’73年or’74年認定ブルトラ B6000E「朝1分の農機考古学」

PVアクセスランキング にほんブログ村

朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝はせっかく乗用耕運機の発想から超小型四輪駆動トラクターとして開発されたのに、二駆になってしまった、1973年もしくは1974年型式認定と思われるクボタブルトラB6000Eです。

オークションで見てつけてきたクボタ・ブルトラB6000Eです。B6000は以前紹介しましたが、B6000Eは運輸省型式認定番号が別です。と言っても、おそらく二輪駆動になっただけでスペックは同じと思われます。B6000と同じであればエンジンはクボタ2気筒ディーゼルZL600型577ccの11馬力ということになります。
オークションで見てつけてきたクボタ・ブルトラB6000Eです。B6000は以前紹介しましたが、B6000Eは運輸省型式認定番号が別です。と言っても、おそらく二輪駆動になっただけでスペックは同じと思われます。B6000と同じであればエンジンはクボタ2気筒ディーゼルZL600型577ccの11馬力ということになります。
四輪駆動のB6000は以前紹介しました。
また、末尾に「E」がついたブルトラは二輪駆動だ・・・ということも以前見たこのB7001Eで判明しています。
オークション画像のクボタ・ブルトラB6000Eに戻ります。
オークション画像のクボタ・ブルトラB6000Eに戻ります。Fタイヤにラグがなくツルッとしています。二輪駆動なのが確認できますね。
小さな写真ですが、車体番号がB6000Eというのと、運輸省型式認定番号の銘板が確認できます。小型特殊自動車運輸省型式認定番号 農833号クボタ B6000E型とあります。
小さな写真ですが、車体番号がB6000Eというのと、運輸省型式認定番号の銘板が確認できます。

小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農833号
クボタ B6000E型

とあります。
シートに記入するとこうなります。付近にはB6000EのベースとなったB6000は見当たりません。が、しかし、周囲の状況から1973年もしくは1974年(大幅に予想がずれて1975年)の運輸省型式認定だと思われます。
シートに記入するとこうなります。付近にはB6000EのベースとなったB6000は見当たりません。が、しかし、周囲の状況から1973年もしくは1974年(大幅に予想がずれて1975年)の運輸省型式認定だと思われます。

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』に追記しました

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』を固定ページで公開しました。一番上のメニューから入れるようにしています。これから新しく運輸省型式認定番号を発見するたびに追記することにします。

追記:今まで一部の環境ではテキストが読めなかったということがわかったので修正しました。スマホでも読めるようになったと思うのですが、もし読めない場合はコメント欄でもメールでも構いませんので連絡をください。お願いします!

ベースのB6000はどこに?

番号的に随分離れた750号のこの場所にあります。クボタ・ブルトラB6000Eは四輪駆動のB6000と同時発売ではなかったということです。
番号的に随分離れた750号のこの場所にあります。クボタ・ブルトラB6000Eは四輪駆動のB6000と同時発売ではなかったということです。

クボタの社史によると・・・

四六年には、耕うん機技術部で乗用耕うん機の発想を生かした超小型四輪駆動トラクタ・ブルトラB6000(11馬力)を開発した。

久保田鉄工最近10年の歩み372p

とあり、1971(昭和46)年の開発、1972年の型式認定で間違いなく、農833号との時間のズレが確認できます。きっと、「四駆はいらねえから安くしてくれ」の声に応えた商品で、型番末尾のEはエコノミーの「E」なのでしょうね。

同じように他のブルトララインナップにもEの型番がいくつか確認できています。

5001Eや7001Eが確認できます。1000番台、のちのブルトラではEとnonEは同時発売されるようになったみたいですけど・・・

今日はこんなところです。それではまた明日!

PVアクセスランキング にほんブログ村
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。