラSD2603「朝1分の農機考古学」

PVアクセスランキング にほんブログ村

毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年の運輸省型式認定組125台中53番目の収集、シバウラ・スタイガー 二駆のSD2603です。このシリーズは全部見つけきれていませんが、80年冒頭に大量認定されています。

Red Bull Box Cart Race Osaka 2022の話から徐々に通常運転に戻してゆきたいと思います。今日はオークションで見つけたシバウラ・スタイガーSD2603です。Fタイヤが縦溝なので二駆なのはわかりますが、スタイガーは皆同じ顔なので、これではちょっと型番がわかりにくいですね・・・
Red Bull Box Cart Race Osaka 2022の話から徐々に通常運転に戻してゆきたいと思います。今日はオークションで見つけたシバウラ・スタイガーSD2603です。Fタイヤが縦溝なので二駆なのはわかりますが、スタイガーは皆同じ顔なので、これではちょっと型番がわかりにくいですね・・・
これなら型番がわかるでしょうか?SD2603です。末尾に3という数字があるのはお兄さんに二駆のSD2600と四駆のSD2640があるためと考えられます。SD2601とかSD2602ではなく、3シリーズにしたのが興味深いです。そういえばイセキも3シリーズ、5シリーズ、7シリーズと奇数を使っていましたね。
これなら型番がわかるでしょうか?SD2603です。末尾に3という数字があるのはお兄さんに二駆のSD2600と四駆のSD2640があるためと考えられます。SD2601とかSD2602ではなく、3シリーズにしたのが興味深いです。そういえばイセキも3シリーズ、5シリーズ、7シリーズと奇数を使っていましたね。
SD2603の四駆バージョン、SD2643はこちらの記事でどうぞ
ちなみに四駆のお兄さん、SD2640はベビーフェイスの角ダルマ顔です。
SD2603のオークション画像には運輸省型式認定番号も写っていました。
SD2603のオークション画像には運輸省型式認定番号も写っていました。これじゃちょっとわかりにくいですね。
これでどうでしょう・・・小型特殊自動車運輸省型式認定番号農1289号シバウラSD2603型とあります。エンジンは3気筒1429ccのLEM853ディーゼルで、26馬力を2500rpmで発生させています。
これでどうでしょう・・・

小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農1289号
シバウラ SD2603型

とあります。エンジンは3気筒1429ccのLEM853ディーゼルで、26馬力を2500rpmで発生させています。
シートに記入します。シバウラ二駆先の法則で、四駆のSD2643より先に登録されています。この辺りシバウラがずっと入っているはずなので、できるだけ見つけていきたいと思います。
シートに記入します。シバウラ二駆先の法則で、四駆のSD2643より先に登録されています。この辺りシバウラがずっと入っているはずなので、できるだけ見つけていきたいと思います。

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』に追記しました

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』を固定ページで公開しました。一番上のメニューから入れるようにしています。これから新しく運輸省型式認定番号を発見するたびに追記することにします。

追記:今まで一部の環境ではテキストが読めなかったということがわかったので修正しました。スマホでも読めるようになったと思うのですが、もし読めない場合はコメント欄でもメールでも構いませんので連絡をください。お願いします!

今日はこんなところです。ずっと遊んでいたので仕事が溜まっていると思いきや、遊んでいる人と認知されて仕事がありません・・・トホホです。しばらくは散らかった作業場を片付けましょうかね。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。